広告

【リングドリーム】RISING FINAL 7試合目 滝沢泉 VS スパイダー菊池

f:id:LITTLEWING:20191225182831j:plain

「RISING FINAL」7試合目はTWP世界無差別級選手権試合。

挑戦者決定戦で一箭を降して権利をもぎ取った菊池が

4度目の防衛を阻止せんと「女神」滝沢に挑みます。

 

青コーナー スパイダー菊池

f:id:LITTLEWING:20191225183315j:plain

少し前の収録で、校条自身が既に明かしていますが

今回もまた、祝勝会の予約を事前に入れておいたとか。

勝手なことをした事に対する罰として

舞々(チョムチョム)される羽目になったというのに

それでも再度やるというのだから

校条の神経も相当図太いですよね(^^;;

f:id:LITTLEWING:20191225183951j:plain

しかし、菊池は菊池で

それなら試合に勝って、ベルトを手に入れて

予約した会場で祝えば何の問題もなしと

言い切ってしまう辺りはさすがとしか。

f:id:LITTLEWING:20191225184144j:plain

f:id:LITTLEWING:20191225184149j:plain

でも、今回も舞々(チョムチョム)は避けられないようですがw

f:id:LITTLEWING:20191225184226j:plain

f:id:LITTLEWING:20191225184230j:plain

f:id:LITTLEWING:20191225184235j:plain

f:id:LITTLEWING:20191225184240j:plain

そうと決まれば、あとは女神様を退治して

宝を奪って年越しだと

この試合に進退を賭けているとは思えない笑顔を見せる菊池。

  

赤コーナー 滝沢泉

f:id:LITTLEWING:20191225184525j:plain

f:id:LITTLEWING:20191225184531j:plain

そんな菊池のコメントを聞いて

凶獣の未来も明るいんじゃないか?

と、本人のあずかり知らぬ所でなぜか株が上がってる校条さんw

f:id:LITTLEWING:20191225184727j:plain

f:id:LITTLEWING:20191225184733j:plain

更には、その校条が予約したのだから

きっといい会場なんだろうと

菊池が負けた際には滝沢組がその予約を引き取ってもいいとまで。

なんで校条さんそんなに評価高いのw

それはさておき、菊池は一箭に勝利したことでこの場にいるわけですが

f:id:LITTLEWING:20191225184951j:plain

f:id:LITTLEWING:20191225184956j:plain

一箭にとっては、負けはしたものの良い経験になったことでしょう。

その点については菊池に礼を言いたいという滝沢ですが

そうはいっても、弟子がやられて悔しくないわけもないのです。

f:id:LITTLEWING:20191225185132j:plain

f:id:LITTLEWING:20191225185137j:plain

菊池とは、1年前にベルトを賭けて戦っており

その時はワンサイドで防衛しているだけに

負けるわけにはいかないところですが

弟子の仇討ちという意味で、更にその気持ちは強いであろう滝沢

果たして、4度目の防衛なるか?

  

解説および試合

コメンテーターは、滝沢の同期でもあるソニック

f:id:LITTLEWING:20191225204640j:plain

f:id:LITTLEWING:20191225204644j:plain

f:id:LITTLEWING:20191225204650j:plain

f:id:LITTLEWING:20191225204655j:plain

そのソニックから驚くべき発表が。

菊池が、今回のベルト争いから脱落した時点で

最前線からは身を引くことは

既に凶獣内では周知の事実となっていますが

これに合わせる形で

滝沢も、防衛が失敗した時点で同様に身を引く考えであることが明らかに。

これを見て、かつての麗VSソニック戦を思い出したわけですが

この時は、「負けたらソニックを卒業」と公言していたのが

蓋を開けてみれば一線から退く事になっていて

「そんなの聞いてないよー」と一部で荒れる結果に。

今回も、滝沢まで退くなんて聞いてないと

やはり一部荒れたようですがそれはそれとして

f:id:LITTLEWING:20191225205519j:plain

f:id:LITTLEWING:20191225205524j:plain

ソニックもまた同様に、挑戦はあと一回だけとのこと。

それで、3人の内生き残ったレスラーが

この世代の代表として下の世代を迎え撃つ・・・

という流れにいつの間にかなったようで。

あくまでも現状は、シングル無差別に限った話とのことですが

世代闘争をも乗り越えた彼女達も、

そういう事を考える時期が来たのですね・・・。

 

とはいえ、今回は滝沢と菊池、2人の結末を見届けねば。

互いに進退を賭けたこの試合ですが、まさに一進一退。

激しい攻防が繰り広げられました。

まず先制したのは菊池。

6-1ペースで試合を進めますが

1/4経過あたりで早くも滝沢が逆転。

しかしそれは数時間しか保たずにまた菊池が優勢に。

ところが、今度はその菊池の優勢も同じく数時間しか保たず

試合後半は完全に滝沢ペース。

7-0の時間帯はわずかだったものの

トータル差は徐々に広がっていき、最大で1000万ほどに。

これは今回も滝沢が防衛するか・・・そう思い始めた人が増えてきた中

ラスト1時間で菊池の猛攻が始まります。

トータル差では相変わらず滝沢優勢の状況から変わらないものの

終了20分前にはなんと

菊池がヤバゲ以外の4PFをおさえて4-3で逆転!

もちろん滝沢もそうはさせじと

5分後には逆に4-3でひっくり返すんですが

その5分後にはまたもや菊池がひっくり返す!

この時点でトータル差は400万ちょっとあったため

勝負の行方は菊池が4PF取るか否かに。

そして結果は・・・

f:id:LITTLEWING:20191226204347j:plain

f:id:LITTLEWING:20191226202924j:plain

5-2で滝沢が防衛!!

終盤、途中経過が更新される度にひっくり返る展開は熱かったですが

最後の最後は王者がしっかりと持って行きました。

その結果、滝沢は4度目の防衛に成功。

麗が第一次政権時に築いた

○ 麗雫 VS 南城蛍

   
○ 麗雫VS友野なるみ 後日談  
○ 麗雫 VS ソニックキャット    
○ 麗雫VSヴァンプ鈴森    
○ 麗雫VSマーズ野々村    

5回防衛という記録まで

あと1回というところにまでこぎつけました。

麗の防衛記録が滝沢に抜かれるようだと

また「時代の流れが逆戻りした」とか言われそうですが

ここまで来たら狙って欲しいですよね。

 

一方、これで菊池は第一線からは退くということに。

凶獣党首の座も引き継ぐつもりだと言っていただけに

今後の凶獣がどうなっていくのか・・・

正直、期待よりも不安の方が多そうです。