広告

【リングドリーム】RISING REVOLUTION 6試合目 スパイダー菊池・南城蛍組VSブレイブ勇子・円陣光子組

f:id:LITTLEWING:20150601144236j:plain

RISING REVOLUTION セミファイナルは、タッグ王座決定戦の準決勝。

スパイダー菊池・南城蛍組VSブレイブ勇子・円陣光子組。

なおもう一方の準決勝は、友野が今回タイトルマッチのためまた後日の模様。

 

さて、光学勇者がここまで来ました!

姫小路・十両組を倒し、ライアン・シスターズまでも撃破。

そして今回立ちふさがるのは・・・凶獣の党首、スパイダー菊池と南城蛍!

f:id:LITTLEWING:20150601145327j:plain

f:id:LITTLEWING:20150601145334j:plain

f:id:LITTLEWING:20150601145338j:plain

f:id:LITTLEWING:20150601145342j:plain

FWWW旗揚げの際に、凶獣に稽古をつけてもらった勇者にとって、

菊池・南城組というのは特別な相手。

だから、タッグ王座準決勝という以前に

今のブレイブ勇子を、今のFWWWを見て欲しい!

そんな思いからなのか、円陣に力を貸して欲しいと願います。

f:id:LITTLEWING:20150601145347j:plain

f:id:LITTLEWING:20150601145352j:plain

f:id:LITTLEWING:20150601145358j:plain

だからその不安になる背景はやめろー!w(3度目

f:id:LITTLEWING:20150208144415j:plain対マーメイド塩味戦

f:id:LITTLEWING:20150415183030j:plain

対ブレイブ勇子戦

 

ライアン・シスターズ相手の時はなかったから、成長したなと思ってたのに!w

あ、でもこうして並べてみると、今回は表情からは不安が感じられないので

成長してるのは確かなんでしょうが・・・それでも不安は不安なんです!w

 

対する凶獣側ですが・・・

f:id:LITTLEWING:20150601150538j:plain

f:id:LITTLEWING:20150601150543j:plain

f:id:LITTLEWING:20150601150547j:plain

f:id:LITTLEWING:20150601150552j:plain

f:id:LITTLEWING:20150601150558j:plain

f:id:LITTLEWING:20150601150602j:plain

f:id:LITTLEWING:20150601150607j:plain

菊池さん、マジかっけぇ!!

もちろん南城も、最難関の壁として勇者の前に立ちふさがります!

いいね!こういうノリ最高だね!

こういう格好良さは、まさにヒールならではですよね!

 

そして、今回のコメンテーターは白面さんで、

勇者が凶獣に稽古をつけてもらっていたことを明かします。

しかし、実は凶獣側も感慨深いのでは?という白面さん。

f:id:LITTLEWING:20150602145724j:plain

f:id:LITTLEWING:20150602145728j:plain

f:id:LITTLEWING:20150602145733j:plain

勇者の前に立ちふさがる魔王とかいってノリノリでしたもんね!w

まあでも、今回は菊池さんの言うように

「悪ぃが、コンティニューしてきてくれ。」

と。凶獣支援です!

 

そして試合の方ですが・・・想像以上のワンサイド。

凶獣圧倒的優勢。これは4-0で行ってしまうのでは?と思ったんですが

ニコだけは逆にFWWW側が大幅リード。

とはいえ、このままでは3-1はほぼ確定・・・

ところが、100万は差があったと思われるmixiで何やら動きが。

その差がどんどん縮まっていき、気がつけば大接戦!

そして・・・終了間際にはついに逆転!

2-2のpt勝負にまで持ち込むことに成功しました!

この追い上げはホントすごいね・・・。

 

まあ、ptではハンゲで300万、ヤバゲで600万もの差がついていたため、

結局凶獣の勝ちは揺るがなかったんですが、

3-1で終わるのと2-2で終わるのとでは

今後の展開が違ってくる可能性ありますからね。

コンティニューどころか、

ふっかつのじゅもんがちがいます」で挫折する可能性だってあったんだしw

そういう意味では、FWWWの今後に望みを繋いだ

mixi勢大健闘だったんじゃないでしょうか。

 

ただ今回、光学勇者が結局タッグで何の実績も残せなかった、

みたいな事を言ってる人を見かけましたが、

ライアン・シスターズ、
海外ではタッグチャンプだからね?

彼女らを倒したというのは、タッグの実績としては十分すぎると思うんですよ。