広告

【リングドリーム】RISING APOCALYPSE 3試合目 兎角はねる VS 太堂ゆに

f:id:LITTLEWING:20171125143831j:plain

「RISING APOCALYPSE」3試合目もヤンドラ杯予選試合。

他の選手よりも1試合多く戦う事で

この大舞台での試合を勝ち取った兎角はねるを

FWWWガンダーラからの刺客、太堂ゆにが

文字通り潰しに来ますw

 

青コーナー 太堂ゆに

f:id:LITTLEWING:20171125145210j:plain

f:id:LITTLEWING:20171125145224j:plain

f:id:LITTLEWING:20171125145231j:plain

ガンダーラのウサギ」こと兎澤ルシアとは

タイプ的には全く異なる「東女のウサギ」兎角はねる。

くせ者として知られているようで相手のペースに乗せられるなと

再三忠告を受けてきた様子。

とはいえ、太堂にやれることといえば

「レベルを上げて物理で殴る」的なことなわけで

f:id:LITTLEWING:20171125145724j:plain

f:id:LITTLEWING:20171125145729j:plain

f:id:LITTLEWING:20171125145735j:plain

兎角を月のウサギ・・・ではなくモチの方に例えて

叩いて伸ばすと豪語する訳なんですが・・・

f:id:LITTLEWING:20171125145927j:plain

f:id:LITTLEWING:20171125145932j:plain

f:id:LITTLEWING:20171125145938j:plain

たとえがあまりうまくなかったと即反省。

それはまあいいんですが、

その恥ずかしさを兎角にぶつけるとか理不尽なことを言い出しますw

 

赤コーナー 兎角はねる

f:id:LITTLEWING:20171125150106j:plain

f:id:LITTLEWING:20171125150114j:plain

f:id:LITTLEWING:20171125150127j:plain

これはさすがに、理不尽だと言いたくなる兎角の気持ちもわからなくもないw

しかし、東女に入ってから割と理不尽な目に遭い続けてきた彼女、

これくらいではへこたれません。

f:id:LITTLEWING:20171125150138j:plain

f:id:LITTLEWING:20171125150150j:plain

f:id:LITTLEWING:20171125150156j:plain

f:id:LITTLEWING:20171125150202j:plain

相手が「ウサギの餅つき」に例えるなら

それこそお前をモチにしてやると反撃。

www.nicovideo.jp

もっとも、うっさうさはよくわかりませんけどw

うさぎーのげんかいを こえて

わたしーは きーたウサーよー

みたいなw

 

解説および試合

コメンテーターは、太堂と同じFWWW所属のヘカトン。

別団体ということで、兎角についてはわからないため

太堂についてのコメントのみに。

f:id:LITTLEWING:20171125160457j:plain

f:id:LITTLEWING:20171125160504j:plain

f:id:LITTLEWING:20171125160511j:plain

FWWWで「パワー自慢の若手」といったら

ヘカトン、森住、そして太堂の3人が挙げられます。

この時の森住の発言からは、

太堂を「パワー代表」の候補から外しているように思えましたけど

現実にはやはり太堂が抜きん出ているようで。

f:id:LITTLEWING:20171125161024j:plain

f:id:LITTLEWING:20171125161031j:plain

そして、同じパワータイプといっても、太堂のそれは質が異なるようで

ぶつかった時の衝撃は海で大波にぶち当てられた時のようで

タックルに至ってはまさに津波のようなイメージだと話すヘカトン。

 

太堂ゆに 2-2
○ 三浦佐奈恵 VS 太堂ゆに[ワンマッチ]    
○ マナコ・鈴木組VS兎澤・太堂組 後日談 後日談2
× 山崎、青鬼、赤鬼組 VS 孫、兎澤、太堂組    
× 日向ひまわり・太堂ゆに組VS山吹旭・磯部かんきち組    

そんなパワーを誇る太堂ですが

戦績については実のところそこまで振るわず2-2の五分。

といっても、シングルはこのヤンドラ杯予選に出るための

FWWW内での決定戦が初めてだっただけに

シングルの実力という意味では未だ未知数といってもいいでしょう。

 

兎角はねる 4-0
○ 兎角はねる VS アリス・リドル 後日談  
○ ハミング・飯田組 VS ホワイト・兎角組[ワンマッチ] 後日談  
○ 望宮疾華 VS 兎角はねる[ワンマッチ] 後日談  
○ 一二三&山吹組 VS 兎角&メアリ組 後日談 後日談2

対する兎角はというと・・・

あれだけネタキャラのイメージが強い割には

実は負けなしの4-0。

もし本戦に勝ち進んだら、有力候補に挙げられるであろう

飯田相手にもタッグとはいえ勝利してますしね。

実のところ、優勝候補の一人なのではないかと勝手に思っていたり(^^ゞ

 

そんな両者の対決ですが、中盤までは一進一退の攻防。

3-2でトータルptも僅差と好勝負を思わせます。

が、ここから兎角のペースに巻き込まれたか

兎角がぐんぐんと差を付けていきます。

ところがどっこい、太堂も負けてはおらず

2-3とPFごとの星数では不利でありつつも

トータルptでは上回って結果的には優勢に。

更にはニコ、ハンゲで優勢だった太堂、

ヤバゲもひっくり返してPFごとの星数でも3-2と上回る!

さすがに今度ばかりは決まったかと思いきや・・・

ここで兎角まさかの大逆転!!

ハンゲ以外の4PFを押さえて土壇場で4-3とひっくり返します。

この時残り時間は既に数十分。

太堂も再度ひっくり返そうと必死に追いすがり

ヤバゲがあと10万差まで迫るもののここで時間切れ!

最後の最後までどちらが勝つかわからない

互角の勝負を演じた両者でしたが、

勝利を掴んだのは・・・兎角はねる!!

 

正直、兎角の人気がそれなりに高いとは思っていましたけど

なんのなんの、太堂だって負けてはいませんでした。

今回は残念ながら黒星がついてしまいましたけど

今後に期待させる内容だったのではないかと。

っていうか、個人的にはツインタワーをまた見たいんですけどねw

 

 

そして・・・帰国時期がまた少し延びたアリス。

このまま最後まで残ることが出来るのだろうか?w