広告

【リングドリーム】ヤングドラゴン杯優勝者へのご褒美【プレイバック7】

f:id:LITTLEWING:20141028102941j:plain

ヤングドラゴン杯に優勝した選手には

そのご褒美として、上の選手とのタッグでチャンスを与えられます。

今作中であった出来事ではありませんが

友野もかつてはそのご褒美で

井上さんとタッグを組んだ事があったのだとか。

今回は、そんな優勝者へのご褒美についてまとめました。

 

社務さわり

f:id:LITTLEWING:20141028102936j:plain

この当時は、TWPタッグ王座が空位の状態だったため

その王者を決めるためのトーナメント戦が開催されることに。

そのトーナメントに、さわりは神崎とタッグを組んで出場。

タッグ王座決定戦1回戦
姫小路由樹&ミス・十両 VS ブレイブ勇子&円陣光子    
マーズ野々村&豪徳寺伊吹 VS ライアンシスターズ    
神崎玲子&社務さわりVS霧島梨花&ラズベリー咲川    
プロミネンス加藤&滝沢泉VS南城蛍&スパイダー菊池    
あかり&マジョラム吉井VSブラッディ井上&シャドウ細野    
田中えり子&ディアナ・ライアルVS友野なるみ&ロイド・ガッシュ    

その1回戦で、師匠である咲川から勝利するという大金星をあげ

f:id:LITTLEWING:20150713212918j:plain

f:id:LITTLEWING:20150713212923j:plain

彼女を煽るとかどうとかで神崎と揉めるシーンもあったりしましたが

 

タッグ王座決定戦準々決勝
ラナ&麗 VS ガッシュ&友野 後日談  
ライアン・シスターズ VS 勇者&円陣    
神崎&さわり VS 菊池&南城 後日談  
あかり&マジョラム VS 一ノ瀬&ホワイトフェイス    
残念ながら準々決勝で敗退。
上の実力というものを身をもって味わったさわり。

f:id:LITTLEWING:20150427123550j:plain

f:id:LITTLEWING:20150427123607j:plain

f:id:LITTLEWING:20150427123616j:plain

しかし、これを機に神崎に弟子入りすることに。

ちなみに、神崎が彼女の弟子入りを認める決め手となったのは

「神崎さんのようにはなりたくない」の一言でした。

 
 
タッグ王座決定戦決勝
菊池・南城組 VS ガッシュ・友野組(TWPタッグ) 後日談  

もちろん、その後もトーナメントは続くのですが

タッグベルトは菊池、南城組の手に渡る結果となりました。

  

小早川ぽひ

ぽひはFWWW所属の選手であるためこのご褒美は無いのですが

f:id:LITTLEWING:20160607164332j:plain

f:id:LITTLEWING:20160607164335j:plain

f:id:LITTLEWING:20160607164621j:plain

代わりに水着キャンペーンを担当する・・・というのは

本人から強く拒否されてしまったので

f:id:LITTLEWING:20160903112047j:plain

f:id:LITTLEWING:20160903112051j:plain

f:id:LITTLEWING:20160903112054j:plain

浴衣のプレゼントで落ち着きました。

 

メアリ・ノートン

f:id:LITTLEWING:20170614232912j:plain

f:id:LITTLEWING:20170614232921j:plain

f:id:LITTLEWING:20170614232936j:plain

まずは、ちょうど時期が一致したこともあって

水着キャンペーンレスラーに抜擢。

f:id:LITTLEWING:20170704221832j:plain

f:id:LITTLEWING:20170704221838j:plain

思わぬトラブルもあったようですが、それはそれとして

本来のご褒美であるタッグの方も。

f:id:LITTLEWING:20171004211927j:plain

f:id:LITTLEWING:20171004211935j:plain

パートナーはソニックに、

そして対戦相手はホワイトフェイス、細野組「SHIROKAGE」に決定。

そして、ソニックとのタッグ「ライオット」は

SHIROKAGEに見事勝利。

f:id:LITTLEWING:20171021125321j:plain

f:id:LITTLEWING:20171021125327j:plain

f:id:LITTLEWING:20171021125333j:plain

f:id:LITTLEWING:20171021125339j:plain

一方、負けてもその存在感を強烈に印象づけたSHIROKAGEは

f:id:LITTLEWING:20171021182425j:plain

f:id:LITTLEWING:20171021182430j:plain

f:id:LITTLEWING:20171021182449j:plain

この敗北をきっかけに

タッグに真剣に取り込むことになるのですが、それは別の話。

 

そして、勢いに乗るライオットはタッグタイトルに挑戦。

菊池、ソニックナイト組「ベノムナイト」を撃破し

ヤンドラ杯優勝から

タッグの頂点まで一気に駆け上がることに。

 

飯田知世子

f:id:LITTLEWING:20180808183022j:plain

f:id:LITTLEWING:20180808183030j:plain

飯田のパートナーは、サンモニのリーダーであるあかりが務めることに。

といっても、これも直前にやっていた女神杯の結果によっては

変わる可能性もあったのですが

その女神杯であかりが結果を残したことで

胸を張ってパートナーを引き受けることに。

そして、対戦相手として指名したのは・・・

昨年、ライオットの相手を務めたSHIROKAGE。

しかし、昨年の敗北から

本気でベルトを狙うようになったSHIROKAGEは

まだ若手の飯田の手には負えず

ほぼ一方的に力の差を見せつけられる結果に。

f:id:LITTLEWING:20181122210652j:plain

f:id:LITTLEWING:20181122210657j:plain

f:id:LITTLEWING:20181122211037j:plain

f:id:LITTLEWING:20181122211044j:plain

そんな悔しさを、一晩中お菓子作りにぶつけた飯田なのでした。

 

ちなみに、この時に準優勝だった舞々も

FWWWにてご褒美をもらっています。

その名も・・・「小天狗舞々 試練の三番勝負」!

ナイトメアの先輩レスラーとのシングルマッチ

経験させてもらったわけですが

結果、山崎から1勝をもぎ取りました。

 

稲荷ひめり

f:id:LITTLEWING:20190609144943j:plain

f:id:LITTLEWING:20190609144954j:plain

f:id:LITTLEWING:20190609145000j:plain

稲荷のパートナーは、師匠である一ノ瀬が務めることに。

(一ノ瀬本人は、指名されるとは思っていなかったようですが)

そして、対戦相手の方は

現在タッグ王座を巡っての動きが活発になっているだけに

それが落ち着いてからという案もあったのですが

f:id:LITTLEWING:20190609145915j:plain

f:id:LITTLEWING:20190609150352j:plain

f:id:LITTLEWING:20190609150357j:plain

相手が手強いから今は静観する、では

何のための腕試しかわからないということで

姫小路、榎下組「ローズ・ロゼ」との対決を即希望することに。

しかし、ベルトにまでは手が届いたことがないとはいえ

名タッグの一つに数えられるローズ・ロゼ。

榎下狙いの策も逆に利用される形となり

f:id:LITTLEWING:20190626212004j:plain

f:id:LITTLEWING:20190626212011j:plain

姫小路のこの言葉を身をもって味あわされる羽目に。

 

アナ・ペコリータ

f:id:LITTLEWING:20191207144617j:plain

f:id:LITTLEWING:20191207144624j:plain

f:id:LITTLEWING:20191207144630j:plain

f:id:LITTLEWING:20191207144634j:plainこの時は、優勝決定戦がアナと神楽坂になったため

どちらが優勝したとしてもソニックファミリーということに。

しかし、ソニックは既にメアリと組んでいるし

ディアナもエミリーとのタッグ「シストリア」を結成して

咲川、さわり組「朧双花」といい勝負をしたばかり。

だったらいっそ、私達で組む?

と、神楽坂から思わぬ提案。

その後、優勝者はアナに決まったわけですが

f:id:LITTLEWING:20191230103218j:plain

神楽坂と話し合った通り、「ミレニアム」で挑みたいという事に。

ただ、上の人と組まない代わりに

チャンスは多めに欲しいということで

「試練の〇番勝負」的なものが行われる方向になったのですが

f:id:LITTLEWING:20200314102754j:plain

サービス終了に伴い

ミレニアムのご褒美タッグのお話はお預けということに。

「ストーリーズ」なり次回作なりで補完されるといいのですが・・・。