読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】RISING BLIZZARD 7試合目 井上・南城・細野組 VS 菊池・豪徳寺・ソニックナイト組

f:id:LITTLEWING:20161130232110j:plain

「RISING BLIZZARD」メインイベントは

ブラッディ井上引退カウントダウンマッチ。

井上・南城・細野組と菊池・豪徳寺ソニックナイト組

全員が凶獣メンバーの6人タッグマッチです。

 

f:id:LITTLEWING:20161130232307j:plain

f:id:LITTLEWING:20161130232312j:plain

f:id:LITTLEWING:20161130232316j:plain

KOMではKATONに敗れ、井上とは戦えなかった豪徳寺

最後の相手は加藤と既に決まっているため

引導を渡すという表現がこの場に相応しいのか微妙なところですが

この最後の機会に井上さんをボコボコにすると宣言する豪徳寺

 

f:id:LITTLEWING:20161130232320j:plain

f:id:LITTLEWING:20161130232325j:plain

f:id:LITTLEWING:20161130232328j:plain

Wソニックとしては、ブラッドルフィンと

「楽しい試合」を行っているようですが、今回はそうじゃない。

正面からじゃまだ勝てないとわかっていても

正面からぶちあたった上で井上さんをぶちのめすというナイト。

 

f:id:LITTLEWING:20161130232332j:plain

f:id:LITTLEWING:20161130232336j:plain

f:id:LITTLEWING:20161130232340j:plain

そして、いつも通り相手をぶっ倒すだけだという菊池。

菊池にも思うところはあるでしょうが、

それは井上さんが引退した後ということで。

 

f:id:LITTLEWING:20161130232350j:plain

f:id:LITTLEWING:20161130232403j:plain

f:id:LITTLEWING:20161130232406j:plain

そんな菊池を井上さんの後継者と認めてはいるものの

今回は井上さんの隣に立てる最後の機会かもしれないということで

井上さんへと向かってくる菊池を断固阻止せんと意気込む南城。

 

f:id:LITTLEWING:20161130232417j:plain

f:id:LITTLEWING:20161130232421j:plain

f:id:LITTLEWING:20161130232428j:plain

タッグ王座決定戦の際にはタッグも組んだ細野。

南城と同様、最後まで井上さんの側に居る事を選びました。

今回は相棒「にーきゅっぱ」も無し!

譲ってくれたさとりとガッシュの分までもとやる気十分。

 

f:id:LITTLEWING:20161130232433j:plain

f:id:LITTLEWING:20161130232437j:plain

f:id:LITTLEWING:20161130232441j:plain

そして・・・自分と当たりたければ、この2人を乗り越えてからにしろと

これで引退間近なのかと疑ってしまうほど

未だ十分な貫禄を見せつける井上。

 

更に、コメンテーターも今回は凶獣メンバー。

f:id:LITTLEWING:20161130235919j:plain

いや、無理ですからねw

というわけで、山口による解説なんですが・・・

f:id:LITTLEWING:20161130235958j:plain

f:id:LITTLEWING:20161201000002j:plain

f:id:LITTLEWING:20161201000154j:plain

f:id:LITTLEWING:20161201000201j:plain

f:id:LITTLEWING:20161201000206j:plain

f:id:LITTLEWING:20161201000214j:plain

f:id:LITTLEWING:20161201000219j:plain

ホントに楽しそうねあなた!w

まあ、この試合に限っては

勝った方がどうこうとか

負けた方がどうこうなんてことは一切考えず、

今の自分を井上さんに見て欲しい、

「あなたのおかげで私はここまで強くなりました」

敵味方関係なく、5人ともがそんな気持ちなんじゃないでしょうか。

 

ちなみに今回陣営が分かれるポイントとしては

・井上には最後まで壁として立ちはだかって欲しい

・井上を負かすことで、後は大丈夫だと安心させてやりたい

このどちらの考えなのか?なんじゃないでしょうか。

ちなみに私は後者なので菊池サイドに。

 

今回、こういう試合なので展開を書くというのも無粋なのでは?

と思わなくもないですが、一応軽くは触れないと。

両陣営の人数的にはさほど差が無いようですが

先ほどのポイントという面では前者の方が想いが強かったのか

全体的に井上側優勢で試合は進みます。

ヤバゲで何度か入れ替わることはあったようですが

それでもまた取り返される状況。

折り返したあたりでようやくmixiにて菊池側が逆転するも

他3PFは相変わらず変化なしで

結局そのまま3-1で井上側の勝利。

現党首の菊池に対して、最後まで高い壁として立ちはだかりました。

f:id:LITTLEWING:20161201183658j:plain

ともあれ、今回の試合で凶獣の上の面子ともある程度当たったわけですが

今回コメントに回った山口がまだだし、

井上直下ではガッシュ、さとりが今回出番を譲ったといってるしで

井上と戦いたいという凶獣メンバーはまだ他にもいるはず。

その辺りは、スパイダーキッズ同様

スペシャルワンマッチで行われるのか?

ストーリー内で「こんな試合をやりました」

で済ませられてしまう可能性もあるでしょうけど

できうる限りは見てみたいというか。

もっとも、残された時間的にやれてあと2試合だと思うので

やるならやるで人選とか揉めそうではありますが。