読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】RISING VICTORY 6試合目 星空こがね VS ルシフェル美香

f:id:LITTLEWING:20160726152908j:plain

「RISING VICTORY」セミファイナルはセヴンスター選手権試合。

王者であり、創設者でもある星空こがねに対し

2009年二期組最初の挑戦者、ルシフェル美香が挑みます!

 

f:id:LITTLEWING:20160726153514j:plain

f:id:LITTLEWING:20160726153519j:plain

f:id:LITTLEWING:20160726153522j:plain

f:id:LITTLEWING:20160726153526j:plain

f:id:LITTLEWING:20160726153529j:plain

f:id:LITTLEWING:20160726153534j:plain

f:id:LITTLEWING:20160726153538j:plain

っていうか

あの後も塩入れ続けたんかいっ!(^^;;

しかも3倍とか・・・菊池さん、よく顔に出なかったな。

むしろそっちに驚きを隠せないわけですがw

でも、さすがに気づいていないはずがないと察してはいるようで

たぶん予定よりも相当追い詰められているのではないかと

思えてしょうがないんですが

f:id:LITTLEWING:20160726153541j:plain

一応、「初犯」の時に勝てば半殺し、負けたら全殺しと言ってましたけど

3倍までやってしまったら・・・勝っても半殺しでは済まないかも?(^^;;

 

f:id:LITTLEWING:20160726154106j:plain

f:id:LITTLEWING:20160726154110j:plain

それを聞いたこがね、

まあ当然何のことだかわけわかんないですよねw

でも、ルシフェルが本気なのは察したようで

そんな本気には自分も本気で応えると。

それはまあいいんだけど・・・

f:id:LITTLEWING:20160726154446j:plain

f:id:LITTLEWING:20160726154452j:plain

f:id:LITTLEWING:20160726154455j:plain

まあ、そんな反応になりますよねw

でも、それは分け合うべきではないと思いますよ?(^^;;

 

そんな感じで、

なんだか「ルシフェル塩騒動」に全部持って行かれた感がありますが

コメンテーターは次回挑戦者である伊勢屋。

f:id:LITTLEWING:20160726155454j:plain

f:id:LITTLEWING:20160726155458j:plain

単純な能力比較なら9-1でこがねだということですが

戦い方が素直すぎる事を考慮して、

インサイドワークならルシフェルが一枚も二枚も上手だと。

f:id:LITTLEWING:20160726155503j:plain

f:id:LITTLEWING:20160726155507j:plain

更に、「セヴンスターは誰も防衛に成功したことがない」というジンクスを加味。

 

これまでのセヴンスター選手権試合を並べてみましたが

初代:友野なるみ 初防衛戦でハミングに敗北

2代目:ハミング野草 初防衛戦で中津井に敗北

3代目:中津井珠樹 初防衛戦で崖ノ下に敗北

4代目:崖ノ下椿 初防衛戦でこがねに敗北

と、ものの見事に誰も防衛できていないわけで。

f:id:LITTLEWING:20160726155513j:plain

それらすべてを考慮した結果、6-4でこがねというのが伊勢屋の結論。

もちろん、同期に勝って欲しいという願望も込みということですが。

こがねとしては逆に、ここらでそのジンクスを打ち破りたいところではあります。

 

そんな両者の戦い、下馬評通りこがね優勢・・・かと思いきや

折り返しの段階でまさかのルシフェル4-0。

これは正直想定外でした。

ルシフェルワンサイド状態はそこからしばらく続きますが

それがようやく崩れたのは、終了6時間前あたりのニコ。

ここからニコは順調にこがねがptを稼ぎ、300万以上にまで広げます。

更に、mixi、ハンゲも2時間を切ってから逆転。

これは土壇場でこがね3-1勝利か?

しかし、ルシフェルもこのまますんなり終わらせてはくれません。

mixiで再度ひっくり返し、

更には300万あったニコでの差をじわじわと縮めてきます。

ここまで話題にしなかったヤバゲが実のところ、

200万以上の差でルシフェル優勢でした。

ただ、ニコでの差が300万あれば、

仮に2-2でもこがね勝利・・・そう思っていたのですが

ここでその貯金が切り崩されたわけで。

こうなると、本当に最後までどっちが勝つかわからなくなってきました。

そんな接戦、最後に制したのは・・・

f:id:LITTLEWING:20160727211119p:plain

2-2でのpt勝負となり、

約230万の差でルシフェル美香が新王者となりました!

ルシフェル塩騒動の影響がかなり大きかったのでは?

と思わなくはないですが

「こがねですら防衛出来ないのか」

というのが正直な気持ちです(^^;;

 

「たらい回しが前提のベルトなんて、価値も権威もない」

みたいな厳しい意見も見かけましたが、

セヴンスターって基本白熱した試合が多いですよね。

崖ノ下VSこがね戦だけはワンサイドでしたけど

それを除けばこれだけ良い試合ばかりを見せてくれるというのは

観客としてはセヴンスター選手権試合があるというだけで

観に行く価値あり!と思えるくらいの評価は得ているのではないか?

と思わずにはいられません。

f:id:LITTLEWING:20150624213243j:plain

そもそもの前提が、東女は団体として大きくなりすぎて

下の方にまでチャンスが回ってこないから

「頂点への架け橋となるベルト」という名目で作ったのがセヴンスターなので

権威はともかく、このベルトの存在意義は十分にあると思うんですよね。

ただ、ここまで来ると

「誰が最初に防衛出来るのか?」

というのはやはり気になるところ。

その防衛をきっかけに、一気に化ける!

・・・なんて可能性もゼロではないでしょうしね。

もっとも・・・ルシフェルがそうなるためには

これ以上何を犠牲にしたらいいのでしょうかw

広告を非表示にする