広告   

【リングドリーム】RISING VERSE 3試合目 スパイダー菊池 VS シュバルツ・ネーベル

f:id:LITTLEWING:20170528163741j:plain

「RISING VERSE」3試合目は、2試合目に続いての世代闘争。

ディアナと共にニューリーダー最後の砦であるシュバルツに

菊池というナウリーダーの壁が立ちはだかります。

 

f:id:LITTLEWING:20170528164023j:plain

f:id:LITTLEWING:20170528164029j:plain

f:id:LITTLEWING:20170528164039j:plain

この前の煽りVで、

姫小路が世代闘争を「今日で終わらせる」といった事に対し

さすがは女帝直下の筆頭と褒め称えた上で

今日終わるのは世代闘争ではない、

ニューリーダー劣勢という状況だと返すシュバルツ。

 

f:id:LITTLEWING:20170528164045j:plain

f:id:LITTLEWING:20170528164050j:plain

そして、菊池を倒した暁には

「打倒神崎」の夢を改めて宣言することを誓います。

 

f:id:LITTLEWING:20170528164056j:plain

f:id:LITTLEWING:20170528164101j:plain

キャリアではずっと上の存在である菊池に対しても

一歩も引くつもりはないシュバルツ。

全身全霊で菊池をぶっ飛ばすと叫びます。

 

f:id:LITTLEWING:20170528165033j:plain

f:id:LITTLEWING:20170528165044j:plain

それを聞いた菊池はというと

その方がぶちのめし甲斐があるとむしろ歓迎ムード。

 

f:id:LITTLEWING:20170528165149j:plain

f:id:LITTLEWING:20170528165155j:plain

f:id:LITTLEWING:20170528165200j:plain

ただ、世代闘争に関しては

今日の「のってる姫小路」にディアナが勝てるとは思わないし

それはシュバルツ、吉井についても同様。

だから大きな戦は今日で終わりだと。

つまり、シュバルツが夢を語る場などこの後にはないと言い切ります。

f:id:LITTLEWING:20170528165205j:plain

f:id:LITTLEWING:20170528165211j:plain

そして、その夢は自分がゆっくりとだが叶えてやるからと。

 

「打倒神崎」とハッキリ言ったわけではないですが

女帝直下以外がこの話に触れてくれたのも久しぶりな気がします。

でも、麗がそれを目指していない以上、

最有力はやはり、凶器でとはいえ

一度勝利をもぎ取っている菊池でしょうからね。

 

そんな両者をコメントするのは

先日のタッグ戦で勝利して、

ナウリーダー上位陣への挑戦権を得たばかりのハミング。

・・・なんですが

f:id:LITTLEWING:20170528170622j:plain

大きな戦が終わった後はただの残党狩りだ、

みたいなことを菊池が言ったために

自分が残党扱いされたと 「俺の怒りが有頂天」状態のハミング。

ただ、それでも菊池の方が強いという事実は否定しようがなく

f:id:LITTLEWING:20170528170856j:plain

シュバルツでも勝率は10%くらいだろうというハミング予想。

しかし、ここから話がおかしな方向に・・・

f:id:LITTLEWING:20170528171209j:plain

f:id:LITTLEWING:20170528171215j:plain

タッグで負けた霧島の無念を背負い

2人分の気力がある今なら勝率は2倍の20%に。

f:id:LITTLEWING:20170528171222j:plain

f:id:LITTLEWING:20170528171228j:plain

厳しい逆境で女は強くなるということから

普段の2倍厳しいこの環境なら勝率は更に2倍で40%に。

f:id:LITTLEWING:20170528171236j:plain

f:id:LITTLEWING:20170528171241j:plain

f:id:LITTLEWING:20170528171249j:plain

ウ〇ーズマンそれで負けたじゃんよw

ただまあ、こう言いたくなる気持ちはわからなくもないというか。

シュバルツさん、タッグではKASUMIで大活躍してるけど

シュバルツ・ネーベル 0-3
× 姫小路由樹 VS シュバルツ・ネーベル 後日談  
× 雪女VSシュバルツ・ネーベル    
× 麗雫VSシュバルツ・ネーベル    

シングルでは今のところ全敗なんですよね・・・。

相手が相手なので仕方ないと言われればそれまでなんですが

今回の相手はその「仕方ない」に分類される方ですしね(^^;;

スパイダー菊池 4-1
× スパイダー菊池VS麗雫(TWPシングル) 後日談  
○ スパイダー菊池 VS 一ノ瀬栞(TWPシングル) 後日談  
○ スパイダー菊池 VS 滝沢泉(TWPシングル) 後日談  
○ スパイダー菊池 VS 姫小路由樹(TWPシングル) 後日談  
○ 麗雫 VS スパイダー菊池(TWPシングル) 後日談  

そして、菊池のシングル戦績はといえば

5戦ともすべてタイトルマッチで、負けたのは麗相手に一度のみ

という凄まじい戦績。

(※最初にベルト獲られた時は7連戦というシステムがなかったので)

 

そんな、データ上でも不利な状況のシュバルツ、

「夜の凶獣」を警戒してもいるのか序盤から飛ばしていきます。

ニコが早々に差をつけていき、mixiもそれに加勢。

2PFでどんどん差が広がっていく展開に。

ハンゲは菊池優勢で、ヤバゲも他2PFほどの差は無いため

2-2に持って行く事は十分可能なんですが

いかんせんその2PFの差が大きすぎた。

最終的にはmixi1900万、ニコ1400万もの差があったので

この差はさすがにどうにもならず

結果、僅差で競っていたヤバゲも取られて3-1でシュバルツの勝利に。

先のディアナに続いてニューリーダー2連勝となりました。

 

これで、シュバルツも麗への挑戦権を得られたわけですが

それよりもまずは祝、シングル初勝利!ですかねw

そして、シングルでついに麗以外の相手に黒星を喫した菊池。

以前はタッグで負けた後、

凶獣VS女帝直下へと移行したわけですが

今回は菊池の敗北によって

どう話が動いていくのか気になるところですね。

広告を非表示にする