広告

【リングドリーム】ヤングドラゴン杯2019【プレイバック6】

今回は、ストーリー内で6回目となるヤングドラゴン杯のまとめを。

 

 

ヤングドラゴン杯2019

開催期間:2019年10月~12月

参加資格:2015年三期~2017年二期

参加者:

2015年三期
アナ・ペコリータ、神楽坂美樹

2016年一期
紅葉林檎、熊井さと

2017年一期
火村怜、樹緑みどり

2017年二期
秋辺ほとり、久坂美鈴

※多摩女の白木はKOMに専念するため参加辞退

 

予選

基準を2019年9月としたことから

参加資格が2015年9月~2017年9月の間にデビューした選手に。

f:id:LITTLEWING:20190912204341j:plain

f:id:LITTLEWING:20190912204346j:plain

f:id:LITTLEWING:20190912204352j:plain

f:id:LITTLEWING:20190912204357j:plain

神楽坂とアナがヤンドラ杯3度目となるのが微妙なところではあるものの

基準を翌月にしたとしてもやはり対象に含まれるし

そもそも彼女達を含めないと8名にすらならないということから

おそらく初となる3度目の出場に。

そんなわけで、参加人数が8名と少ないため

今回は予選無しのいきなり本戦となりました。

     

本戦

本戦は、8人によるトーナメント。

1回戦、2回戦、優勝決定戦と、計3回の興行で実施。

 

1回戦

RISING BATTLE ROAD (2019/10/31まで)
アナ・ペコリータ VS 紅葉林檎 後日談 後日談2
秋辺ほとり VS 樹緑みどり 後日談 後日談2
久坂美鈴 VS 神楽坂美樹    
火村怜 VS 熊井さと 後日談  

今回のトーナメント組み合わせは

同期対決を実現しようと思ったら

どの組み合わせであろうと優勝決定戦まで勝ち進むことが必須

という、まるで仕組まれたかのような組み合わせ(偶然です)。

 

f:id:LITTLEWING:20191023210451j:plain

f:id:LITTLEWING:20191023212544j:plain

火村 VS 熊井 は、理詰め VS 本能の構図に。

寮でのやりあいでは、火村が言い負かした後で

熊井が暴れ出すというパターンが定番なんだそうですが

今回の試合では、最初から最後まで熊井が暴れまくって勝利。

火村、八つ当たりされて脱落。

 

f:id:LITTLEWING:20191024203058j:plain

f:id:LITTLEWING:20191024203102j:plain

f:id:LITTLEWING:20191024203106j:plain

f:id:LITTLEWING:20191024203112j:plain

久坂 VS 神楽坂 は

思わぬ形でプライベートを暴露された神楽坂の精神状態が心配でしたが

久坂の得意なグラウンドに持ち込ませることなく

遠近構わず得意の蹴りで神楽坂が完封。

 

f:id:LITTLEWING:20191025204338j:plain

f:id:LITTLEWING:20191025204849j:plain

f:id:LITTLEWING:20191025210005j:plain

f:id:LITTLEWING:20191025210010j:plain

秋辺 VS 樹緑 は

コメンテーターのメイに、秋辺の父母宛の伝言を伝えておく盤外戦術や

足の裏が苦手だと言っていたことから

4の字固めの状態からシューズのヒモをほどいて

念入りにくすぐったりとやりたい放題の樹緑が勝利。

 

f:id:LITTLEWING:20191110103723j:plain

f:id:LITTLEWING:20191110103727j:plain

アナ VS 紅葉 は

アナのために用意した英国王室御用達のフォークでアナを突き刺すも

満面の笑顔で向かってくるアナにむしろ恐怖を抱いたとかで

紅葉の凶器攻撃が通用せずに?アナ勝利。


2回戦 

SEVEN DAYS INVASION (2019/11/28まで)
樹緑みどり VS アナ・ペコリータ 後日談  
熊井さと VS 神楽坂美樹 後日談  

 

f:id:LITTLEWING:20191123141321j:plain

f:id:LITTLEWING:20191123141658j:plain

熊井 VS 神楽坂 は、攻撃型同士の対決に。

しかし、盤面を支配したのは神楽坂。

得意のヒットアンドアウェイで熊井に蹴りを叩き込む。

熊井はパワー殺法で押し切る事が出来ずに敗退。

 

f:id:LITTLEWING:20191124140025j:plain

f:id:LITTLEWING:20191124140030j:plain

f:id:LITTLEWING:20191124140323j:plain

f:id:LITTLEWING:20191124140328j:plain

樹緑 VS アナ は、試合前の口撃では完全にアナの勝利でしたけども

試合は予想以上の接戦に。

それでも、最後はわずかな経験の差が出たのか

終盤にアナがチャンスをものにして勝利。

  

優勝決定戦

RISING FINAL (2019/12/26まで)
神楽坂美樹 VS アナ・ペコリータ    

f:id:LITTLEWING:20191224184703j:plain

f:id:LITTLEWING:20191224184708j:plain

f:id:LITTLEWING:20191224203212j:plain

f:id:LITTLEWING:20191224203217j:plain

神楽坂 VS アナ は、2015年三期組の同期対決。

決勝前にもかかわらず、ある意味普段通りの自分を見せた両者ですが

神楽坂が前半優勢だったのに対し、アナはじっくり後半から反撃。

その反撃は終盤、ついに神楽坂を捉えて

アナが逆転優勝を果たしました。

f:id:LITTLEWING:20191230103156j:plain

 
    

参考記事
 

今度のヤンドラは予選無し?