広告   

【リングドリーム】SEVEN DAYS HOLY NIGHT 7試合目 スパイダー菊池 VS 麗雫

f:id:LITTLEWING:20161228151019j:plain

「SEVEN DAYS HOLY NIGHT」7試合目はTWP世界無差別級選手権。

スパイダー菊池4度目の防衛戦は、麗雫との三度目の対決となります。

 

f:id:LITTLEWING:20161228151043j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228151048j:plainf:id:LITTLEWING:20140627000107j:plain

 一度目の対決は、菊池のタイトルマッチ三連戦。

その一番手、要は捨て石扱いとして菊池に挑んだ麗は

菊池の猛攻をひたすら耐え続け、

焦り始めたところを逆転勝利で新王者に。

 しかし、当時の実力差を考えると

「まぐれだったのでは?」

と思うのも致し方ないところであり

そんな声はなかなかなくなりませんでした。

それでも、野々村、ヴァンプ、ソニックと倒していく内に

もうまぐれだと言う人はいなくなり

麗自身も王者に相応しい実力を身につけはじめた頃

ついに菊池との再戦が決定。

その後、友野、南城相手に更に防衛記録を伸ばし

二度目の対決に。

f:id:LITTLEWING:20151211182651j:plain

しかし、二度目の対決は菊池がリベンジに成功。

ベルトを取り戻します。

f:id:LITTLEWING:20151219124045j:plain

ただ、これで1勝1敗になっただけで

「振り出しに戻っただけだ」という菊池。

この時点で既に三度目を考えていたわけですが

麗が王者として足場を固めてから再戦したように

自分もまずは足場を固めたいと。

そして、姫小路、滝沢、一ノ瀬を相手に防衛。

本来なら、もう一つ挟む予定だったものの

会社の意向により、

此度ついに三度目の対決を迎える事となりました。

 

f:id:LITTLEWING:20161228182445j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228182449j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228182453j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228182457j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228182501j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228182505j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228182510j:plain

大舞台での試合は実に1年ぶり・・・菊池との試合以来となる麗。

その久しぶりの緊張感を肌で感じつつも

それを好ましく思っている様子。

そして、レジェンド・・・井上さんを送り出すために

最高で最強の試合をしよう、と。

f:id:LITTLEWING:20161228183037j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228183041j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228183046j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228183051j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228183056j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228183101j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228183105j:plain

しかし、そんな麗の言葉に対して

リングは去りゆく誰かのためのものじゃねえ。

現役である私らのもんだ。

「私のリング」だ、とあえて強調。

そう否定しつつも、

「老兵は安心して去れ」と言う辺りは

やはり意識はしているのでしょうが。

 

この両者の対決ももう三度目ということもあり

コメントで語るような事も出尽くした感があるので

コメンテーターとして呼ばれた姫小路ですが

f:id:LITTLEWING:20161228183822j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228183913j:plain

井上さんのために戦うのもいいけれど

第一は「自分のため」に戦って欲しいと。

2人にエールを送ります。

f:id:LITTLEWING:20161228184613j:plain

f:id:LITTLEWING:20161228184617j:plain

井上さんの引退セレモニーのこととか考えなくていいから

すべての力を出し切って欲しい、と。

(言い方はどうかとも思いますがw)

 

そんな言葉を聞いたから、というわけではないでしょうが

昨年同様、いや昨年以上に最初から飛ばしていく麗。

昨年はハンゲだけは最初から菊池が抑えていましたが

今回はいきなり4-0で試合は進みます。

そして大きな動きもなく24時間経過。

いつもであれば、ここで「夜の凶獣」発動となるのですが

今回はそれ以上に麗陣営の層が厚すぎた。

ヤバゲに至っては最終的に700人近く差がありましたからね。

この人数差の前には、さすがの菊池もひっくり返す事は出来ず。

いや、終盤ニコでひっくり返した時間帯はあった のですが

それもすぐに取り返されて、結局4-0でフィニッシュ。

f:id:LITTLEWING:20161229182832j:plain

麗、王座に返り咲きとなりました。

 

今回、ヴァンプ、麗共に約1年ぶりの大舞台で

どちらも戴冠という結果となったわけですが

1年寝かせれば誰もが勝てる、というわけではないと思います。

が、この2人にとっては1年寝かされた事が

支援する人達の起爆剤となり、大差での決着となりました。

この点については既に色々言われているようなので

ここでこれ以上掘り下げるつもりはないですが、

(※運営への文句は直接運営へ)

選手が増えていく一方のこの世界では

ベルトに絡んでいない選手の出番というのは

今後より厳しくなるのだろうな・・・とは思います。

 

ただ、ここで気になるのは

本来麗の前に菊池が戦うはずだったソニックの存在。

王者が代わったので、それじゃあ麗と・・・なんて

簡単にはいかないと思うのですが

「リベンジマッチではリベンジが成功しやすい」

という、ここ何回かの前例をふまえると、

これはこれで面白いカードなんじゃないかな?とも。

 

ともあれ、来年どんな挑戦者が現れるのか

楽しみに待つこととします。

それでは皆さん、良いお年を・・・。

広告を非表示にする