広告

【リングドリーム】ヴィーナスカップ一回戦をふり返って

f:id:LITTLEWING:20180803211954j:plain

f:id:LITTLEWING:20180803212003j:plain

井上さんのお店にやってきた一ノ瀬が

女神杯一回戦をふり返ります。

 

f:id:LITTLEWING:20180803212110j:plain

第1試合、フリーザー片倉 VS メトロン赤井。

搦め手が得意な赤井に、ほとんどの技を受け流された片倉。

何よりも驚かされたのは

片倉のフライングニールキックと同じ方向に飛んで

空中で背後から抱きついてのグラウンドコブラ

これが決め手となってスリーカウント

 

f:id:LITTLEWING:20180803213013j:plain

第2試合、ブレイブ勇子 VS 滝沢泉。

自分の持ち味を生かした戦いをした勇子。

しかし、滝沢の容赦ないエクスカリバー封じ(腕殺し)。

最後は、脇固めから逃れる勇子があと少しでロープブレイク、

というところを腹固めでフィニッシュ。

ベテランの威厳を見せつけた、まさに貫禄勝ち。

 

f:id:LITTLEWING:20180803213556j:plain

第3試合、姫小路由樹 VS 麗雫。

一ノ瀬の目から見ても、

ここまで一方的になるとは思っていなかったまさかの展開。

意気込みが空回りしていたという麗に対し

蜘蛛が獲物を搦め捕っていくかのように

ジワジワとなぶり殺しにする姫小路。

最後は、弱っていく麗を楽しそうに観察した末の三角締め

 

f:id:LITTLEWING:20180803214250j:plain

第4試合、友野なるみ VS 一箭遙。

前の試合とはうってかわって清々しさが際だった試合。

握手からのゴング。

ロープに押し込んでのブレイク。

一つ一つの技を丁寧に。

相手の技は真っ向から受ける。

倒れたら立ち上がるまで待つ。

まさに、クリーンファイトの典型ともいれる内容だったんですが

「井上さん、なんで友野を凶獣に入れたの?」

には苦笑いするしかw

最後は、高身長の友野ならではの

美しい垂直落下式裏投げ。

 

f:id:LITTLEWING:20180803214804j:plain

第5試合、ディアナ・ライアル VS ルシフェル美香。

さながら、戦闘機同士の戦いを見ているかのような空中戦。

煽りVでの宣言通り、

ダブルスピンムーンサルトとルシファー・クライの打ち合いになったものの

今回上を行ったのはルシフェル

最近は客を意識したアピールも様になってきて

ルシファー・クライを出す前にわざわざ

「私のオリジナル必殺技!」と煽っていくように。

滝沢、ディアナとベテラン勢を立て続けに喰った今、

もはやルシフェルを格下扱いするすることはできないでしょう。

 

f:id:LITTLEWING:20180803215514j:plain

第6試合、プロミネンス加藤 VS 円陣光子。

一ノ瀬に「パワーファイター殺し」と言わせた通り、

ボディスラムを前方前回り受け身をとる円陣。

ラリアットを後方ブリッジ回転でかわしまくる円陣。

(なお表情はテンパっていた模様)

最後も、地獄車のようにぐるぐる回っての丸め込みという

まさに回転特化。

その回転が、小柄な紅蓮相手にも通用するのかが二回戦の見どころ。

 

f:id:LITTLEWING:20180803220033j:plain

第7試合、アントラー山口 VS あかり。

力対技、鈍器対刃物とでもいうべき戦い。

山口の断崖式パワーボム

あかりの入場ゲートからのトペ・コンヒーロで沸く観客。

あとはあかりの「さいたまのみんなー」というかけ声で

一斉に吹き出すシャボン玉とか。

(なお、ファンが自主的に行っているらしい・・・)

最後は、お互いロープに走ってからの

ラリアットとマジカルニーの打ち合い。

これをあかりが制して二回戦進出。

 

f:id:LITTLEWING:20180803220833j:plain

第8試合、マーズ野々村 VS スペシャル小原。

観客同士もヒートアップして乱闘まで起きた試合。

ツイッターやらなんやらの荒れっぷりを表現したんだろうなぁ・・・)

最初は、小原のクラシカルな試合を

野々村がコントロールする形だったのが、次第に制御が困難に。

コントロールされたままで終わってたまるかという小原の意地。

野々村も、「好勝負を作る」などという余裕はなくなり

本気と本気のぶつかり合いに。

最後は、小原が「凄い投げ」を出そうとしたところを

野々村が一瞬の切り返しで逆さ押さえ込み。

 

といった感じの一回戦でした。

メインイベントを見て分かるように

良くも悪くも盛り上がったのは確かでしょう。

ただ、一ノ瀬さんも言っているように

「興行も長かったから、お客さんも結構消耗した」

というのも確かなので、

同じだけの長さになる二回戦もそこは心配だと。

しかも今度は、メイと潤井のデビュー戦もあるっぽいですしね。

東女の「熱い」夏はまだまだ続きそうです。