広告   

【リングドリーム】RISING QUALIA 4試合目 琴無千鶴 VS メアリ・ノートン

f:id:LITTLEWING:20170423183600j:plain

「RISING QUALIA」4試合目はヤングドラゴン杯の優勝決定戦!

この最後の舞台まで勝ち残ったのは

琴無千鶴とメアリ・ノートン、2012年四期組の2人となりました。

 

f:id:LITTLEWING:20170423183957j:plain

f:id:LITTLEWING:20170423184001j:plain

ついに実現した、同期との優勝決定戦。

 

f:id:LITTLEWING:20170423184448j:plain

自分が弱かったからぽひまでたどり着けなかった。

そうぽひに言っていたように、

ここまで決して平坦な道のりではありませんでした。

大会前の予想でも、

ぽひと千鶴を優勝候補に挙げる人は多かったですが

メアリは正直2人ほどは注目されていたわけではありませんでした。

しかし、そのぽひとの同期対決を制し

準決勝ではくせ者・伏久をも撃破して

同期である千鶴と共に、この決勝の舞台にやってきました。

f:id:LITTLEWING:20170423185651j:plain

そんな厳しかった道のりを振り返ると、今の気持ちをうまく言い表せないメアリ。

夢なら醒めないで欲しい

はやくリングに向かいたい

ゴングの音を聞きたい

千鶴を体感したい

これが・・・現実なんだと実感したい

f:id:LITTLEWING:20170423185935j:plain

f:id:LITTLEWING:20170423185940j:plain

f:id:LITTLEWING:20170423185943j:plain

f:id:LITTLEWING:20170423185950j:plain

f:id:LITTLEWING:20170423185953j:plain

そんな思いが込められた

「ボクは幸せ者だな」の一言。

でも、この試合に勝ってもっと幸せになりたいから

いや、なってみせるから

だから最後の決勝戦、勝つのはボクだとばかりに気合いを入れます。

f:id:LITTLEWING:20170423225135j:plain

f:id:LITTLEWING:20170423225138j:plain

そんなメアリの言葉を聞いた千鶴。

これは最後の勝負ではありませんとやんわり否定。

お互いがレスラーでいつづける限り

これから何度だって戦っていくのだから。

むしろこれが最初であり、通過点の一つなんだと。

f:id:LITTLEWING:20170423225451j:plain

f:id:LITTLEWING:20170423225455j:plain

f:id:LITTLEWING:20170423225459j:plain

f:id:LITTLEWING:20170423225502j:plain

しかし、そんな節目を勝利で飾りたいと思うのは当然の事。

そして将来、今回の戦いを「いい試合だった」と語り合えるよう

今しか挑めないヤングドラゴンの称号を

全力で奪い合いましょうという千鶴。

 

 そんな両者の戦績ですが

琴無千鶴 7-2
○ 水星ケア VS 琴無千鶴 後日談  
○ 牛ノ宮まくら VS 琴無千鶴 後日談  
○ 琴無千鶴 VS 姫麻呂町由岐 後日談  
× 小早川ぽひ VS 琴無千鶴 後日談  
○ 磯部かんきち VS 琴無千鶴    
○ 中江いんこ VS 琴無千鶴    
○ 琴無千鶴 VS 沓沢真生 後日談  
× 小早川ぽひVS琴無千鶴 後日談  
○ 千鶴&メアリVSマミー&ぽひ    
メアリ・ノートン 6-1
○ メアリ・ノートン VS カース伏久 後日談  
○ 小早川ぽひ VS メアリ・ノートン 後日談  
○ メアリ・ノートンVSアリス・リドル 後日談  
○ 磯部かんきち VS メアリ・ノートン 後日談  
○ 一二三&山吹組 VS 兎角&メアリ組 後日談 後日談2
× 磯部かんきち VS メアリ・ノートン 後日談  
○ 千鶴&メアリVSマミー&ぽひ    

千鶴がぽひ以外には負け無しなのに対して

メアリはかんきちに1敗しているものの

その後しっかりリベンジして、更にはぽひにも勝利。

どちらも好成績を収めています。

 

それだけに、コメントするのも難しそうではありますが

そのあたり、さわりさんはどう語ってくれるのか・・・。

f:id:LITTLEWING:20170423231050j:plain

f:id:LITTLEWING:20170423231055j:plain

f:id:LITTLEWING:20170423231115j:plain

f:id:LITTLEWING:20170423231129j:plain

f:id:LITTLEWING:20170423231148j:plain

今回、両者ともに特訓を行ってきました。

メアリがギアナ高地まで行ってきた事は既に知られていますが

千鶴に関してはマスコミの間では「行方知れず」扱いだったようで。

(まあ、実家に帰っていただけなんですがw)

千鶴の特訓に同行していたさわりはもちろん知っているのですが

それをここで語ってしまうのは、

予測を立ててしまうのは野暮ってもんでしょと

お口にバッテンをするさわり。

なので今回は両者の戦いを静かに見守りたいと・・・

 

そんな流れなわけですが、私達はそういうわけにはいきませんw

それは絵師さんも同じようで 

みえはるさん花坂きょまさんがそれぞれ

応援イラストをあげてくれるほどの熱の入れっぷり。

そんな熱い思いを背負った両者ですが

序盤は千鶴サイド優勢で試合が進みます。

とはいえ、これまでのメアリの逆転劇を見ていれば

序盤で4-0だろうと気を抜けるはずもなく。

 

そう多くの方が思っていた通りに中盤いよいよメアリが攻めに出ます。

ニコとハンゲで抜きつ抜かれつの攻防になり、

そうこうしている間にmixiでは逆転から一気に差を広げます。

4-0だった戦況が気付けば0-4に。

とはいえ、千鶴だってあっさりとやられるわけにはいかず

ヤバゲを再度取り返します。

そこからは、2-2の時間帯がしばらく続くわけですが

終盤、再びメアリの猛アタック!

これによってまたもや0-4ワンサイド状態となり、

このままフィニッシュ!!

結果の数値だけ見れば、メアリ圧倒的!

となるのでしょうけど、

千鶴が4-0だった時間帯あり、

2-2で互角だった時間帯ありで

本当に目が離せない試合だったと思います。

 

ちなみに今回、ニコの総ptがとんでもなかったです。

最大人数を誇るヤバゲの約半数であるニコですが

この試合で稼いだ総ptはヤバゲとほぼ同数というw

mixiがその約半分しか稼いでませんが

これはmixi勢がサボっていたわけじゃないですからね(^^;;

ニコ勢・・・ホント恐ろしいわーw

広告を非表示にする