広告

【聖闘士星矢】パンドラ、消費者庁行き?【ライジングコスモ】

これまで、数々の失態をしでかしてきたライコス運営ですが

今回は、その中でもかなりシャレにならない

大失態をしでかしました。

というわけで、パンドラのスキル問題についてです。 

上記ツイートが、公式発表第一報となります。

限定ガチャにパンドラが実装された時には

デバフ効果を受けたタイミングでHP回復させるスキルを

持ったキャラということで、そんなスキル目当てで課金した人もいたわけです。

それが、後になって

デバフ効果を受けたタイミングには回復しないと

スキルを修正するのではなくテキストの方を寄せてきたのです。

 

私は正直、パンドラ使いこなそうと思ったら

枚数重ねないと無理だよなーと、その時点で断念したので

テキストが変わっても「そっかー」としか思いませんでしたけど

逆にいえば

パンドラ使いこなそうと思って枚数重ねた人だっているわけです。

そんな人達からすれば、この対応はたまったもんじゃありません。

しかも、その補填が詫び石3個だけとか

そりゃあ舐めてると思われてもしょうがないでしょう。

当然のように炎上することとなります。

 

そこで、運営も火消しに走るのですが

その対応を誤り、火を消すどころか更にガソリンをまく有様。

 

そりゃあ、商品説明と中身が違っていたためクレーム入れたら

中身を交換するのではなく商品説明を変更してきた上に

お詫びの品を適当にばらまいて誤魔化そうとしているのだから

収まるわけがない。

この結果、被害届を出そうとしている人や

弁護士と相談中だという人、

はたまた、消費者庁へ報告をほのめかす人まで出てくる始末。

そんなユーザーの動きを見て、さすがにマズいと思ったのか

スキルテキストを修正するだけで済ませる対応はやめ、

実際にスキルを修正する方向に。

 

これで、この問題もようやく解決・・・といいたいところなんですが

元々は「デバフ効果を受けたタイミング」だったのが

「制御されるタイミング」と、微妙に文言変わっているのが・・・。

厳密な違いというと1つ1つ挙げられないですけど

対象は微妙に減って・・・ますよね?

課金した方々は、これで納得出来るのか否か。

 

結局、パンドラの箱に残されたのは

消費者庁の連絡先だった・・・というオチになるのだろうか。

 

 

 

関連記事