広告   

【リングドリーム】SEVEN DAYS DIAMOND 5試合目 ルシフェル美香 VS 伊勢屋空歌

f:id:LITTLEWING:20160912210342j:plain

「SEVEN DAYS DIAMOND」5試合目はセヴンスター選手権試合。

チャンピオン、ルシフェル美香に

滝沢組から伊勢屋空歌が挑みます。

 

f:id:LITTLEWING:20160912212638j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912212642j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912212646j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912212650j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912212653j:plain

どんな時でも平常心を心がけているので、

心拍数は上がっていても表情には出さず、

いつも通りに試合をするだけ・・・と自分の事に対してはそっけない伊勢屋。

しかし、もし自分が勝てたら

他団体でのデビューだったために挑戦権を持たない

一箭にもチャンスを与えてやって欲しいと。

 

対して、王者ルシフェル

f:id:LITTLEWING:20160912214032j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912214037j:plain

自分が勝つので、一箭の事をお願いしても無駄だとまずは一蹴。

 

f:id:LITTLEWING:20160912214042j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912214049j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912214054j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912214058j:plain

そして、このベルトは防衛して初めて価値のあるベルトになるんだと言い

その初防衛の選手として自分の名前を刻むんだとあくまでも強気な発言。

今回はさすがに菊池さんへの悪戯とか、

身を削るまでの願掛けは不要ってことですかね?w

 

そんな両者にコメントするのは、次期挑戦者であるアイアン羽左間。

f:id:LITTLEWING:20160912214700j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912214704j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912214710j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912214718j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912214722j:plain

ナニの話をしてるんですかww

さすがにこれは「試合の予想をしてくれ」とツッコミが(^^;;

f:id:LITTLEWING:20160912214913j:plain

すると、羽左間の好みとか関係なくルシフェルが勝つだろうと。

伊勢屋は職人肌のレスラーだけど、ぶっちゃけ並で

弱点は特にないが、これといった強みもないと。

反面、ルシフェルにはこがねに勝ったという自信と勢いがある。

f:id:LITTLEWING:20160912215233j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912215240j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912215244j:plain

前回のセヴンスター時の勝敗予想で、

「セヴンスターは防衛できない」というジンクスも加味して

6-4でこがね、という予想を伊勢屋がしていました。

で、羽左間もそれにならって加味した上での予想を言うわけですが

伊勢屋の勝てる確率は1%と、思い切った数値を出してきました。

 

f:id:LITTLEWING:20160912215400j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912215404j:plain

しかも、予想が外れたらセクハラ断ちするとまで。

 

f:id:LITTLEWING:20160912215408j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912215412j:plain

もっとも、内心はこんなんだったわけですがww

 

そんな羽左間の百面相はさておき、

真面目な話今回は、両陣営の温度差がかなりあるように見えました。

ルシフェルは、菊池に後で殺される(比喩ですよ?)覚悟をしてまで獲った

セヴンスターのベルト、是が非でも初防衛して名前を刻みたい!

という想いを感じますが、

伊勢屋はというと、自分が勝ったらという前提とはいえ

一箭にチャンスをやってくれと。

仲間を思いやる気持ちが悪いとはもちろん言いませんが

タイトルマッチで自分の事二の次なのはちょっとなぁ・・・

と思った次第で。

 

f:id:LITTLEWING:20160912212710j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912212714j:plain

f:id:LITTLEWING:20160912212717j:plain

今から3年前、「限界突破2~乗り越えろ、才の壁~」の際に

ここまで言っていたのに、結局変わってないんじゃないか?と。

それに関しては「仲間のために」必死になってる、

という見方もあるかもしれないですが、

個人的には今回の伊勢屋は感情移入しづらいかなぁと。

 

そもそもこういう場合、一箭が自分で名乗りを上げるべきなんですよね。

f:id:LITTLEWING:20160912235511j:plain

2014年のヤンドラ杯では、ウズメが同じようにハブられ、

赤津に背中を押される形ではあったけど社長に直訴したわけですし。

それらの事を考慮すると、今回はルシフェル支援かなと。

 

そして試合は羽左間の宣言通りルシフェルペース。

ニコとハンゲはほぼ展開に変化無し。

しかし、折り返しの辺りでヤバゲ勢動く。

伊勢屋逆転からどんどんptを引き離していきます。

そしてmixiも3/4経過するかしないかあたりで逆転。

これで2-2に持ち込みました。

その後、mixiをどちらが抑えるかで激しい攻防が繰り広げらrますが

最終的には伊勢屋が抑えて2-2のpt勝負に。

その結果は・・・

f:id:LITTLEWING:20160913145624p:plain

1,621,872pt差でルシフェル勝利!

ついに、セヴンスターのベルトが初めて防衛されました!

 

正直、伊勢屋サイドはセヴンスター迎えるのにリデザはされないわ

ストーリー展開もほとんどなかったわで

羽左間が1%というのも頷ける状況でした。

しかし、それでもpt勝負まで持ち込んだというのは本当に驚かされました。

もしかしたら、ここで「対面をかなぐり捨てた必死さ」が出たのでは?

なんて想像するとちょっと熱いですね。

 

一箭に関してはこれでひとまず話はなかったことになるのでしょうが

先にも述べた通り、本人が本当に挑みたいのであれば

そこは自ら動くべきだと思うし、

伊勢屋の気持ちに報いる意味でも動いて欲しいと思います。

そこからまた話が膨らめば、

その先に面白い展開が待っているかもしれないじゃないですか。

広告を非表示にする