読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】RISING CANOPUS 3試合目 小早川ぽひ VS メアリ・ノートン

f:id:LITTLEWING:20170205111625j:plain

「RISING CANOPUS」3試合目もヤンドラ杯決勝トーナメント。

前回優勝者の小早川ぽひと

その同期であるメアリ・ノートンの対決となります。

この2人、同期でありながらシングルでぶつかるのは今回が初めて。

これまでの実績という意味ではぽひが勝っているわけですが

果たして・・・。

 

f:id:LITTLEWING:20170205111917j:plain

これまで、ぽひと戦うチャンスは何度かありました。

1度はFWWWの興行にシュバルツが招待された際。

f:id:LITTLEWING:20170205112935j:plain

もう一人の招待枠をジャンケンで決めた結果千鶴が勝ち、

ぽひとの同期対決は千鶴が行うことに。

そして、前回のヤンドラ杯では

予選でかんきちに負けて決勝へは行けず。

しかしあれから力をつけ、そのかんきちにもリベンジを果たしました。

今回はヤンドラ杯でも決勝トーナメントまで勝ち上がってきました。

f:id:LITTLEWING:20170205113550j:plain

f:id:LITTLEWING:20170205113554j:plain

f:id:LITTLEWING:20170205113558j:plain

f:id:LITTLEWING:20170205113601j:plain

f:id:LITTLEWING:20170205113605j:plain

f:id:LITTLEWING:20170205113609j:plain

そして迎えたぽひとの直接対決。

今日は、リングの上で精根尽き果てるまで語り合おうと

お互いの「今」を確かめ合おうと

そんな想いが試合前から溢れんばかりのメアリ。

 

f:id:LITTLEWING:20170205114614j:plain

f:id:LITTLEWING:20170205114620j:plain

f:id:LITTLEWING:20170205114624j:plain

f:id:LITTLEWING:20170205114630j:plain

f:id:LITTLEWING:20170205114638j:plain

f:id:LITTLEWING:20170205114643j:plain

f:id:LITTLEWING:20170205114646j:plain

そんな想いはぽひも同じ。

今日の試合が楽しみなあまり、昨日は寝付けなかったほどとか。

今でこそ、「ヤングドラゴン」の称号を持つぽひですが

まだ東女にいた頃は落ちこぼれでした。

それが、神崎や鈴森に鍛えられてここまで強くなったわけで、

「1人置いていかれてた自分が、やっと追いつくことが出来た」

そんなメアリの気持ちが、ぽひにはわかったのかもしれません。

でも、今日はそんな「弱かった頃の自分」を語るのではなく

「強くなった今の自分」をリングの上で、プロレスラーとして

いっぱい語り合おうと。

 

そんな両者にコメントするのは、ぽひと同じFWWW所属である太堂。

なんですが・・・

f:id:LITTLEWING:20170205115943j:plain

いきなりそれですかw

ただ、太堂には同期にそういう相手がいないですからね。

ひまわりは、お姉ちゃん的存在ということで

ぽひとメアリの関係とは違いますし。

それはさておき、太堂はメアリの事を

コメント出来るほど知りはしないということで

ぽひについてコメントしていただくことに。

f:id:LITTLEWING:20170205120447j:plain

f:id:LITTLEWING:20170205120451j:plain

ぽひの決め技である「ファントムガール」。

太堂がやられた時には、その場では何をされたかわからなかったため

後ほどビデオで確認したところ

ラリアットに巻き込まれる感じで逆上がりをし、

その勢いで足を相手の首に搦めて

ラリアットの勢いをそのまま丸め込みに利用されたんだとか。

この技、打撃でも投げでも吸い込んでしまうというのが恐ろしいところ。

f:id:LITTLEWING:20170205120904j:plain

f:id:LITTLEWING:20170205120908j:plain

メアリの決め技「ライオンカッター」(ジャンピング式のダブルニー)が

まさにその打撃技だけに、

ファントムガールで吸い込んでしまうのか、

はたまたライオンカッターがぶち抜くのかが

勝負の分かれ目になりそう?

 

そして試合は、2人の想いがそのまま形になったかのような五分の展開。

mixi、ハンゲをぽひが、

ヤバゲ、ニコをメアリがおさえて2-2の状態がしばらく続きます。

しかし、ニコで逆転が起こったことでその均衡が崩れます。

3-1でぽひ優勢に。

だがしかし、メアリも負けずにmixiで逆転して再度2-2。

それを許すまじとすぐさまmixiを再逆転してまた3-1。

このままでは、メアリ最後の砦ヤバゲすらも落とされそうな勢い。

・・・そう思った事もありました。

ここからメアリの大逆襲!

mixiを取り返し、

1度獲られたヤバゲもすぐさま取り返し、

終盤に来てまたもや2-2に戻します。

ただ、トータルptではぽひが勝っているため

このままではぽひの勝利に。

そして残り時間は1時間もなくなったその時・・・

ついにメアリ、ニコを取り返して3-1で逆にリード!

 

このニコ勢が本当に凄い!

ヤバゲの約半分の人数だというのに、

メアリ側、ぽひ側双方共に

ヤバゲとそう変わらないだけのptを稼いでるわけですから。

そんな、どちらも最後まで譲らなかったこの試合、

最後に勝利の女神が微笑んだのは・・・メアリでした。

ニコメアリ勢の勢いを止められないと判断したのか、

最後の戦場はヤバゲへと移ったのですが

そのヤバゲが人が集まりすぎたのか

重すぎてまともにプレイするのも厳しい状態に陥ったとか(^^;;

 

その戦いの激しさは、トータルptを見てもわかるかと。

前回7連戦の3試合目は、

雪女VSヴァンプ戦で稼げるptも違ったからともかく

前々回7連戦の3試合目と比較すると

前々回:169,032,187pt

今回:354,910,650pt

なんと約2倍のpt!

改めて、戦いの激しさを実感します。

 

ただ、同期対決でここまで熱いものを見せられてしまうと

やはり千鶴との同期対決も見たくなる人が多そうなだけに

この次に試合する牛ノ宮としては厳しい条件に・・・。

広告を非表示にする