読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
広告   

【リングドリーム】「柔道が得意なプロレスラー」と「柔道家がやるプロレス」

リングドリーム

f:id:LITTLEWING:20170214134146j:plain

f:id:LITTLEWING:20170214134150j:plain

いろり、突然の態度豹変。

その訳は・・・?

 

事の始まりは、羽左間に相談を持ちかけられたこと。

その内容はといえば、もちろん

先日ヤンドラ杯で敗北した牛ノ宮について。

f:id:LITTLEWING:20170214134505j:plain

f:id:LITTLEWING:20170214134509j:plain

f:id:LITTLEWING:20170214134512j:plain

f:id:LITTLEWING:20170214134517j:plain

f:id:LITTLEWING:20170214134520j:plain

f:id:LITTLEWING:20170214134524j:plain

f:id:LITTLEWING:20170214134528j:plain

千鶴との試合で、牛ノ宮の力は一切通用せず

ある程度の試合は作ってもらったものの

それはすべて千鶴の掌の上。

これまでエリート街道を突き進んできた牛ノ宮は

機会さえもらえればそれをものに出来る・・・

そう、ののりとの試合後に語っていたんですが

結果はこの通り。

それで牛ノ宮は凹んでいるということなんですが

羽左間達はそんなエリートとは縁遠い

「たたき上げ」の連中ばかり。

壁にぶち当たったエリートをどう扱えば良いのか困り果て、

結局、同じくエリート組であるいろりに助けを求めに来たと。

 

しかし・・・そんないろりの返答が冒頭のものだったと。

どうしてそこまできつい言い方になったのかといえば

f:id:LITTLEWING:20170214135436j:plain

f:id:LITTLEWING:20170214135442j:plain

f:id:LITTLEWING:20170214135508j:plain

f:id:LITTLEWING:20170214135511j:plain

そう、いろり自身もデビュー戦では

空手界の期待を背負っていたにも関わらず

東女内ではトップグループですらないえり子相手に敗北し

「空手日本一」の面目丸つぶれになっています。

でも、いろりにはもうこれしかないと必死に頑張った。

落ち込んでいる余裕なんかなかった。

でも、デビュー戦で「プロレスの洗礼」を受けたからこそ

今の「プロレスラー」薬師寺いろりがあるんだと。

それは、同じ空手出身の菊池も同じで

神崎からの洗礼があったればこそ、今の菊池があるんじゃないかと。

じゃあ、牛ノ宮はどうなのか?

f:id:LITTLEWING:20170214140440j:plain

f:id:LITTLEWING:20170214140444j:plain

f:id:LITTLEWING:20170214140448j:plain

前述の通り、これまで大きな機会に恵まれなかった牛ノ宮。

つまり、逆にいえば大きな挫折もなかったと。

そのため、未だに柔道の技術主体で戦っているのでは?

といういろりの指摘に対し、

柔道は牛ノ宮の武器だから、

その武器を使って戦うのは当たり前だと反論する羽左間。

f:id:LITTLEWING:20170214140724j:plain

f:id:LITTLEWING:20170214140728j:plain

f:id:LITTLEWING:20170214140732j:plain

しかし、そんな羽左間の擁護をいろりがバッサリと切り捨てます。

「柔道が得意なプロレスラーと

道家がプロレスをやるのは違う」

と。

今の牛ノ宮は後者なんじゃないの?と。

いろりもかつて、「プロレスラー」になるために日高から

空手の打撃技と相性のいい投げ技を教わったりしてましたしね。

 

遅ればせながらもプロレスの洗礼を受けた牛ノ宮。

道家からプロレスラーとして目覚めることが出来るか

ここがまさに分岐点なのかも?

広告を非表示にする