広告

【リングドリーム】諦めない勇者、吸血鬼の決心

6.4 菊池・南城組VS勇者・円陣組。試合は完全な凶獣ペース。

 

f:id:LITTLEWING:20150608133036j:plain

f:id:LITTLEWING:20150608133042j:plain

そこへ勇者がエクスカリバーで救援!

しかし、それを菊池の蹴りが迎え撃つ!!

相打ちとなって動きが止まったところを南城のニールキック、

しかもかかとが勇者の顔面に突き刺さる!!

f:id:LITTLEWING:20150608133311j:plain

f:id:LITTLEWING:20150608133319j:plain

f:id:LITTLEWING:20150608133325j:plain

もう結果は見えていると、立ち去ろうとした2人。

しかし・・・勇者はまだ死んではいなかった。

渾身のエクスカリバーでぐらつく菊池。

そこを円陣が幻の地獄車で襲いかかる!!

南城がヘッドバットを勇者にかますも、勇者も引かずにヘッドバット

これだけ圧倒されながらもまだ試合を諦めない光学勇者に会場はヒートアップ!

f:id:LITTLEWING:20150608133756j:plain

f:id:LITTLEWING:20150608133823j:plain

f:id:LITTLEWING:20150608133830j:plain

f:id:LITTLEWING:20150608133834j:plain

そして菊池の膝、膝、膝!容赦の無い膝連打!!!

f:id:LITTLEWING:20150608134128j:plain

f:id:LITTLEWING:20150608134132j:plain

f:id:LITTLEWING:20150608134137j:plain

f:id:LITTLEWING:20150608134145j:plain

試合そのものは、凶獣が最後まで優勢なまま進めて勝ちを収めたものの、

驚異的な粘りを見せた勇者に驚きを隠せないヴァンプ。

 

やっぱりこういう試合展開を見せてくれると盛り上がりますね!

ptでは大差がついたものの、

3-1から終了間際の追い上げで2-2にまでもっていった点を

この「諦めない勇者」という形で表現してくれた、というところでしょうか。

 

そして、その姿を見て負けられないと強く思うヴァンプ。

それは、かつて一方的に蹂躙した相手として見下すのではなく

自分の前に立ちはだかる強敵として勇者を認めたということ。

この2人が激突する決勝戦、今から楽しみですね!

 

そして、おそらくはその興行でのセミファイナルになるであろうカードが

f:id:LITTLEWING:20150608140317j:plain

f:id:LITTLEWING:20150608140321j:plain

f:id:LITTLEWING:20150608140327j:plain

両陣営のナンバー2、ナンバー3のタッグに決まりそう。

>トパーズや塩味がパートナーだと

元が3位決定戦だったものが必要以上にビッグマッチになってしまうので

若手をパートナーにしての試合の方が可能性ありそう?

と以前の記事で書いてたんですが、円陣からしてみれば

巻き込む気満々なのだから、それが若手では心許ない・・・ってことでしょうか。

ただ・・・円陣にトパーズのコントロール・・・できるの?w

試合前インタビューとか今から不安で仕方ないんですがww

 

でも、両陣営のトップ3をセミファイナル、メインで使ってしまうと

残り5試合どうすんのよ?という問題も。

前回のように、FWWW興行、東女興行同日開催とすれば

ヤンドラ杯の予選やら凶獣若手No.1決定戦決勝とか、タッグ王座準決勝とか

あわよくば、えり子VSいろりやこがね・夢原VS石狩・シュバルツとかも・・・

って、東女側に回収しなければならない試合がてんこ盛りなので

もう同日開催でいいんじゃないかなという気にw