広告   

【リングドリーム】SEVEN DAYS DIAMOND 7試合目 滝沢、石狩組 VS シュバルツ、霧島組

f:id:LITTLEWING:20160914223620j:plain

「SEVEN DAYS DIAMOND」メインイベントはタッグ王座選手権試合。

王者、滝沢、石狩組の「ナイアガラロック」に対し

挑戦者、女帝直下のシュバルツ、霧島組が挑みます。

 

f:id:LITTLEWING:20160914223811j:plain

f:id:LITTLEWING:20160914223814j:plain

かつて、姫小路と共に掴んだタッグのベルト。

しかしそれは

一度も防衛する事なく滝沢組の手に渡る事に。

しかもこの時、霧島は散々無視されたあげく

とどめだけはしっかりと滝沢に刺されてしまったという

正直根に持っていてもおかしくないやられ方をしているので

ベルトを自分の手で取り返そうという想いは相当強いはず。

 

f:id:LITTLEWING:20160914223820j:plain

f:id:LITTLEWING:20160914223823j:plain

f:id:LITTLEWING:20160914223826j:plain

シュバルツの方は、タッグベルトへの挑戦は今回が初めてとなりますが

今からもう、獲った後の計画を立てている様子。

ただ、「色んな所」というだけで具体的な案はないようですが(^^;;

少なくとも、鯖の所はもうないんでしょうねw

 

f:id:LITTLEWING:20160914223831j:plain

シュバルツ劇場ならぬ女帝直下劇場、

今度こそベルトを奪って開演となるのか?

 

対する王者、ナイアガラロックは

f:id:LITTLEWING:20160914230435j:plain

f:id:LITTLEWING:20160914230438j:plain

f:id:LITTLEWING:20160914230442j:plain

えり子が最後に凄みを効かせるのが一時定番だったように

気がつけば、石狩はこの大声で締める形が定番になってきたんですかね?

f:id:LITTLEWING:20160309231339j:plain

ちなみに前回はこれでした。

その言葉の変化も、王者としての自覚ゆえなのでしょう。

f:id:LITTLEWING:20160914230801j:plain

f:id:LITTLEWING:20160914230806j:plain

f:id:LITTLEWING:20160914230811j:plain

今回の相手に不足はないし、

全身全霊をもって返り討ちにすると言いつつも

「次の」戦いを意識する滝沢。

もちろんこれはさわりの事なんでしょうけど、

正直ここまで意識しているというのは意外でした。

力をつけてきた事を認めているのは本当なんでしょうけど

煽りVでわざわざ言うほどとは・・・。

 

そして、メインイベントのコメントは未だ水着のあかりさんw

f:id:LITTLEWING:20160914231218j:plain

ただ、シュバルツ、霧島組が超・攻撃特化なのは今更言うまでもなし。

調子に乗らせたらどんなチームでも食いちぎられてしまうけど

その反面、調子づかせなければ脆いところがあると。

f:id:LITTLEWING:20160914231528j:plain

f:id:LITTLEWING:20160914231552j:plain

f:id:LITTLEWING:20160914231555j:plain

20面ダイス1個 VS 6面ダイス3個なんて例えはさておき、

戦力的には互角でも、滝沢組の方が安定度は上。

しかもその安定さというのが、女帝直下側からすれば厄介で

相性という面では滝沢組が有利なのではないか?と。

f:id:LITTLEWING:20160914231839j:plain

ただ、あかりとしては一緒に遊ぶ約束があるだけに

女帝直下側にベルトを獲ってもらって、遊べる範囲を広げて欲しいところ。

 

そんな両者の激突ですが、

序盤はヤバゲ、ハンゲが滝沢組、

mixi、ニコが女帝直下と五分五分の展開。

そこからmixiが入れ替わって滝沢組優勢になったかと思いきや

数時間で取り返されただけでなくハンゲもひっくり返って

今度は逆に女帝直下が3-1で優勢に。

しかし、折り返しの頃にはまた2-2となかなかの好勝負。

と思えたのですが、ここから女帝直下がじわじわと引き離しにかかります。

残り半日を切ってしばらくした頃には4-0ワンサイド状態に。

さすがにそうはさせじとヤバゲを滝沢組が取り返して3-1にはなったものの

この時点でmixi3~400万、ハンゲ700万もの差があったため

仮にニコを滝沢組がひっくり返して2-2に持ち込んだとしても

この差は覆されないでしょう。

結局、最後はヤバゲすらまた取り返されて4-0で女帝直下勝利。

 

f:id:LITTLEWING:20160915180457j:plain

結果からすれば、あかりの望んだ通りになったわけなんですけど

正直ここまでワンサイドになるとは思っていませんでした。

ベルトを持って色んな所へ遊びに行くというのが

良い方向にとらえられたんでしょうかね?

(決して、外でタイトル戦をやるってことではないでしょうけど)

ともあれこれで、霧島はタッグ王者へ返り咲き。

そしてシュバルツ念願の初戴冠!

 

逆に、ベルトを失ったナイアガラロックですが、

さわりとタッグで戦う話はベルト関係なくということだったので

そちらは予定通り行われることとなるでしょう。

まあ・・・凶獣、滝沢組、女帝直下以外のメンツ

(咲川が女帝直下なのでさわり一人だけではありますが)

にもベルトに絡んで欲しかったという気持ちはあったんですけどね(^^ゞ

それはまたいずれ、チャンスがあればということで・・・。

(滝沢組との勝負後、ベルトへ挑戦!なんて話になると

どっちを応援すればって意味で凄く困りますがw)

広告を非表示にする