広告   

【リングドリーム】SEVEN DAYS RED MOON 6試合目 メトロン赤井 VS 赤津ちか

f:id:LITTLEWING:20170627182715j:plain

「SEVEN DAYS RED MOON」6試合目はセヴンスター選手権試合。

メトロン赤井3度目の防衛戦の相手は

2010年二期組最後の刺客、赤津ちか。

 

f:id:LITTLEWING:20170627183015j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627183158j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627183208j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627183217j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627183223j:plain

相変わらずのハイテンション赤津。

「赤」津と「赤」井で「赤」対決だと言ってはしゃぎます。

コスチュームは青だけど!w

などと、おバカは話をしていた赤津が一転、静かになります。

f:id:LITTLEWING:20170627183434j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627183441j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627183447j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627183455j:plain

赤井の相方である原田と同期であるということで

原田や赤井が影で頑張ってきたのを少しは知っているから

そんな頑張ってきた赤井とベルトを賭けて戦えることが

すごく嬉しいと屈託の無い笑顔で話す赤津。

 

f:id:LITTLEWING:20170627183502j:plain

でもそれはやめてあげてw

f:id:LITTLEWING:20170627183923j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627183931j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627183937j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627184005j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627184015j:plain

「汚れ仕事」として、裏でこっそり相手を仕留めてきた遊撃隊出身の赤井としては

ライトの当たる表舞台で、笑顔のまま相手を仕留めることの出来る赤津が

羨ましくもあり、恐ろしくもあったとか。

 

f:id:LITTLEWING:20170627184023j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627184031j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627184037j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627184042j:plain

遊撃隊時代なら、決して交わることの無かった相手。

なので、怖くもあるけど楽しみでもあるこの試合。

「最後は笑って握手」

という赤津の言葉に応えます。

なお、食事の件には触れませんw

 

そして、いつもならセヴンスターでのコメンテーターは

次に挑む選手がその役を引き受けるのですが

新妻が辞退したことで次の選手がまだ決まっていないため

コメントだけでも新妻がするということに。

f:id:LITTLEWING:20170627184703j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627184711j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627184720j:plain

で、勝敗予想なんですが、まあ普通に考えたら赤津でしょうと。

その根拠として挙げたのが赤津の身体能力。

プロレスで、トップロープに飛び乗るシーンとかありますが

大抵は手を使うか、助走が必要なわけです。

それはソニックでさえも、少しの勢いはないと飛び乗れないくらい。

しかし赤津は、3歩あればノータッチでトップロープに飛び乗れるというのだから

身体能力という面では赤井よりもかなり上、と言わざるを得ないでしょう。

・・・ただし、身体能力が上ならば勝てる

とは限らないのが勝負の世界。

f:id:LITTLEWING:20170627184727j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627184733j:plain

それは、新妻自身が身をもって味わった事で

「優勝候補の一角」として参加したヤングドラゴン杯。

ここで、新妻はこの当時はノーマークだったさわりに敗北。

しかもさわりはその後、他の優勝候補「全員」に勝利して

優勝という偉業を成し遂げます。

そういった経験から新妻が至った結論は

「天才」といわれるレベルの才能であっても

プロレスでは「長所」の一つに過ぎない、ということ。

結局、何が言いたいのかというと

f:id:LITTLEWING:20170627184740j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627184746j:plain

f:id:LITTLEWING:20170627184754j:plain

確かに、才能では赤津の方が遙かに上だろうけど

そんな赤津に目に物見せてやって欲しいと、

赤津の応援に来たはずの新妻がなぜか赤井にエールw

 

しかし、その才能の差はやはり大きかったのか

試合は赤津がペースを握ります。

ニコのみ、赤井が優勢で序盤は3-1の時間帯が続きますが

それも中盤では取り返されて4-0に。

このままワンサイドで終わってしまうのか・・・と思いきや

ここから赤井の反撃開始!

まずはニコを再度取り返して3-1に。

更に終盤、ハンゲも逆転して2-2に。

ニコでは約300人ほどの不利をものともせず

赤井側が大差を付けていることもあって、

2-2のpt勝負に持ち込むことが出来ればあわよくば・・・?

 

ただ、そう話はうまくいかないもので

ハンゲで赤津が再度逆転して3-1に。

そしてそのまま最後まで守り切り、3-1で赤津勝利

ヤングドラゴン杯では全くいいところのなかった赤津が

セヴンスターという次の舞台でようやく光り輝くことが出来ました。

もし、赤井のリデザが間に合っていたら・・・とは

正直思わなくもないですが、

これはもう、「返上まで行けたとしても間に合わない」

と先に言われてましたからね。こればっかりはしょうがない。

でも、赤井もリデザ自体は確定してますので

セヴンスターのタイトルを失った後も

活躍に期待をしたいところですね。

広告を非表示にする