広告

【リングドリーム】宣伝用ポスター撮影の裏で

f:id:LITTLEWING:20181006212618j:plain

f:id:LITTLEWING:20181006212622j:plain

f:id:LITTLEWING:20181006212627j:plain

今日は宣伝用のポスター撮影ということで

女神杯準々決勝を勝ち上がったヴァンプ、円陣の2人を撮ることに。

ただ、ヴァンプとしては自分一人での撮影となると思っていたらしく

円陣がシュバルツを倒したことはやはり予想外だったようです。

 

f:id:LITTLEWING:20181006213055j:plain

しかし、それは円陣自身も同じように思っていたようで

実はこれは夢で、現実の私は病院のベッドで寝ているのでは?

なんて事まで言い出す始末。

そこで、夢じゃないと確認するためにヴァンプに一発を要求。

自分でやらないのは、以前ほっぺをつねって痛かったから夢じゃない!と思ったら

寝ながら自分で自分のほっぺをつねっていた、なんてことがあったらしく。

 

f:id:LITTLEWING:20181006213104j:plain

f:id:LITTLEWING:20181006213108j:plain

f:id:LITTLEWING:20181006213502j:plain

でも、その一発がボディに来るとは思いませんよww

夢でない事はわかったけれど、思いのほかダメージが大きく

撮影はしばし遅れることに(^^;;

 

しかし、今回の円陣の勝利はFWWWとしても

そして、レジスタンスとしても非常に大きな勝利でした。

f:id:LITTLEWING:20181006213618j:plain

f:id:LITTLEWING:20181006213624j:plain

f:id:LITTLEWING:20181006213628j:plain

f:id:LITTLEWING:20181006213631j:plain

FWWWの興行にて、岸田も霧島相手に勝利していることもあって

シングルとタッグでは違うという声があるのを承知しつつも

「光学騎士」が「KASUMI」を倒したも同じなんだと言い張る岸田。

そして、近年まれに見るレジスタンスにとっての追い風。

これを生かさない手はありません。

円陣はもちろん、女神杯準決勝で

ヴァンプに勝利することが当面の目標になるのでしょうが

f:id:LITTLEWING:20181006214053j:plain

f:id:LITTLEWING:20181006214058j:plain

f:id:LITTLEWING:20181006214102j:plain

f:id:LITTLEWING:20181006214106j:plain

岸田の方はというと、なんと霧島がやろうとしていた事を引き継ごうと。

つまり、女神杯出場選手とやることが当面の目標で

最終的にはヴァンプか雪女を引っ張り出したい、と。

もちろん、霧島と岸田では立場が違うため

ターゲットは微妙に変わってきます。

たとえば、ヴァンプとは既に対戦済みなので、最終目標は雪女だったり

女神杯出場選手の方は、円陣と同門対決をするつもりは

「今の所は」まだないため、最初のターゲットという意味では勇子になったり。

f:id:LITTLEWING:20181006214114j:plain

f:id:LITTLEWING:20181006214119j:plain

やはり、レジスタンスにとって

ブレイブ勇子の存在というのはかなり大きいもののようで

岸田としては、胸を張って円陣の横に並ぶために

なんとしても越えたい壁。

実際の所

ブレイブ勇子 3-3
× ブレイブ勇子 VS 滝沢泉(女神杯) 後日談 後日談2
× 雪女 VS ブレイブ勇子 後日談  
○ ブレイブ勇子 VS キョンシーYui 後日談  
× FWWW初代王者決定戦 ヴァンプ鈴森VSブレイブ勇子(FWWWシングル) 後日談 後日談2
○ ブレイブ勇子VS円陣光子    
○ ブレイブ勇子VSラヴ・トパーズ 後日談  

勇子のシングル戦績ってそう良いわけではないんですけど

負けた相手がヴァンプ、雪女、そして今回女神杯での滝沢ですからね。

今の岸田でも果たして越えられるかどうか。

ただ、余所に誇れるカードが雪女VSヴァンプしかなかった頃を思えば

こうして新たな可能性を見いだせるというのは

喜ばしい事なんじゃないでしょうか。

円陣、岸田の活躍によってレジスタンスが大きく前進するのか否か、

2人の今後に期待!