広告

リングドリーム

リングドリームの裏方がだべる放送(2020.8.6)

今回はちょっと興味深い話題があったので 要約を残しておこうかと。

誘導

リングドリーム ストーリーズの記事は 「リングドリーム」タグではなく 「リンドリストーリーズ」タグで書いていくことになりますので 「リングドリーム」タグの記事だけを閲覧している方はご注意を。

公式作家さん達による合同本

リングドリームストーリーズの方は どうやら毎回「試し読み版」を1回挟む更新ペースになったようなので こちらとしては1週丸々更新がないことに。 以前は毎日更新してたというのに 2週間も更新無しというのはさすがに寂しいものがあるので たまには同人誌の…

【リングドリーム】まとめのまとめ

今回は「リンドリまとめ」として書いた記事や まとめたわけでは無いけれど 続きものとして書いた記事などについて 一覧にしてまとめました。

【リングドリーム】女子プロの「今」その14 DRIFTERS【プレイバック25】

社長軍を紹介したら、こちらも紹介しないわけには。 というわけで、今回は「ドリフターズ」について。

【リングドリーム】女子プロの「今」その13 社長軍【プレイバック24】

2016年に、各派閥の紹介みたいなのを ストーリー内で行っていたことがあったのですが その流れで、当時はなかった派閥を紹介しようかなと思い立ったので 社長軍とドリフターズだけでも書いておこうかなと。 というわけで、まずは社長軍についてです。

【リングドリーム】姫小路は見た!

ドロドロとした愛憎劇が大好きな姫小路。 最初の頃は、そんなドラマを見て楽しんでいる程度だったのですが・・・

【リングドリーム】ヴァンプ鈴森と雪女のライバル関係【プレイバック23】

FWWWのシングルタイトルマッチといえば 長い間、ヴァンプ鈴森と雪女の争いと同義であり FWWWが誇れるドル箱マッチでありました。 今回は、そんな二人のライバル関係について振り返ろうと思います。

【リングドリーム】KOM(キング・オブ・マッスル)【プレイバック22】

セヴンスターをふり返ったのなら、こちらもやらないわけには。 というわけで、時期的にはセヴンスターとほぼ同時期に立ち上がった キング・オブ・マッスル、KOMのベルトについてふり返りたいと思います。 女子プロレスなのにキング?というツッコミは無しの…

【リングドリーム】セヴンスター【プレイバック21】

各ベルトのタイトルマッチについては絞り込み検索の方で確認出来るので まとめるつもりはなかったのですが 最後のセヴンスターが自動決着となってしまったので だったらこっちもまとめるかということに。 というわけで、星空こがね発案による デビュー7年目…

【リングドリーム】タウゼント・カノーネ主導のタッグ戦線【プレイバック20】

今回は、SHIROKAGEからベルトを奪ったタウゼント・カノーネが 防衛戦を行うに当たって、その挑戦者に それなりの資格を求めた事から始まった タッグ戦線についてふり返りたいと思います。

【リングドリーム】迷走するアンデット・パッケージ【プレイバック19】

今回は、2017年にナイトメアから離脱した マミ・マミーとキョンシーYuiの「アンデット・パッケージ」について 振り返りたいと思います。

【リングドリーム】魔王軍 VS レジスタンス【プレイバック18】

今回は、2019年6月から始まった 魔王軍とレジスタンスの抗争についてふり返りたいと思います。 そのきっかけは意外にも、岡部のこの一言でした。 勇子に今の自分を見て欲しい、 そんな想いからの行動だったのですが・・・

【リングドリーム】滝沢組 VS ディスティニー(+ラスカル)【プレイバック17】

ことは、「SHIROKAGE主導のタッグ戦線」の最中に起こりました。 試合前、コメント収録時の襲撃。 更に、試合では手錠を使って滝沢を鉄柵に繋ぎ止めるという DESTRUDOのあまりのやり口に滝沢組は爆発寸前。 そんなわけで、今回は 滝沢組とディスティニー(+…

【リングドリーム】SHIROKAGE主導のタッグ戦線【プレイバック16】

今回は、2019年2月から半年近く行われた SHIROKAGE提案によるタッグ戦線をふり返りたいと思います。 SHIROKAGEから提示された条件は以下の通り。 ・ベノムナイト、トナーズ、ローズ・ロゼいずれかに勝ったチームが ベルトへの挑戦権を得る ・上記3チームに関…

【リングドリーム】サンモニ格付け戦【プレイバック15】

今回は、2019年3月~5月に渡って行われた サンデーモーニング内での格付け戦についてふり返りたいと思います。 ただ、話が持ち上がったのはそれよりも3ヶ月前、2018年の12月でした。 女神杯で活躍したあかり、 現タッグ王者ライオットとして活躍中のメアリを…

【リングドリーム】わらしべタッグ【プレイバック14】

今回は、ざくろ&伏久の「暗黒果実」が成り上がった 「わらしべタッグ」についてふり返りたいと思います。 といっても、そもそものきっかけは 「自分と同じかちょっと上くらいの人達と切磋琢磨していきたい」 と考えていた水星ケアが ちょうど空いた形になっ…

【リングドリーム】レジスタンス格付けマッチ【プレイバック13】

今回は、2017~2018年に行われた レジスタンス内の格付けマッチについてふり返ろうと思います。 そもそものきっかけは、FWWW初代タッグ王者となった 円陣&岸田の「光学騎士」が 雪女&山崎の「カオスブリザード」に負けたこと。 かつて、ナイトメアがヴァン…

【リングドリーム】世代闘争【プレイバック12】

今回は、麗雫第二次政権時に起こった 「世代闘争」についてふり返ってみようかと思います。

【リングドリーム】ガンダーラ&女帝直下&サンモニ同盟【プレイバック11】

時は2016年1月。 雪女が初めてヴァンプ鈴森に勝利した頃のこと。 ガンダーラは、インドで偶然出会ったラズベリー咲川と結託し 秘密裏に事を進めていました。 というわけで、今回は ガンダーラ、女帝直下、そしてサンデーモーニング 三派閥による同盟につい…

【リングドリーム】ザ・ファッツ【プレイバック10】

かつて、東女で大人気だった サーカス大鉛と西城戸梨王のタッグ「ザ・ファッツ」。 今回は、そのファッツ絡みのあれこれについて振り返りたいと思います。

【リングドリーム】凶獣 VS 女帝直下チーム【プレイバック9】

今回は、2016年に勃発した 凶獣と女帝直下+その下位派閥の抗争についてふり返りたいと思います。 ことの始まりはタッグタイトルマッチ。 菊池、南城組が、姫小路、霧島組にベルトを奪われ このままで済ませるわけにはいかないと思った菊池が 今度はシングル…

【リングドリーム】凶獣若手ナンバーワン決定戦【プレイバック8】

今回は、2015年初頭から半年近く続いた 「凶獣若手ナンバーワン決定戦」について ふり返りたいと思います。 若いのは若いので独立して動く、 そういう構造を作るという名目から 菊池の鶴の一声で若手のトップを決めることに。

【リングドリーム】ヴァンプ鈴森の職質歴

ストーリー中では麗の口から明らかにされた 夜中にマントを羽織って散歩していたら 職務質問を受けたというヴァンプの苦い過去。 オフィス会話でもことあるごとに触れているので その辺りの会話をまとめてみました。

【リングドリーム】最後の道のりは長く険しく エピローグ

最初は3人で語り合っていたのが 伏久が加わり、神崎達が加わり話題も尽きないところですが 中学生のセレナもいることだしということで そろそろお開きということに。 が、後から加わったために物足りないという神崎。 最後は全員まとめてスパーリングで相手…

【リングドリーム】最後の道のりは長く険しく その5

話が盛り上がる中、道場の明かりを見て 神崎が様子を見にやってきました。 っていうか、後ろ後ろw

【リングドリーム】最後の道のりは長く険しく その4

3人の話が一通り終わったので、今度は伏久の話題へと移りますが 今回ツッコミばかりしているのは 確かにぽひ達のせいですからね(^^;;

【リングドリーム】最後の道のりは長く険しく その3

神崎との出逢いがきっかけで力を付けていったぽひ。 そして、その成果が2015年のヤンドラ杯で見られることとなったのですが (我ながらいいタイミングでまとめてたと思う) 強くなりすぎと言う伏久の気持ちもわからなくはないw

【リングドリーム】最後の道のりは長く険しく その2

ここで、同期での仲の良さについて話題に。 2012年四期組が仲が良い事については これまでストーリー中でも触れられてきましたが それをいったら伏久さん達も同じじゃないですか? と返す千鶴なんですが・・・

【リングドリーム】最後の道のりは長く険しく その1

前回の話の続きであり リンドリ最後のイベント 「最後の道のりは長く険しく」の始まりです。 みんな知らない間に大人になってたという話なんですが 確かに、ぽひとメアリはデビュー当時と比べたら ずいぶんと成長したなといえるんですが 千鶴は・・・確かに…