読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 滝沢・豪徳寺組 VS 崖ノ下・友野組

f:id:LITTLEWING:20170325111012p:plain

今回のスペシャルワンマッチはナウリーダー対ニューリーダーのタッグマッチ。

滝沢・豪徳寺組 VS 崖ノ下・友野組の一戦になります。

共に滝沢組と凶獣のタッグとなりますが

崖ノ下、友野が下克上を果たすのか?

それとも滝沢、豪徳寺が高い壁として立ち塞がるのか?

 

事が起こったのは、麗VS咲川のタイトルマッチ後。

ナウリーダー、ニューリーダーが共にリングへ上がり

にらみ合いへと発展。

f:id:LITTLEWING:20170323221907j:plain

f:id:LITTLEWING:20170323221913j:plain

f:id:LITTLEWING:20170323221926j:plain

f:id:LITTLEWING:20170325111124j:plain

そこで、既に試合自体は決まっていた滝沢と崖ノ下のタッグの話に。

滝沢は既に豪徳寺をパートナーにと決めているわけですが

崖ノ下は滝沢のパートナーを確認してからと思っていたため

現在パートナー不在。

そこで

f:id:LITTLEWING:20170325111255j:plain

f:id:LITTLEWING:20170325111259j:plain

f:id:LITTLEWING:20170325111302j:plain

f:id:LITTLEWING:20170325111325j:plain

出来ればこちらも凶獣の誰かとタッグを組みたいと

ニューリーダーの面々に打診したところ

細野でも、さとりでも、ガッシュでもなく友野が真っ先に立候補。

f:id:LITTLEWING:20170323222357j:plain

f:id:LITTLEWING:20170323222404j:plain

f:id:LITTLEWING:20170325111413j:plain

f:id:LITTLEWING:20170325111416j:plain

滝沢という申し分ない相手とやれるだけでなく、

豪徳寺とやれる「いいチャンス」だからと名乗りを上げた友野。

しかし、この流れで「いいチャンス」なんて言えば

ナウリーダーの中では狩りやすい相手、

ととられてもおかしくないわけで

いや実際そう解釈したのかその言葉に豪徳寺が反応し、

友野も否定することなく応えます。

 

こうして決まった、滝沢組、凶獣の越境タッグ対決。

それぞれの戦績を見てみますと・・・

滝沢泉 4-3
○ ナイアガラロック VS 朧双花 後日談  
× 滝沢、石狩組 VS シュバルツ、霧島組(TWPタッグ) 後日談  
× スパイダー菊池 VS 滝沢泉(TWPシングル) 後日談  
○ 姫小路&霧島組 VS 滝沢&石狩組(TWPタッグ)    
○ ナイアガラロック VS ファイヤーオルカ 後日談  
○ 滝沢&加藤&こがね VS 山口&細野&園原    
× プロミネンス加藤&滝沢泉VS南城蛍&スパイダー菊池    
豪徳寺伊吹 1-3
× 井上・南城・細野組VS菊池・豪徳寺・ソニックナイト組 後日談  
× 豪徳寺伊吹 VS KATON    
○ 豪徳寺伊吹 VS プロミネンス加藤 後日談  
× マーズ野々村&豪徳寺伊吹 VS ライアンシスターズ    
崖ノ下椿 1-1
× 崖ノ下椿 VS 星空こがね(セヴンスター)    
○ 中津井珠樹 VS 崖ノ下椿(セヴンスター) 後日談  
友野なるみ 5-4
○ 友野なるみVS薬師寺いろり 後日談  
× 友野なるみ VS ハミング野草(セヴンスター) 後日談  
○ 友野なるみ VS 田中えり子(セヴンスター) 後日談  
× 友野・ガッシュ組 VS えり子・いろり組    
× 菊池・南城組 VS ガッシュ・友野組(TWPタッグ) 後日談  
○ 一ノ瀬・ホワイトフェイス組VSガッシュ・友野組    
× 麗雫VS友野なるみ(TWPシングル) 後日談  
○ ラナ&麗 VS ガッシュ&友野 後日談  
○ 田中えり子&ディアナ・ライアルVS友野なるみ&ロイド・ガッシュ    

こんな感じ。

イメージ的には、ナイアガラロッックで暴れていた分

滝沢が勝ち星多いのかなと思ったんですが

実は友野の方が試合数も勝ち数も多いんですよね。

最近はそうでもないですけど、一時期出ずっぱりでしたから(^^;;

崖ノ下は、セヴンスターの戦績しかないので参考にならないですが

豪徳寺はKOMの予選で1勝したのみと、かなり報われない戦績。

そんな両者の試合、まずは静かな立ち上がりで

しばらくは五分の展開が続きます。

しかし、じわじわと滝沢、豪徳寺組が差を付けて行き

ニコ以外の3PFでリードという状態に。

とはいえ、ニューリーダー側も黙ってやられるわけには!と

日付が変わったあたりから追い上げを見せて2-2に戻してみせます。

終盤には滝沢、豪徳寺組がヤバゲとニコを

崖ノ下、友野組がmixiとハンゲをおさえての五分。

このままpt勝負になるのかと思ったけれど

ここでハンゲがひっくり返る!

これで、滝沢、豪徳寺組が3-1リードとなって

結局そのまま逃げ切っての勝利となりました。

f:id:LITTLEWING:20170330204301p:plain

まあ・・・さすがにいきなり下克上成立するほど甘くはないですか。

それでも、思っていたより競った試合にはなったんじゃないでしょうか。

ただ個人的には、これまで負け先行だった豪徳寺さんに

白星がついたのが嬉しいですね。

広告を非表示にする