広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ ゆきりんご VS ニューフェイス

f:id:LITTLEWING:20170826140950p:plain

今回のスペシャルワンマッチは、新人同士のタッグマッチ。

2017年二期のニューフェイスが下克上をせんと

2016年一期のゆきりんごの首を狙います。

 

f:id:LITTLEWING:20170826141305j:plain

f:id:LITTLEWING:20170826141314j:plain

f:id:LITTLEWING:20170826141319j:plain

f:id:LITTLEWING:20170826141327j:plain

が、話はそう単純ではなくなってしまいました。

緋翠がニューフェイスに敗北し、大人しくなったかと思いきや

先輩のゆきりんごを利用してニューフェイスを潰そうと画策。

そこで、ニューフェイスの2人がむしろチャンスだと乗ってきたために

今回の試合が成立したわけではありますが

f:id:LITTLEWING:20170826141707j:plain

f:id:LITTLEWING:20170826141713j:plain

f:id:LITTLEWING:20170826141720j:plain

「新人が凶獣を利用しようとした」という罪状で

会場入りした緋翠2人を凶獣控え室に拉致し、

こうして2人を問い詰めているわけですが・・・

f:id:LITTLEWING:20170826142010j:plain

f:id:LITTLEWING:20170826142017j:plain

f:id:LITTLEWING:20170826142032j:plain

あまりにも息ピッタリの2人の謝罪に

事前に打ち合わせでもしていたんじゃないかと疑ってしまうほど。

そんな彼女らのペースに合わせているとうやむやになってしまいそうなので

とっととヤることを済ませようと・・・

f:id:LITTLEWING:20170826142307j:plain

そんな時、緋翠に救世主が!

えり子が火村、樹緑を引き取りに来ます。

ただ、このまま無罪放免では凶獣のメンツが立たない事もわかるので

えり子に貸し一つということで手を打つことに。

皆、寮にいた頃はえり子の世話になった者ばかり。

むしろ、貸し借りで言ったら借りっぱなしなこともあって

この一言でようやく矛を収めるざくろ達。

f:id:LITTLEWING:20170826142959j:plain

f:id:LITTLEWING:20170826143005j:plain

f:id:LITTLEWING:20170826143011j:plain

とはいえ、しっかり釘を刺しておくことも忘れませんがw

あと、ざくろ達にボコられるのは回避できたものの

えり子からのお説教は避けられませんので(^^;;

それに、樹緑の方はヒール志望なだけに

凶獣の先輩達に(悪い意味で)目を付けられたのは

正直痛手かもしれないですね。

 

そんな修羅場がすぐ側で起こっていたとはつゆ知らず

静かに試合開始を待つ秋辺と久坂。

f:id:LITTLEWING:20170826143335j:plain

f:id:LITTLEWING:20170826143346j:plain

場数で負けていると言いつつも

キャリア「だけ」は何倍もあるという言い回しや、

更には才能では負けないとも言って

久坂と自分自身を鼓舞する秋辺。

もしくは、負けず嫌いな一面からそう言わせたか?

f:id:LITTLEWING:20170826143705j:plain

f:id:LITTLEWING:20170826143711j:plain

しかしまあ、負けて当然のこの試合、

そう思えば失うものも特になく、万が一勝てれば更に先に繋がる。

ニューフェイスからすればまさにローリスクハイリターン。

f:id:LITTLEWING:20170826144010j:plain

だったら、負けた場合の事は考えず

貪欲に勝利のみを求めていこう、欲張りで行こうという2人。

 

そんな両チーム・・・っていうか、

ゆきりんご自身はほぼ出番なかったんですが

そんな鬱憤を試合でぶつけてきたわけではないでしょうが

試合開始からいきなり突っ走ります。

そしてそれは変わること無く、結局最後まで(ぇ

まあ・・・大方の予想通り、4-0ワンサイドで

ニューフェイス側としては何の見せ場も無く完敗。

f:id:LITTLEWING:20170831211122p:plain

ゆきりんごからすれば、完全にとばっちりというか

巻き込まれただけですからね。 

この結果も致し方なしといったところでしょうか。

まあ、上でも書いたように

ニューフェイス側のリスクというのはほとんどなかった試合なので

この敗北をばねにして頑張ってくれればと。

むしろ、今回のいざこざでは、

自業自得とはいえ緋翠の今後が心配というか(^^;;