広告

【リングドリーム】RISING ALTAIR 3試合目 飯田知世子 VS 風祭はやて

f:id:LITTLEWING:20180311134457j:plain

「RISING ALTAIR」3試合目もヤンドラ杯決勝トーナメントから。

飯田知世子 VS 風祭はやて、

同期でありながらこれまで対決のなかった2人が

この大舞台でついに激突!

 

青コーナー 風祭はやて

f:id:LITTLEWING:20180311140036j:plain

f:id:LITTLEWING:20180311140112j:plain

f:id:LITTLEWING:20180311140122j:plain

同期でありながら、自分よりもずっとお姉さんである飯田。

実際、そんなお姉さんに寮ではお世話になりっぱなしで

飯田がいてくれたからこそ、今日まで頑張って来られたんだという風祭。

 

f:id:LITTLEWING:20180311140128j:plain

f:id:LITTLEWING:20180311140133j:plain

料理でも、女性らしさでも、

そして人としての器でも飯田には及ばないけれど、

せめてレスラーとしてだけは負けたくない。

いや、上回りたいと言います。

 

赤コーナー 飯田知世子

f:id:LITTLEWING:20180311140805j:plain

f:id:LITTLEWING:20180311140811j:plain

f:id:LITTLEWING:20180311140818j:plain

風祭は散々褒めてくれたけれど、さすがにそれは買いかぶりすぎだという飯田。

自分だって、風祭の元気に助けられたことはたくさんあるし

前向きさ、へこたれなさに勇気をもらったことだって。

ようはタイプが違うだけ、色違いなだけなんだと。

赤色と青色、どちらかが優れているわけではなく

そこには好みの違いがあるだけでしょ?と説明。

 

f:id:LITTLEWING:20180311140825j:plain

f:id:LITTLEWING:20180311140831j:plain

f:id:LITTLEWING:20180311140836j:plain

だから、せめてプロレスだけはみたいな言い方はやめてほしいと。

それに、そのプロレスで負けたくないのは自分だって同じなのだからと、

ここで初めて厳しい表情となる飯田。

終始和やかだった2人の間に、緊張感が走ります。

 

解説および試合

コメンテーターはサモエド。 

 まずは、飯田の「お姉さんポジション」についてから

話が広げられるわけですが

f:id:LITTLEWING:20180311141953j:plain

f:id:LITTLEWING:20180311141958j:plain

f:id:LITTLEWING:20180311142005j:plain

f:id:LITTLEWING:20180311142010j:plain

f:id:LITTLEWING:20180311142015j:plain

飯田がお姉さんならえり子は?

という問いに「お父さん」と答えるサモエド

パパではなくお父さんと、サモエドなりのこだわりがあるようですが

それはそれとして、全国放送なので内緒は無理ですもんねぇ・・・w

あとサモエドかわいいw

 

それはさておき、勝敗については飯田と予想。

f:id:LITTLEWING:20180311142323j:plain

寮の人間同士、よく一緒に練習することがあるし

同期であればなおのこと。

だからお互いに手札はそれなりにわかっている状態となるんでしょうけど

風祭最大の武器であるスピードに馴れられているというのは

より厳しいのでは?というサモエド予想。

もちろん、そうだとしても若干差が出るのでは?

くらいに思っているそうですが。

 

ちなみに、風祭が

「やっと大舞台で知世子さんと向かい合うことが出来た」

と言っているように、

同期でありながら2人の対決はこれまでありません。

ここ最近は、デビュー戦で新人同士が戦う流れになっていますが

2014年四期組は、飯田、風祭、稲荷の3人だったため

風祭はやて 2-1
○ 風祭はやて VS 神楽坂美樹 後日談  
× 風祭はやて VS 稲荷ひめり[ワンマッチ]    
○ 風祭はやて VS 稲荷ひめり    

デビュー戦では風祭は稲荷と対決しており

 

飯田知世子 2-1
○ 飯田知世子 VS ヘカトン慧子[ワンマッチ]    
× ハミング・飯田組 VS ホワイト・兎角組[ワンマッチ] 後日談  
○ 飯田&アナ組 VS 稲荷&神楽坂組    

飯田が大舞台に上がるのは、彼女達よりも1年以上あとになっています。

その時に稲荷とは当たっているのですが

風祭とはこれまで当たる機会がなかったわけで。

 

優勝者予想では飯田の名を挙げていた人が多かったわけですが

戦績を見た限りでは、シングル、タッグの違いはあるにせよどちらも2勝1敗。

以上を踏まえた上で試合の方を見ていくと・・・

前半は意外?といっては失礼ですが風祭がペースを握ります。

トータルpt含めて5-2の時間帯が多かったのですが

後半になって場が一変。

トータルptもひっくり返されて逆に5-2で飯田優勢に。

この後、ニコ、ハンゲ、ゲソてんで何度か風祭がしかける機会はあったものの

いかんせんヤバゲ、mixiのリードが大きく

結局その2PFを崩せずに4-3で飯田勝利。

優勝候補に挙げられるだけの力を見せつけた形となりました。

 

とはいえ、負けた風祭もいい攻めを見せてはいたので

次の機会にはまた頑張って欲しいですね。