読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
広告   

【リングドリーム】ぽひVSメアリ戦を振り返って

リングドリーム

f:id:LITTLEWING:20170215204746j:plain

f:id:LITTLEWING:20170215204749j:plain


先日の7連戦でついに実現した、ぽひVSメアリの同期対決。

その内容を、同じく同期である千鶴の目線で見ると・・・?

 

f:id:LITTLEWING:20170215205125j:plain

かつて、千鶴と対戦した時には既に厄介だったぽひの回避能力。

それがこの試合では「舞」を舞っているかのような

守りに「美」を感じるほどの域にまで達しており

メアリの攻撃のほとんどが決定打にはなっていませんでした。

f:id:LITTLEWING:20170215205433j:plain

逆にメアリの戦い方は、愚直なほどに真っ向勝負。

技のアクションも大きいためにタイミングを読まれやすく

そのままの流れなら、ぽひが勝っていたのでは?

そう思えるほどでした。

 

その流れを変えたのが「ライオンカッター」。

メアリの決め技である空中突撃両膝蹴り。

 

とはいえ、その技自体はぽひも当然読んでおり

技をかわされたメアリはそのままロープへつっこむことに。

 

しかし、メアリはここで止まらなかった。

ロープを蹴った反動で背後から放つライオンカッター!

その愚直さ故に放たれた、

かわされたのならもう一度、と繰り出されたライオンカッター。

それこそが、この試合の決め手となったのです。

f:id:LITTLEWING:20170215210527j:plain

f:id:LITTLEWING:20170215210541j:plain

f:id:LITTLEWING:20170215210552j:plain

っていうか、ぽひが何気に凄いこと言ってる気が・・・w

慣れたってそんな事普通は出来ませんからね?(^^;;

 

結局、その一撃によってぽひの動きが鈍くなり

それにより攻撃の「芯」をうまく外せなくなり

最後は正面からのライオンカッターをまともに食らって決着と。

 

それで話は終わりと思うじゃろ?

f:id:LITTLEWING:20170215210956j:plain

f:id:LITTLEWING:20170215211000j:plain

ライオンカッターが決まった後、

二人は抱き合うような形になってフォールの体制に。

ワン、ツー・・・スリー!

しかし、スリーカウントがコールされても離れない。

むしろ、更に強く抱き合う両者。

f:id:LITTLEWING:20170215211523j:plain

f:id:LITTLEWING:20170215211527j:plain

メアリの中では、レスラーとしてのぽひは

東女時代の「弱いぽひ」で止まったままでした。

しかし、メアリがぽひと戦えない間にぽひはメキメキと上達し

「ヤングドラゴン」の称号を得るほどに。

 

「小早川ぽひは強い」

みんながそう言うけれど、

メアリはそんな「強いぽひ」を知らない。

それがたまらなく悔しかったメアリ。

しかし今回・・・ようやくメアリの中のぽひを更新出来た。

それが本当に嬉しくて思わず・・・というわけだったようで。

f:id:LITTLEWING:20170215212157j:plain

f:id:LITTLEWING:20170215212202j:plain

f:id:LITTLEWING:20170215212206j:plain

そんな2人の試合が評価された反面、

触発された千鶴はというと・・・塩認定されてしまったようで(^^;;

まあ・・・うん、そんなこともあるさ!

 

しかしこうなると、流れは完全に

「同期対決を決勝戦で!」

という感じに。

とはいえ、他に勝ち残った選手は伏久とケア。

今や、凶獣若手の顔といっても過言ではない伏久。

そして、現王者である麗との秘密特訓によって

死線を乗り越えてきたケア。(※嘘は言っていない)

同期での決勝戦を実現させるものかと立ち塞がる強敵達。

果たして、決勝戦に勝ち残る2人は一体誰に?

広告を非表示にする