読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】いつの日か超えるため

f:id:LITTLEWING:20170326143148j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326143152j:plain

ヤンドラ杯準決勝で千鶴に敗れたケア。

格ゲーの大キック、中キック、小キックみたいな段階で例えるなら

小落ち込みくらいには落ち込んでるらしいけど

試合前に威勢の良い事言っていただけに

その結果がこれでは相当落ち込んでるんじゃ・・・と

心配した楠原からしてみれば一安心?

 

f:id:LITTLEWING:20170326143900j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326143903j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326143930j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326143932j:plain

「金星ケアになる」だとか、「麗の横に並ぶ」だとか

やたら大きな口叩いていたのは、

自分を追い詰める意味もあったと吐露するケア。

自分が不利な事はそもそもわかっていたし

「また」心を折られるんじゃないか怖かったんだと。

 

新人の頃は天狗になっていたケア。

5年もあればチャンピオンになれる、

なんて考えていたものだけど現実はそれほど甘くはなく。

それでも、頑張ればなんとかなる。

上との差は経験の差なんだから

キャリアを積めばくらいついていける・・・

f:id:LITTLEWING:20170326145907j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326145910j:plain

そんな思いを粉々に粉砕したのが千鶴。

前回のヤンドラ杯予選にて、ケアはなすすべ無く敗退。

キャリア以外の差をまざまざと見せつけられ、一度は心が折れたケア。

しかしそれから1年半。

f:id:LITTLEWING:20170326150309j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326150328j:plain

今回も負けはしたものの、前回よりも差は縮まっていると実感し

これまでの努力は無駄じゃなかったと

そう思った故に、そこまでは落ち込んでいないんだと。

f:id:LITTLEWING:20170326150557j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326150600j:plain

そして、いつかは千鶴を追い越し、

麗の横に並べるようさらなる努力を誓うケア。

 

一方、新人達も同世代対決があったばかりなわけですが

f:id:LITTLEWING:20170326150803j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326150811j:plain

(`∧´)にーあー!」いただきましたw

f:id:LITTLEWING:20170326150820j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326150824j:plain

多摩女へと乗り込んでのタッグマッチ、

相手の一人、望宮だけは新人じゃなかったとはいえ

悔しさを隠せない熊井。

 

f:id:LITTLEWING:20170326150837j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326150844j:plain

白木に連敗くらって本来こっちの方が悔しがっていそうなはずが

紅葉はいたって冷静というか

内心ろくなこと考えていないというかw

ただ、紅葉も決して悔しくないというわけではないようで。

f:id:LITTLEWING:20170326162216j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326162220j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326162229j:plain

熊井のようにガーッと爆発した後サッパリするのではなく

借りを返すまではずっと忘れないけけれど、

表には出さないというのが紅葉の怒り方ということで

熊井には少々ひかれた模様(^^;;

f:id:LITTLEWING:20170326162611j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326162629j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326162632j:plain

f:id:LITTLEWING:20170326162637j:plain

白木に連敗して悔しい気持ちは当然ある。

けれど、今は自分を高める事が優先だと。

復讐ではなく復習をするべきと熊井を諭し、

f:id:LITTLEWING:20170326162949j:plain

熊井もそれに応え、自信を付けたら

また二人で多摩女に乗り込もうと約束する熊井と紅葉。

 

というわけで、同世代相手に連敗した2人をまとめてみましたが

紅葉の方はリベンジの可能性は十分あると思いますよ?

ただ、ケアの方は・・・かなり難しいとは思いますよね(^^;;

そうはいっても、諦めてしまったらそこで以下略なので

上を目指して頑張ってほしいものです。

実際、今のディスティニーには麗の横に立てる人がいないのだから

そこに立てるだけの選手というのは必要ですからね。

広告を非表示にする