広告

【リングドリーム】ヤンドラ杯一回戦を終えて(凶獣side)

f:id:LITTLEWING:20191110103658j:plain

f:id:LITTLEWING:20191110103718j:plain

f:id:LITTLEWING:20191110103723j:plain

f:id:LITTLEWING:20191110103727j:plain

ヤンドラ杯準決勝は、どちらもソニックファミリーVS凶獣の対決に。

出来る事なら、自身が勝ち進んで

熊井との同期対決を実現したかった紅葉ですが

先輩、アナの壁は高かったというか

フォークで刺されても本気の笑顔で向かってくるアナは

割とホラー入ってたというか

凶器に怯まないアナは紅葉にとっては相性が悪かったというか。

 

f:id:LITTLEWING:20191110103732j:plain

f:id:LITTLEWING:20191110104304j:plain

f:id:LITTLEWING:20191110104309j:plain

アナ戦のために英国王室御用達のフォークまで用意したんですが

残念ながらそれも功を奏しはしなかったようで。

ちなみにそのフォーク、箱詰めで送られてきたそうなんですが

その箱が高級お菓子のものとよく似ていたとかで

中身を確認してガッカリした熊井さんがいたとかいないとかw

f:id:LITTLEWING:20191110104741j:plain

f:id:LITTLEWING:20191110104748j:plain

f:id:LITTLEWING:20191110104754j:plain

f:id:LITTLEWING:20191110104758j:plain

ともあれ、こうなった以上は

熊井、樹緑の凶獣対決を優勝決定戦で実現させると。

そのためには、樹緑得意の悪知恵を使って

どんな勝ち方をしても良いから勝ち上がってこいと

「先輩命令」を持ち出してまで樹緑に指示。

まあ、樹緑としてもその命令に不満はないのですが

f:id:LITTLEWING:20191110105113j:plain

f:id:LITTLEWING:20191110105119j:plain

f:id:LITTLEWING:20191110105124j:plain

f:id:LITTLEWING:20191110105129j:plain

熊井のプレイスタイルに、樹緑のようなやり方は嫌いなのでは?

と思っていただけに

「どんな勝ち方をしてもいい」

と言われたのは正直意外だったようで。

もっとも、熊井からいわせれば

好んで力任せのスタイルを通しているわけではなく

それしか出来ないだけなんだと。

それに、卑怯な戦い方が嫌いだったら

そもそも紅葉とタッグ組めないじゃないかと。

 

とはいうものの、この前の試合のように

秋辺を動揺させるために親まで利用するというのは

熊井的にはNGだそうで、

そうなると

「どんな勝ち方をしてもいい」

というのもなんか怪しくなってくるような?

その辺り、当然樹緑は心配になってくるんですが

f:id:LITTLEWING:20191110125457j:plain

f:id:LITTLEWING:20191110125503j:plain

f:id:LITTLEWING:20191110125507j:plain

その場合は、優勝決定戦でぶっ飛ばすからとw

ひどいなこの先輩ww

でも、そんな理不尽?なやりとりも

なんかヒールらしくていいじゃないですか。

凶獣対決を実現させるためには

熊井、樹緑どちらも先輩越えを果たさないと実現出来ないですが

こんなやりとりを見ていると、応援したくなる気持ちも・・・?