広告

【リングドリーム】RISING FINAL 6試合目 神楽坂美樹 VS アナ・ペコリータ

f:id:LITTLEWING:20191224184157j:plain

「RISING FINAL」6試合目はヤングドラゴン杯の優勝決定戦。

f:id:LITTLEWING:20191125175521p:plain

参加人数の都合上、今回はいきなり本戦のトーナメントでしたが

8人の参加者の中、最後まで勝ち進んだのは2015年三期組の2人。

神楽坂美樹 VS アナ・ペコリータ

同期対決による優勝決定戦となりました。

 

青コーナー アナ・ペコリータ

f:id:LITTLEWING:20191224184703j:plain

f:id:LITTLEWING:20191224184708j:plain

神楽坂を愛していると常日頃から公言しているアナですが

その愛の深さは、もし神がいるというのなら

彼女に出会わせてくれた事に対し

五体投地で感謝を捧げてもかまわないほどだと。

f:id:LITTLEWING:20191224185225j:plain

f:id:LITTLEWING:20191224185230j:plain

f:id:LITTLEWING:20191224185234j:plain

そんな彼女と、これからも共に歩んでいきたいいうアナ。

だからこそこの試合、全身全霊を込めなければならないのだと言います。

それは、共に歩むに足る存在であることを証明せんがため。

アナ・ペコリータの価値を示さんがため。

f:id:LITTLEWING:20191224185516j:plain

f:id:LITTLEWING:20191224185520j:plain

f:id:LITTLEWING:20191224185525j:plain

そのためには、神楽坂を悲しませる事も厭わないとまで言うアナ。

本気でヤングドラゴンの称号を獲りに行きます!

 

赤コーナー 神楽坂美樹

f:id:LITTLEWING:20191224202126j:plain

f:id:LITTLEWING:20191224202131j:plain

f:id:LITTLEWING:20191224202136j:plain

好きだとか愛してるだとかは

二人きりの時に言ってくれと(そうじゃないw

アナの発言を一度は咎める神楽坂ですが

それが、本気になるためにモチベーションに繋がるというのであればと

今回に限っては許容する方向に考えを改めます。

f:id:LITTLEWING:20191224202403j:plain

そんなアナの攻めの強さを愛の強さとして認めつつ

私もとことん(プロレスラーとして)愛してやると

あえてアナの悦ぶ言い回しで返す神楽坂。

f:id:LITTLEWING:20191224203207j:plain

f:id:LITTLEWING:20191224203212j:plain

f:id:LITTLEWING:20191224203217j:plain

優勝決定戦が同期対決という、これ以上にないシチュエーション。

それだけにお互い全てを出し切って

「千年に一度の名勝負」といわれるくらいの戦いをしようじゃないかと

最後にしっかり爆弾を設置する神楽坂w

  

解説および試合

コメンテーターは、前回のヤンドラ杯優勝者である稲荷。

彼女自身が前回の優勝決定戦で同期対決を行っただけに

思うところがあったのか、悔いのない試合をして欲しいとアドバイス

更には、自戒を込めた意味でと前置きした上で

f:id:LITTLEWING:20191224203523j:plain

優勝したらそれで終わり、ではないこと

むしろそこからが本番であることを肝に銘じて欲しいと。

実際、稲荷が自戒を込めてと言ったように

彼女自身、優勝した後はこれといって目立った結果がないのが実情。

優勝のご褒美であるタッグの方も、惜しいところまでは行ったものの

結果は出せませんでしたからね。

(ご褒美タッグに関しては、結果を出す方が異例なんですが)


 ちなみに、自戒といえば

神楽坂はキャラブレしないようにと

いつも自分に言い聞かせているそうで。

リンコスを新調した際にも

その辺り、気にしてるようなこと言ってましたもんね。

それなのに・・・

f:id:LITTLEWING:20191224205559j:plain

f:id:LITTLEWING:20191224205603j:plain

f:id:LITTLEWING:20191224205607j:plain

なんで今回また「千年に一度」とか言っちゃいますかねー。

まあ・・・ある意味ブレてないんですけどねw

そんなからかいネタはともかく、

好勝負を期待されているのは間違いないこの優勝決定戦、

先制したのは神楽坂でした。

前半は7-0から5-2までを行き来しつつも優勢を保っていきます。

それが後半に入ると、徐々にアナが反撃を開始。

ハンゲで抜き返される事がなくなって6-1ないし5-2という状況に。

更に3/4経過したあたりでついに4-3まで迫るアナ。

ここからはトータルpt差もどんどん縮まっていき

勝負の行方はトータルptに委ねられることに。

その結果は・・・

f:id:LITTLEWING:20191225175337j:plain

4-3でアナ逆転勝利!

終盤でトータルptを逆転したアナは

そのまま差を付けていって最終的には約450万ほどの差をつけて勝利。

宣言通り、自身の存在価値を示すことに成功しました。

 

この結果、ご褒美タッグの権利もアナが獲得したことになりますが

気になるのはそのパートナー。

f:id:LITTLEWING:20191207144630j:plain

以前のやりとりでは、いっそ「ミレニアム」でそのまま出るか?

なんて話が出ていましたが・・・。