読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 望宮疾華 VS 兎角はねる

f:id:LITTLEWING:20170402114910p:plain

今回も多摩女の興行へとやってきました。

そしてスペシャルワンマッチはこちら、望宮疾華 VS 兎角はねる。

一応は、前回ゆきりんごが敗れたそのリベンジにと

次の刺客、兎角が乗り込んできた・・・という流れ?

 

f:id:LITTLEWING:20170402144446j:plain

f:id:LITTLEWING:20170402144450j:plain

f:id:LITTLEWING:20170402144455j:plain

負けた紅葉も熊井も凶獣所属のため、

サンモニ所属である自分で本当にいいのか?と

(凶獣に文句言われるのを)心配する兎角。

f:id:LITTLEWING:20170402144656j:plain

しかし、凶獣から選手を出すとなると、

2人の上が冬崎となってしまうためさすがにそれは大人げないのでは?

という理由もあって、兎角に出番が回ってきたのだとか。

ええ、兎角なら大人げなくないんですw

あとは、ここで更に凶獣から選手を派遣することになると

多摩女と凶獣の抗争、みたいな構図になりかねないと。

そうなると、凶獣の上のメンバーも絡まざるを得なくなってしまうため

あくまでも新人や若手の範囲で抑えておきたいという思いもあり

凶獣以外から選手を出す事にしたと。

f:id:LITTLEWING:20170402145137j:plain

f:id:LITTLEWING:20170402145140j:plain

f:id:LITTLEWING:20170402145145j:plain

そこまで言われてようやく納得し、やる気を出す兎角。

まあ、紅葉達は自分の手でリベンジしたかったところでしょうが

今はまだその時ではないと、先輩に託します。

f:id:LITTLEWING:20170402145342j:plain

f:id:LITTLEWING:20170402145345j:plain

一方、東女の若手(=ヤングドラゴン)とシングルでやれると喜ぶ望宮。

兎角は、普段があんなキャラだからどうしてもネタ的扱いになっていますが

この試合の時に話していたように

中江や中津井でさえも

「今の入門テストだったら東女に入れていたかわからない」

というくらいに厳しくなったテストを、

兎角は乗り越えてきてるわけですからね。

東女以外の選手からしてみれば、

そんな彼女らと戦えるというのは嬉しい事なんでしょう。

 

f:id:LITTLEWING:20170402145359j:plain

f:id:LITTLEWING:20170402145403j:plain

f:id:LITTLEWING:20170402145407j:plain

そして、そんな東女の若手に自分が勝てるようなら

多摩女をもっと盛り上げていける・・・と意気込む望宮。

 

f:id:LITTLEWING:20170402145411j:plain

f:id:LITTLEWING:20170402145415j:plain

f:id:LITTLEWING:20170402145419j:plain

そんな望宮の勝利を願う人がここにも。

スペシャルな姪」ことメイちゃん。

望宮が勝つ事で、多摩女がもっと盛り上がってくれれば

自分の多摩女入りを説得しやすくなるという打算からですが(^^;;

兎角はねる 1-0
○ 一二三&山吹組 VS 兎角&メアリ組 後日談 後日談2
望宮疾華 1-1
○ 望宮・白木組 VS ゆきりんご[ワンマッチ] 後日談  
× 小原、夜空組 VS 青空、望宮組    

ちなみに、両者の戦績はというと

兎角1-0に対して望宮1-1。

まあ、どちらも試合数が少ないためあまり参考にはならないですが

「メイちゃんに早くデビューして欲しい!」

と思っている方がどれだけ発奮するかにかかっている、といったところ?

 

しかし現実はそうそう甘くはなく、

試合は完全に兎角のワンサイドゲーム

多摩女効果が適用されるのは小原と白木のみだったのか

望宮は兎角の前になすすべ無し。

結局、見せ場もないまま4-0で決着。

f:id:LITTLEWING:20170406205838p:plain

ネタキャラ扱いとはいえ、人気は高い方だと思いますからねぇ・・・兎角。

次回のヤンドラ杯とか、メアリとのタッグ

とか、先が楽しみな選手ではあると思います。

広告を非表示にする