広告   

【リングドリーム】RISING BLIZZARD 6試合目 ルシフェル美香 VS キャシー・ホワイト

f:id:LITTLEWING:20161129112738j:plain

「RISING BLIZZARD」6試合目はセヴンスター選手権試合。

王者、ルシフェル美香の3度目の防衛を

挑戦者、キャシー・ホワイトが食い止めることが出来るのか?

・・・っていうか、この試合セミファイナルじゃないのね(^^;;

(※メインイベントが第12試合なので、間に1試合あったようで)

 

f:id:LITTLEWING:20161129113347j:plain

f:id:LITTLEWING:20161129113352j:plain

f:id:LITTLEWING:20161129113356j:plain

f:id:LITTLEWING:20161129113400j:plain

f:id:LITTLEWING:20161129113404j:plain

何を言っているんだあなたはw

と言いたくなることろですが

ジャスティスとハミングが協力しての猛特訓、

それは、キャシーの髪の色が少し抜けるくらいの

激しい内容だったとは既に語られていましたけども

まさか〆に人間大砲なんてやるとは思わないじゃんね(^^;;

f:id:LITTLEWING:20161129113852j:plain

f:id:LITTLEWING:20161129113857j:plain

マークIIなのに白いだなんて・・・

そんなにティ〇ーンズカラーはお嫌ですか(そういう話じゃない

ともあれ、心身共に鍛え上げられてきたキャシー。

対する王者、ルシフェル

f:id:LITTLEWING:20161129114235j:plain

f:id:LITTLEWING:20161129114239j:plain

f:id:LITTLEWING:20161129114243j:plain

そのきっかけというのは、

おそらくハミングに言われた事・・・なんですかね。

f:id:LITTLEWING:20161129114428j:plain

f:id:LITTLEWING:20161129114432j:plain

f:id:LITTLEWING:20161129114436j:plain

f:id:LITTLEWING:20161129114441j:plain

そして、そのことをきっかけに

自分も特訓を行ったというルシフェル

もちろん、サンモニのようなロマン特訓ではなく

普通に上の人達にしごいてもらったというもの。

先の記事であった、

やれることはなんでもやったというルシフェルに対して

「菊池との特訓は結果的にしごかれただけだよね」

なんてツッコミがちらほらあったものですが

今回はちゃんと自主的にしごいてもらったと。

その結果がこの変貌ということなんですかね。

正直ビックリしました(^^ゞ

 

そして今回のコメンテーターはというと、

セヴンスターでは普段は次期挑戦者がコメントするのですが

どちらが勝つかで次の挑戦者も変わるということで

今回は初代王者の友野が行う事に。

ちなみに

f:id:LITTLEWING:20161129123115j:plain

f:id:LITTLEWING:20161129123119j:plain

キャシーが勝てば、次の挑戦者は一箭が

ルシフェルが勝てば、2010年一期組の誰かが

次の挑戦者になります。

(っていうかユーリさんここだったのね)

f:id:LITTLEWING:20161129123344j:plain

f:id:LITTLEWING:20161129123348j:plain

「美香までも」かな?

それはともかく、友野のこのコメントは

まさに私達の気持ちを代弁してくれたんじゃないでしょうか。

で、肝心の戦力分析なんですが

f:id:LITTLEWING:20161129123554j:plain

 これまで接点がなかったことに加え、

この変わりようで〆が「人間大砲」ですからねw

f:id:LITTLEWING:20161129123742j:plain

f:id:LITTLEWING:20161129123745j:plain

 それでもわかる範囲内で解説するなら

手堅いルシフェルと大味なキャシーということで

相性的にもルシフェル有利なのではないかと。

ただし

f:id:LITTLEWING:20161129124001j:plain

f:id:LITTLEWING:20161129124006j:plain

「人間大砲」がどうなのかはともかく、

特訓によってテンションがあがった、調子に乗った選手というのは

動きが読めなくなったり

決め技を喰らってもすぐ起き上がってきたりと

とにかく理屈が通用しなくなるので

そんな相手のペースに乗せられるとわからなくなるんじゃないかと。

逆に言えば、相手に乗せられたりせず

常に自分のペースで試合運びが出来れば

基本的にはルシフェルが勝つのではないかという友野予想。

 

まあ・・・特訓云々については

友野の経験談でもあるんでしょうね。

「サンモニの」特訓ではなかったけど、

セヴンスターで特訓といえば、

やはりハミングが印象に残っていますし。

 

それはさておき、試合の方ですが

ヤバゲは終始キャシーがリードで最後まで動く事はありませんでした。

逆にハンゲは序盤こそキャシー優勢の時間もありましたが

それ以降はずっとルシフェル優勢で動かず。

 

こうなると、残り2PFでの勝負となるわけですが

序盤はニコをキャシーが、mixiルシフェルが抑えて五分の勝負。

しかし、中盤ニコをルシフェルがひっくり返して3-1になり

このままルシフェルが防衛するのか?

と思いきや、残り3時間あたりでmixiキャシー逆転。

 

これで再度2-2の振り出しになったのですが

ここから更にキャシーが攻めます。

ニコでもキャシーが再逆転!

こうなると、mixiで約500人、ニコで約400人も多い

キャシーサイドはどんどん差を広げていきます。

戦いは数だよ!」といわんばかりに。

結局そのままキャシーが逃げ切って3-1での勝利。

セヴンスター新王者となりました。

ルシフェルは残念ながら、井上引退興行に華を添える事は出来ず。

そして、キャシーが勝ったことで

次の挑戦者は一箭ということに。

 

既に諦めていたセヴンスターへの挑戦権が

思わぬ形で降ってきたわけですが

2009年組最後の戦い、果たしてどちらが栄冠を手にするのか?!

広告を非表示にする