広告   

【リングドリーム】RISING QUALIA 2試合目 姫小路由樹 VS ロイド・ガッシュ

f:id:LITTLEWING:20170422132821j:plain

「RISING QUALIA」2試合目は

ナウリーダーVSニューリーダーの世代闘争。

ナウリーダー側、姫小路由樹に

ニューリーダー側、ロイド・ガッシュが挑みます。

 

f:id:LITTLEWING:20170422133011j:plain

普段は大興行であろうとなかろうと

あまりコメントを残さないガッシュですが

今回は世代闘争ということで思うところがあるのか

いつもより少し多めに語ってくれます。

f:id:LITTLEWING:20170422133015j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422133018j:plain

「麗雫へ至る道を塞ぐ壁」

それが、今回ガッシュが姫小路に対して抱く印象。

つまりは、壁が立ち塞がるなら破壊しなければならない、

そういうことを言いたいわけなんですが・・・

f:id:LITTLEWING:20170422133545j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422133551j:plain

決して姫小路を侮ったり軽んじたりしているつもりはなく

「巧いレスラー」であり、また

「強いレスラー」でもあることは言うまでもないこと。

f:id:LITTLEWING:20170422133907j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422133913j:plain

しかし、姫小路に最も似合う言葉は

「巧いレスラー」でも「強いレスラー」でもなく

「危険なレスラー」だと。

そんな「危険なレスラー」を今日この場で狩ると宣言するガッシュ

 

そんな、危険なモンスター扱いされた姫小路ですが

f:id:LITTLEWING:20170422134157j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422134205j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422134211j:plain

まずは、袖にされたシュバルツへの恨み言から始まります。

シュバルツが済んだ事は引きずらない分、

姫小路にはいつまでも根に持たれそうで・・・(^^;;

しかし、そんな姫小路の前に救世主が!

f:id:LITTLEWING:20170422134939j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422134943j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422134946j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422134950j:plain

溜まりに溜まった憤りを、全てガッシュにぶつけんばかりに

ヤる気満々の姫小路。

 

ちなみに両者の戦績ですが

ロイド・ガッシュ 4-3
○ 南城・十両組 VS 吉井・ガッシュ組[ワンマッチ] 後日談  
× ガッシュ、さとり組 VS シュバルツ、霧島組    
× 友野・ガッシュ組 VS えり子・いろり組    
× 菊池・南城組 VS ガッシュ・友野組(TWPタッグ) 後日談  
○ 一ノ瀬・ホワイトフェイス組VSガッシュ・友野組    
○ ラナ&麗 VS ガッシュ&友野 後日談  
○ 田中えり子&ディアナ・ライアルVS友野なるみ&ロイド・ガッシュ    
姫小路由樹 3-5
× 姫小路・榎下組VS咲川・さわり組    
× スパイダー菊池 VS 姫小路由樹(TWPシングル) 後日談  
× 姫小路&霧島組 VS 滝沢&石狩組(TWPタッグ)    
○ 菊池・南城組 VS 姫小路・霧島組(TWPタッグ) 後日談  
○ 姫小路・霧島組 VS 夢原・こがね組 後日談  
○ 姫小路由樹 VS シュバルツ・ネーベル 後日談  
× 姫小路由樹&ミス・十両 VS ブレイブ勇子&円陣光子    
× 姫小路由樹VSヴァンプ鈴森    

実は両者ともタッグの方が多かったり。

っていうか、ガッシュは大舞台でのシングルは今回が初。

姫小路はさすがに初めてではないですけど

1-2とあまり振るわない内容だったりします。

 

そんな両者を、今回のコメンテーターあかりさんが解説。

f:id:LITTLEWING:20170422135550j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422135607j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422135612j:plain

受け身が巧いだけでなく、肉体的にも頑丈なガッシュ

打撃や投げでそんなガッシュを倒すのは難しいけれど

姫小路が得意とするのは関節技。

もちろん、ガッシュが関節技に弱いというわけではないのだけれど

姫小路なら綺麗に極めてしまうだろうから

予想としてはやはり姫小路、というあかり談。

 

f:id:LITTLEWING:20170422140110j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422140113j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422140117j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422140121j:plain

ただ、予想は姫小路でも、

心情的にはガッシュの方にむしろ頑張って欲しいあかり。

というのも、

「ニューリーダー側に勝ち目がない」

と見ているファンが多いとはいえ

世代全体が侮られるのは悔しいからと。

他のニューリーダー達に先を越される形となったとしても

ニューリーダー全体が舐められるよりはマシだからと。

まあ実際、ナウリーダーTOP5の壁は相当高いですからね。

あ、そうそう。

今回ガッシュさん、姫小路を前に壁壁言い過ぎだと思うの(^^;;

 

それだからというわけではないでしょうが

試合は完全に姫小路のペースで、

これは最後まで4-0で行くのではないかと思うくらい。

しかし、最後の最後でmixi勢が意地を見せ、

なんとか3-1にしてワンサイドを避けました。

とはいえ・・・これは姫小路の鬱憤晴らしのために

かなり極められたんでしょうねぇ・・・(^^;;

 

 

それはさておき、今回は0時になっても

特設スカウトが切り替わらないという不具合によって若干混乱が。

幸い、強豪はちゃんと0時で切り替わったため

これによって勝負の行方が左右されたということはなかったのですが

ここ最近あまりにも人的ミスが頻発しているため

ニコ生で急遽、謝罪放送まで行われたくらい。

 

スタッフがかなり入れ替わっているような話は聞いていますけど

なればこそ、引き継ぎをきちんとしなければならないし

チェック体制もしっかりしなければいけない時期だと思うので

当分は新たなキャンペーンとかよりも

まずは足場をしっかりと固めて欲しいかな、と思います。

広告を非表示にする