広告

【リングドリーム】RISING ALTAIR 5試合目 紅蓮篤美 VS ラヴァーズ井ノ瀬

f:id:LITTLEWING:20180313215554j:plain

「RISING ALTAIR」5試合目はセヴンスター選手権試合。

3度目の防衛戦となる 紅蓮篤美に

ラヴァーズ井ノ瀬が挑みます。

 

青コーナー ラヴァーズ井ノ瀬

f:id:LITTLEWING:20180313221033j:plain

いやホントにね(^^;;

セヴンスターの出番というだけでなく、

7連戦やワンマッチのカードでも最後に登場したのが

井上さんとのハンデキャップマッチですからね。

本当にご無沙汰でしたw

f:id:LITTLEWING:20180313222202j:plain

f:id:LITTLEWING:20180313222208j:plain

そんなお久しぶりの井ノ瀬、

最初のウチはいつもと変わらない

ちょっとふざけた感じで進めるわけですが

f:id:LITTLEWING:20180313222331j:plain

f:id:LITTLEWING:20180313222336j:plain

ここでまさかの「正面からいく」宣言。

とはいっても、もちろんかけひきはするし

手練手管も駆使するつもりではあるけれど

ようは真面目にベルトを獲りに行くという井ノ瀬なりの決意。

f:id:LITTLEWING:20180313222759j:plain

f:id:LITTLEWING:20180313222804j:plain

いつもの井ノ瀬のスタイルから、たとえかけ離れていようが

なりふり構わずに勝ちに行くということなんでしょう。

井ノ瀬の気合いの入りっぷりがうかがえます。

 

赤コーナー 紅蓮篤美

f:id:LITTLEWING:20180313223000j:plain

f:id:LITTLEWING:20180313223005j:plain

f:id:LITTLEWING:20180313223014j:plain

そんな「泥臭い井ノ瀬」を楽しみにしているといいつつも

勝つのは自分だと言い張る紅蓮。

 

f:id:LITTLEWING:20180313223024j:plain

f:id:LITTLEWING:20180313223035j:plain

f:id:LITTLEWING:20180313223041j:plain

そして、ついに紅蓮の満期の時期が明らかに。

当然、紅蓮としてはそれを狙うわけですが

その場合、最後の相手となるのが

1年前にギブアップ負けを喫した幌多。

今からリベンジする気満々の紅蓮ですがはたして・・・?

 

解説および試合

コメンテーターは、ついさっき名前が挙がったばかりの幌多。

f:id:LITTLEWING:20180313223916j:plain

その幌多の第一声がこれ。

自分なら、目の前の試合だけでいっぱいいっぱいだということから

出たコメントですが

f:id:LITTLEWING:20180313224213j:plain

f:id:LITTLEWING:20180313224222j:plain

果たしてそれは自信のあれわれなのか、

はたまた自分を追い込むためなのか?

ただ、試合予想としてはやはり井ノ瀬の方が厳しいだろうと。

紅蓮がまっとうな強さで存在感を示す「正統派」なだけに

今回の井ノ瀬や、前回の園原のような

強さとは別のところで存在感を示すタイプには厳しいのではとの幌多談。

 

ちなみに、紅蓮が今回で3度目の防衛戦であることは冒頭で触れましたが

これまでのセヴンスターで4試合行っている選手は

ルシフェル美香 3-1
× ルシフェル美香VSキャシー・ホワイト 後日談  
○ ルシフェル美香 VS アイアン羽左間 後日談  
○ ルシフェル美香 VS 伊勢屋空歌 後日談  
○ 星空こがね VS ルシフェル美香 後日談  
メトロン赤井 3-1
× メトロン赤井 VS 赤津ちか 後日談  
○ メトロン赤井 VS 原田みちる 後日談  
○ メトロン赤井 VS 都坂ユーリ 後日談  
○ カーボン乗杉 VS メトロン赤井 後日談  

今回の紅蓮以外ではルシフェルと赤井。2名だけだったりします。

そう、満期返上した一箭も4試合は行っていないのです。

それだけに、ここ最近の勢いを感じずにはいられない紅蓮。

 

ラヴァーズ井ノ瀬 0-2
× ブラッディ井上 VS スパイダーキッズ[ワンマッチ]    
× 凶獣若手決戦8人タッグ    

対して、井ノ瀬の方はというと

7連戦、ワンマッチでは本当に出てないんですよね。

シングル自体今回が初めてというくらいですし。

データ面からも、井ノ瀬の苦戦は必至と言わざるを得ませんが、

実際試合はどうなったかというと・・・

やはり紅蓮が一方的に攻める展開に。

7-0が多かったというよりは

最初からずっと7-0で、正直そのまま終わるんじゃないかと思っていたんですが

ここでも7-0だけは避けようと井ノ瀬を踏みとどまらせます。

残り2,3時間というところでmixiをひっくり返して

なんとかワンサイドは免れての6-1で終了。

 

紅蓮に冷却期間があったことで攻め込む隙があるのでは?

と思いきや、それでも勢いの差は歴然でした。

次はいよいよセヴンスターでは初となる4回目の防衛戦。

これを守り切って満期返上となるのか?

それとも、今度も幌多が紅蓮を降すのか?