広告   

【リングドリーム】RISING VERSE 2試合目 姫小路由樹 VS ディアナ・ライアル

f:id:LITTLEWING:20170527104313j:plain

「RISING VERSE」2試合目はいよいよ大詰めとなった世代闘争。

今回で終わらせるという姫小路、

そうはさせまいとするディアナ、

果たして勝つのは?

 

f:id:LITTLEWING:20170527104516j:plain

f:id:LITTLEWING:20170527104522j:plain

f:id:LITTLEWING:20170527104527j:plain

ここで自分が踏ん張らないと

下の世代が置いていかれてしまう。

そんな危機感を抱いているディアナ。

ソニックに初めて勝利したことで

少しは恩返しできたかなと、その時は思ったけれど

それも、もし今日世代闘争が終わりとなってしまうようなら

ソニックに勝ったのも「偶然」だったと言われかねないと。

 

f:id:LITTLEWING:20170527104535j:plain

f:id:LITTLEWING:20170527104540j:plain

f:id:LITTLEWING:20170527104546j:plain

だから今回は、華々しいスタイルは捨てて

荒々しいファイトでいくことを宣言。

f:id:LITTLEWING:20170527104552j:plain

まあ確かに、それは姫小路の悦ぶ展開ではありそうですがw

 

f:id:LITTLEWING:20170527105143j:plain

f:id:LITTLEWING:20170527105149j:plain

そんなディアナの言葉を聞いて喜びを隠せない姫小路。

そんな姫小路が、自分達は似ているといいます。

普段は温和で、礼儀正しくを心がけているところ。

それがいざ血に狂うと、闘争本能のままに荒れ狂うところ。

なるほど、そう言われればと思わなくもないですが

f:id:LITTLEWING:20170527105155j:plain

f:id:LITTLEWING:20170527105200j:plain

f:id:LITTLEWING:20170527105206j:plain

f:id:LITTLEWING:20170527105214j:plain

ディアナは全力で否定w

しかし姫小路はそんな否定も取り合わず、

似た者同士での試合が始まるのを

「世代闘争の終わり」が始まるのを心待ちにします。

 

そんな両者をコメントするのは、ナウリーダー側の豪徳寺

f:id:LITTLEWING:20170527110115j:plain

f:id:LITTLEWING:20170527110122j:plain

f:id:LITTLEWING:20170527110128j:plain

絶望しタ!

姫小路さんと似た者同士って言われて絶望しタ!

まあ、そんな冗談はさておき

似ているのは変人かどうかということではなく

「闘争本能の凄まじさ」だ、との豪徳寺評。

f:id:LITTLEWING:20170527110437j:plain

f:id:LITTLEWING:20170527110444j:plain

姫小路は、相手を痛めつけても

そして自分が痛めつけられても昂ぶっていくタイプで

その昂ぶりに比例してカンが冴え渡っていくのだとか。

その冴えは、滝沢の計算や読みを凌駕する時すらあるほど。

f:id:LITTLEWING:20170527110717j:plain

f:id:LITTLEWING:20170527110724j:plain

一方、ディアナは普段陽気に跳びはねる試合をしているので

キレるということはあまりない。

しかし、ブラジルで育った環境の事もあってか

一旦キレると日本人では出せないような殺気まで纏い

殴り合いに発展する事もあれば

凶器を持ち出す事もあり、

蹴りを急所に入れてくる事もあれば

投げをえぐい角度で落としてくる事もありと、

姫小路のカン的なものではなく、

理性がぶっ飛んでるという意味で予測出来なくなるのだとか。

f:id:LITTLEWING:20170527111307j:plain

それは・・・w

わかる人にはなかなか的確な表現だと思うけど

いいのかそれは(^^;;

f:id:LITTLEWING:20170527111412j:plain

豪徳寺の結論としては、

「よりキレた方が勝つ」のではないかと。

 

ちなみに、ディアナは7連戦やワンマッチでのシングル戦

実は今回は初めて。

逆に姫小路はというと

姫小路由樹 2-2
○ 姫小路由樹 VS ロイド・ガッシュ 後日談  
× スパイダー菊池 VS 姫小路由樹(TWPシングル) 後日談  
○ 姫小路由樹 VS シュバルツ・ネーベル 後日談  
× 姫小路由樹VSヴァンプ鈴森    

シングルでは過去4試合で勝率5割。

ただその勝ちの中にはシュバルツ戦もあるので

やはり人気はそれなりのものと思うわけですが

今回は世代闘争を終わらせるか否か、という条件も加わるので

そこでどう票が動くのか?

 

最初の数時間は、mixi、ニコを姫小路、

ヤバゲ、ハンゲをディアナが取っての2-2でした。

しかしそれは長くは続かずmixiがすぐひっくり返って

3-1でディアナ優勢に。

ただ問題は、唯一姫小路が押さえているニコ。

今回もまた、ヤバゲに次ぐくらいのptを叩き出すわけですが

開始6時間で500万差をつけているので

どこかひとつひっくり返せば・・・?

それが後半、ヤバゲがひっくり返る事で現実のものに。

これで2-2の五分にまた戻るわけですが

ここに来て人数差から来る不利が如実のものなります。

そう、今回姫小路側は圧倒的に人数が少なく

最も優勢であるはずのニコが約400人差という状況。

それでも上位陣の頑張りで優勢を保っていたものの

終盤ついにニコ逆転。

続いてヤバゲも逆転され、

結果的には4-0でディアナ勝利ということに。

 

ディアナの人気はやはり凄かったとみるべきなのか

世代闘争を終わらせたくない人が多かったとみるべきか

もしくはその両方か。

ともあれ、ついにナウリーダー上位陣に初めて土を付けることに成功!

これでディアナは麗への挑戦権も得た、ということに。

意気消沈しかかっていたニューリーダー達も

これをきっかけに息を吹き返すか?

広告を非表示にする