広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS DIAMOND 4試合目 兎角はねる VS 風祭はやて

f:id:LITTLEWING:20190120141207j:plain

「SEVEN DAYS DIAMOND」4試合目からは東女興行。

ヤンドラ杯決勝トーナメント一回戦がいよいよ始まりますが

今回はそのうちの2試合が行われます。

まずは第1試合、兎角はねる VS 風祭はやての試合を。

 

青コーナー 風祭はやて

f:id:LITTLEWING:20190120142225j:plain

去年に続いての決勝トーナメント進出となった風祭ですが

その前回は、一回戦で同期の飯田に敗退。

なので

f:id:LITTLEWING:20190120142743j:plain

f:id:LITTLEWING:20190120142747j:plain

まずは一回戦突破が目標。

それをクリアしたら、次は飯田へのリベンジを・・・

という考えの風祭ですが、それをこなすということは

優勝決定戦で飯田を降す、ということ。

簡単ではないことは百も承知。

しかし、出る以上は最終目標が「優勝」なのは当然のこと。

「知世子さんへのリベンジを果たせば

 そのまま最終目標もクリア出来る」

といたって前向きの風祭。

しかし、そのためには今日ここで負けるわけにはいきません。

f:id:LITTLEWING:20190120143259j:plain

f:id:LITTLEWING:20190120143304j:plain

f:id:LITTLEWING:20190120143309j:plain

なのでまずは、目の前のうさぎを狩って第一の目標を果たさんとします。

 

赤コーナー 兎角はねる

f:id:LITTLEWING:20190120143528j:plain

そんな風祭と目標が同じだという兎角。

というのも

兎角も昨年は、決勝トーナメント一回戦で

準優勝者となった小天狗と当たって敗退。

「今年こそは!」と思っているわけです。

ただ・・・

f:id:LITTLEWING:20190120143731j:plain

今回、参加権利のある選手の人数の問題から

前回優勝者の飯田だけでなく、兎角にもシード権が与えられることに。

なので、兎角にとっては今日からがヤンドラ杯なわけで

シード権を与えられた選手らしく

しっかりと勝っておきたいという気持ちが強いよう。

f:id:LITTLEWING:20190120144100j:plain

f:id:LITTLEWING:20190120144108j:plain

そして、第二の目標についても

風祭と若干理由は異なりますが

「飯田と優勝決定戦をやりたい」

という意味ではこれまた同じ。

当然、準決勝への切符を譲る気など毛頭ありません。

f:id:LITTLEWING:20190120144308j:plain

f:id:LITTLEWING:20190120144313j:plain

f:id:LITTLEWING:20190120144319j:plain

狩人が逆に狩られる事だってあると教えてやると

ここで兎角は返り討ち宣言を。

 

解説および試合

コメンテーターは、同じくヤンドラ杯で勝ち残っているメンバーでありながら

今興行では出番のない神楽坂・・・ですが

2人のやりとりに一言物申したいそうで。

f:id:LITTLEWING:20190120144730j:plain

f:id:LITTLEWING:20190120144736j:plain

f:id:LITTLEWING:20190120144740j:plain

確かに、風祭も兎角も

飯田が優勝決定戦に進んでくる前提で話を進めてましたからね。

同じブロックにいる神楽坂としては面白いはずがありません。

とはいえ、その鬱憤は試合で晴らしてもらうとして

ここでは試合の展開予想などをしてもらうということで

神楽坂予想では兎角若干有利とのこと。

 

風祭はやて 3-2
○ 風祭はやて VS 熊井さと[ワンマッチ]    
× 飯田知世子 VS 風祭はやて 後日談  
○ 風祭はやて VS 神楽坂美樹 後日談  
× 風祭はやて VS 稲荷ひめり[ワンマッチ]    
○ 風祭はやて VS 稲荷ひめり    

 

兎角はねる 3-1
× 兎角はねる VS 小天狗舞々 後日談  
○ 兎角はねる VS 太堂ゆに 後日談  
○ 兎角はねる VS アリス・リドル 後日談  
○ 望宮疾華 VS 兎角はねる[ワンマッチ] 後日談  

 

ちなみに、両者のシングル戦績はこのような感じで

ほぼ五分といっていいかと思いますが

それでも兎角有利と予想した理由は

f:id:LITTLEWING:20190120145238j:plain

一撃の技の重さ。

「私の脚力はダテじゃない」

と兎角本人も言っていたように、その脚力から放たれる蹴りは相当な威力。

f:id:LITTLEWING:20190120145424j:plain

f:id:LITTLEWING:20190120145429j:plain

もちろん、風祭もスピードには定評があるので

その動きで翻弄すれば・・・といいたいところですが

全ての蹴りを躱すのはさすがに無理だろうと。

そして、その喰らった数発のダメージで

スピードが鈍れば、あとは格好の的・・・

という展開になると神楽坂は予想。

 

そして実際に試合はどうなったかというと

 風祭のスピードを落とすまでもなく、最初から兎角が押していきます。

むしろ前半はほぼ兎角が一方的に攻める展開。

しかし、風祭も自分のペースを取り戻したのか徐々に反撃。

試合の2/3を過ぎる頃にはほぼ互角の状態から

ついに風祭優勢に。

とはいっても、PFではニコとハンゲだけが優勢の状態なので

トータルをひっくり返されたら再度逆転の可能性も。

そして終盤、それを実際にやってのける兎角。

させるものかとまたまたひっくり返す風祭。

どちらが勝ってもおかしくはないこの戦い。

そんな大接戦を制したのは・・・

f:id:LITTLEWING:20190121202726j:plain

199,511pt差で風祭!

前半の7-0や6-1だった時点では

よもやここまで熱い戦いになろうとは思ってもみませんでした。

f:id:LITTLEWING:20190121204635p:plain

ともあれ、風祭がまずは準決勝へ進出!

この先も熱い戦いに期待したいですね。