広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 風祭はやて VS 熊井さと

f:id:LITTLEWING:20181020140012p:plain

今回のスペシャルワンマッチは、ヤングドラゴン杯の予選。

年々合格者数を絞っているため、

参加資格のある選手も徐々に減ってきているヤンドラ杯。

そのため、今回はみんな予選1勝で決勝トーナメントへ進出できることに。

・・・2015年の片倉なんかは4試合くらいしてたというのにw

それはさておき、今回のヤンドラ杯予選。

その先陣を切るのは・・・風祭はやてと熊井さと。

果たしてどちらが決勝トーナメントへの切符をもぎ取れるのか?

 

f:id:LITTLEWING:20181020141225j:plain

f:id:LITTLEWING:20181020141231j:plain

今回の風祭のセコンドには、星屑全員がつくとのこと。

ただの予選なのに大げさだと風祭は言うのですが

こういうのは全員であたるんだと。

f:id:LITTLEWING:20181020141239j:plain

更にもう一人、同期ということで稲荷もセコンドに。

f:id:LITTLEWING:20181020141501j:plain

f:id:LITTLEWING:20181020141506j:plain

寮を出てからも一緒に暮らすほどの仲の良さを見て

当時の自分に置き換えてみる中津井ですが・・・

f:id:LITTLEWING:20181020141625j:plain

いや、無理でしょうとw

今ではみんなある程度落ち着いてきたし

距離を置いたことで仲良くなったところもあるだろうけど

当時の彼女達と同居するのは耐えられない、無理ときっぱりw

f:id:LITTLEWING:20181020141916j:plain

そこでふと気になったのが、プライベートでの風祭はどんななのか。

f:id:LITTLEWING:20181020141959j:plain

すると稲荷からすかさずタレコミがw

レスラーとしてはピリッとしている風祭だけれども

部屋ではわりとどんくさいとのこと。

更には、寮にいた頃から寝言が多いのだとか。

f:id:LITTLEWING:20181020142212j:plain

f:id:LITTLEWING:20181020142216j:plain

f:id:LITTLEWING:20181020142223j:plain

なんということをw

しかし、風祭も言われっぱなしでは済ませません。

こちらも稲荷のプライベート情報を暴露。

f:id:LITTLEWING:20181020142344j:plain

f:id:LITTLEWING:20181020142348j:plain

f:id:LITTLEWING:20181020142352j:plain

f:id:LITTLEWING:20181020142423j:plain

・・・ホント仲いいなこの2人。

 

一方、熊井の方はというと

f:id:LITTLEWING:20181020142539j:plain

f:id:LITTLEWING:20181020142544j:plain

f:id:LITTLEWING:20181020142549j:plain

f:id:LITTLEWING:20181020142553j:plain

凶獣はヒール集団なので、凶器などでの反則はもちろんのこと

セコンドを乱入させたりなんかすることも当然あります。

しかし、ヤンドラ杯ではそれはやらないでという念押し。

まあ、これまで凶獣メンバーが出ていた時にも

セコンドの乱入に関してはなかったですもんね。

凶器に関しては、この方がフルスイングしてましたけどね!w

f:id:LITTLEWING:20181020143056j:plain

f:id:LITTLEWING:20181020143104j:plain

f:id:LITTLEWING:20181020143109j:plain

ただ、伏久曰く

そんな熊井の要望がなかったとしても、今回セコンドが手を出すのは下策だと。

なぜなら・・・あちらのセコンドには夢原がいるから。

ロックオンしたら、アメリカまで追いかけるその執念。

そして、相打ちとはいえ野々村をボロボロにするその実力。

確かに、余計なちょっかいをかけて刺激するのは得策ではないでしょう。

f:id:LITTLEWING:20181020143841j:plain

f:id:LITTLEWING:20181020143847j:plain

f:id:LITTLEWING:20181020143850j:plain

クマだ クマだ お前はクマになるのだ!

というわけで、風祭狩りを宣言する熊井。

「同期対決を決勝トーナメントで」

今回は皆が同じように約束しているようですが

その誓いを最初に破ってしまうのはどちらになってしまうのか。

 

ちなみに、両者のこれまでの戦績ですが

風祭はやて 2-2
× 飯田知世子 VS 風祭はやて 後日談  
○ 風祭はやて VS 神楽坂美樹 後日談  
× 風祭はやて VS 稲荷ひめり[ワンマッチ]    
○ 風祭はやて VS 稲荷ひめり    

2-2と五分ではあるものの、そのほとんどが同期対決の風祭に対して

 

熊井さと 2-4
× 林・望宮・甘粕組 VS 青空・紅葉・熊井組    
× ミレニアム VS ゆきりんご[ワンマッチ]    
○ 紅葉、熊井組 VS 望宮、白木組    
○ ゆきりんご VS ニューフェイス[ワンマッチ]    
× 望宮・白木組 VS ゆきりんご[ワンマッチ] 後日談  
× 紅葉林檎 VS 熊井さと 後日談  

2-4と負け越してはいるものの、シングルはデビュー戦の1試合のみという熊井。

実績という意味ではやはり風祭が一歩リードしているように見えますが

熊井が久しぶりのシングルでこれまでの成長を見せることが出来れば・・・

といった感じでしょうか。

 

しかし、この世代においてのわずかな実績の差というのは思った以上に差があったのか

試合は終始風祭のペース。

熊井も、ハンゲでわずかながら抵抗してみせますが

風祭は慌てた様子もなくすぐに7-0展開へ。

ほぼ勝負は見えたかのように思えましたが、

それでも終盤に熊井が意地を見せ、ハンゲ、ゲソ・ブラゲにて逆転。

PFの星数を3-2にして見せましたが

これまで積み重なったトータルpt差はどうにもならず

風祭がキャリアの差を見せつける形で危なげなく勝利。

前回に続いての決勝トーナメント進出を決めました。

f:id:LITTLEWING:20181025204424p:plain

f:id:LITTLEWING:20181021143331j:plain

  

 

 以下余談となりますが、今回のワンマッチにて

キラーカードである滝沢、神楽坂の効果が重複しないという不具合が発生。

どちらも入れている場合は、1.5×1.5で2.25倍の効果となるはずが

1.5倍でしか計算されていなかったようです。 

この不具合自体は、試合開始から5時間半後には修正されたのですが

問題はこれを試合の途中で修正すべきだったのか?ということ。

 

今回、風祭が危なげなく勝利したから大きな問題にはなりませんでしたが

もしこれを、僅差で熊井が勝利していた場合、

この5時間半の間に反映されなかった1.5倍分のptが

問題視されることとなったかもしれないわけです。

ただ、福袋を購入したユーザーの立場からすれば

キラーカードの効果が反映されないのはおかしいのだから

修正はあって然るべき、と言われれば

それはそれで間違ってないのだから難しいところ。

まあ・・・こんなケアレスミスをしでかさないのが一番なんですけどね。

(私も誤字脱字はしょっちゅうやらかしてるので強くは言えませんが)

 

スペシャルワンマッチとはいえ、今回はヤンドラ杯予選という

若手にとっては大事な試合。

後味の悪い試合にだけはして欲しくないものです。