広告   

【リングドリーム】RISING OF AVENGER 6試合目 崖ノ下椿 VS 星空こがね

f:id:LITTLEWING:20160628161913j:plain

「RISING OF AVENGER」6試合目はセヴンスター選手権試合。

挑戦者であり、セヴンスター考案者でもある星空こがねが

王者 崖ノ下椿に挑みます!

 

f:id:LITTLEWING:20160628165112j:plain


そもそも、セヴンスターはこがねが提案して創設されたベルトだというのに

自身のふがいなさを反省する意味で一般参加で順番を待つ事に。

そう言ったのが昨年の11月ですから

確かに「やっとたどり着いた」と言うのも頷けます。

 

f:id:LITTLEWING:20160628165118j:plain

f:id:LITTLEWING:20160628165122j:plain

f:id:LITTLEWING:20160628165126j:plain

そして今、セヴンスターのベルトを巻いているのは崖ノ下。

こがねが辞退した際、よもやこんなカードになろうとは

誰も思わなかったんじゃないでしょうか。

それこそこがねも、そして崖ノ下も。

そのくらい、2人にはこれまで接点がなかったわけだけれど

だからこそ逆に、「新しい何か」が生まれるのでは?

と期待するこがね。

f:id:LITTLEWING:20160628165132j:plain

f:id:LITTLEWING:20160628165136j:plain

f:id:LITTLEWING:20160628165139j:plain

そして、ベルトをもらいうけるのではなく、

力尽くで奪い取る事を強調。

やはりベルトをかけた戦いはこうでなくては!

 

対する王者、崖ノ下。

f:id:LITTLEWING:20160628171047j:plain

f:id:LITTLEWING:20160628171101j:plain

せいぜいが、中津井の敵討ちくらいしか接点がない2人。

しかし、それより前から崖ノ下はこがねの事を注目していたと。

いつも騒動ばかり起こすトラブルメーカー。

それでいて、人を惹きつけるレスラーとして。

f:id:LITTLEWING:20160628171455j:plain

f:id:LITTLEWING:20160628171458j:plain

f:id:LITTLEWING:20160628171502j:plain

f:id:LITTLEWING:20160628171506j:plain

せっかく格好良く啖呵切ったのにw

でもこういう雰囲気に持って行ってしまうのが

こがねならでは、なんでしょうかねw

 

そんな2人をコメントするのは、キャシー・ホワイト。

これまでのセヴンスターを考えると、

今回コメントするということは次の挑戦者?

と思ってしまうのですが、

f:id:LITTLEWING:20160628171756j:plain

まだそれは決まったわけではないようで

今回はたまたまその4人の中で最初に捕まったのが

キャシーだったというだけのようで。

そんなキャシーの解説によると

f:id:LITTLEWING:20160628172012j:plain

f:id:LITTLEWING:20160628172015j:plain

f:id:LITTLEWING:20160628172019j:plain

色々酷い事言ってますが、実力ではこがねが上だと断言。

f:id:LITTLEWING:20160628172137j:plain

f:id:LITTLEWING:20160628172142j:plain

f:id:LITTLEWING:20160628172146j:plain

ただ、それだったら崖ノ下は

そもそもその前の中津井に負けていたはずなわけで。

結局のところ、下駄を履くまでは分からないと。

無難といえば無難かもしれないですが、

なんか久しぶりにまともな解説を聞いた気がしますよ(^^;;

 

しかし試合はキャシーが見立てた実力通り、こがねのペース。

 ・・・でそのまま終わってしまいました(^^;;

いや、ね、この前の試合で

「ヤバゲでは400人差が付いてたからどうしようもないよね」

って言いましたけど、

今回ヤバゲで900人近い差が付きましたからね(^^;;

400人差でお手上げだったのに

その倍以上の差とかどうにかなるわけないじゃないですか!w

 

そんなわけで、「セヴンスターは防衛できないベルト」

このジンクスは今回も続く事となりました。

あと「崖のん」呼びもw

そして「ついに来るべくところに来た」といった感じでしょうか。

創設者がやっとのことで手にしたベルト。

今度からは、2009年二期組相手となるわけですが

普通に考えたら、こがねを倒せるとは思えません。

が、それを言ったらそもそも友野だって負けてないはずですもんね。

防衛できないジンクスはまだ続くのか?

それともこがねが断ち切って初の防衛者となるのか?

今後のセヴンスターも注目です。

広告を非表示にする