広告   

【リングドリーム】姫小路の意外?な一面

f:id:LITTLEWING:20160611011911j:plain

f:id:LITTLEWING:20160611011838j:plain

先日行われたタイトルマッチ、菊池VS姫小路の展開について

姫小路自身の口で語ってくれます。

 

さながら対スタン・ハンセンのラリアット封じの如く、

徹底的に腕を封じる作戦に勝機を見いだした姫小路。

実際、菊池をつかまえ組み伏せることで

毒蜘蛛の脚をもいでいったはずでした。

しかし・・・

 

f:id:LITTLEWING:20160611012420j:plain

姫小路が軸足に体重をかけたまさにその瞬間、

その瞬間を待っていた菊池、渾身のローキック!

そこから姫小路は次第に足を殺され・・・結果はご存じの通り。

 

f:id:LITTLEWING:20160611012910j:plain

f:id:LITTLEWING:20160611012914j:plain

f:id:LITTLEWING:20160611012918j:plain

f:id:LITTLEWING:20160611012922j:plain

そんな自分の敗戦を、さも嬉しそうに語っているように見えるわけですが

「なら良かった」

その一言で、ああ・・・そうか、と。

f:id:LITTLEWING:20160611104814j:plain

f:id:LITTLEWING:20160611104817j:plain

f:id:LITTLEWING:20160611104831j:plain

みんなの前では嬉しそうにしてたけど、

やっぱり泣くくらい悔しいという思いもあったんだな・・・と。

そりゃあそうですよね。

負けて悔しいと思わないような人が

やっていけるような世界じゃないでしょうし。

しかもそんな世界のトップを競う試合だったのですから。

でも、姫小路由樹というレスラーは

決して弱音を吐いたり、人前で泣くようなキャラではないから

気丈に振る舞っていたと。

なんていうか、姫小路の意外な一面が見られて

負けたとはいえ株自体は上がったんじゃないでしょうか?

 

f:id:LITTLEWING:20160611110633j:plain

あと・・・榎下が敵討ちは・・・できるかわからないけどガンバレ!w

 

 

【当記事とは関係ない連絡事項】

旧メンテ子さんの名字をこれまですべて「校條」と書いていましたが

正しくは「校条」であり、過去記事の該当箇所を修正しました。

ご指摘ありがとうございました。

広告を非表示にする