広告

【リングドリーム】RISING ALTAIR 4試合目 トナーズ VS 朧双花

f:id:LITTLEWING:20180312204339j:plain

「RISING ALTAIR」4試合目はタッグ王座への挑戦権を賭けた試合。

滝沢、赤城組の「トナーズ」

そして咲川、さわり組の「朧双花」。

王者、ライオットに挑むことができるのは果たしてどちらか?

 

青コーナー 朧双花

f:id:LITTLEWING:20180312204559j:plain

f:id:LITTLEWING:20180312204604j:plain

f:id:LITTLEWING:20180312204611j:plain

f:id:LITTLEWING:20180312204618j:plain

f:id:LITTLEWING:20180312204624j:plain

f:id:LITTLEWING:20180312204630j:plain

f:id:LITTLEWING:20180312204636j:plain

f:id:LITTLEWING:20180312204645j:plain

もうやめて!

組長のライフはとっくにゼロよ!w

試合前から煽ってく煽ってくw

まあ・・・相手を煽る場ではあるんだけどね(^^;;

ただこれ、さわりは

KASUMIとの対戦時同様、相手のペースを乱しに来ていると思われますが

咲川の方は本気でそう思っていそうで・・・(^^;;

まあ、そんな咲川から望んだ言葉を引っ張り出すのも

さわりのお仕事なのかもしれません。

 

赤コーナー トナーズ

f:id:LITTLEWING:20180312205056j:plain

f:id:LITTLEWING:20180312205102j:plain

そして、当の組長は

恥ずかしさも突き抜けてついに悟りの境地にw

これ以上は何も言わないそうなので、あとは赤城に。

f:id:LITTLEWING:20180312205245j:plain

f:id:LITTLEWING:20180312205251j:plain

f:id:LITTLEWING:20180312205258j:plain

赤城の言い分その1:草食であるトナカイにとって、朧双花は餌でしかない。

 

f:id:LITTLEWING:20180312205305j:plain

f:id:LITTLEWING:20180312205310j:plain

赤城の言い分その2:雌にも角が生えているトナカイは戦闘民族

 

f:id:LITTLEWING:20180312205321j:plain

そんなわけだから、野生の証明を見せてやると

豪語する赤城なんですが・・・

まあアレだ。こういう時にピッタリの言葉がありますよね。

言葉の意味はわからんが

とにかくすごい自信だ!

ちなみに、赤城が今回語ったトナカイうんちく、

意外にも?本当だったりします。

鳴き声が「トナー」とか言ってた人とは思えませんが・・・w

 

解説および試合

コメンテーターは、現タッグ王者ライオットの片割れ、メアリ。

f:id:LITTLEWING:20180312205904j:plain

 なんですが、真っ先にツッコんだのはやはり赤城のコメントw

その場のノリで言っているんでしょうがパワーは感じるとかで

自分も見習うべきかとか、怖いことを言い出すメアリ(^^;;

 

それはさておき、今回の試合に関しては特に予想はしないとの事ですが

f:id:LITTLEWING:20180312210053j:plain

どちらが来ても「ドンと来い!」と、迎え撃つ気満々。

ただまあ、どちらが勝つにせよ

メアリからすれば滝沢も咲川もずっと上の存在なだけに

迎え撃つというのも変な感じではあるのだけれど

 

ベルトを巻いた以上、キャリアも何も関係ない。

王者という立場、ただそれだけがあるんだ。

 

そう、ソニックに教えられたメアリ。

王者は堂々としてなきゃいけない。

それらしい態度でいることが、挑戦者への礼儀だとも。

だから、メアリは堂々とした態度で

どちらが勝ち上がってくるかを見届けます。

f:id:LITTLEWING:20180312210216j:plain

f:id:LITTLEWING:20180312210223j:plain

そして、次の大興行でのメインで待っていると。

ただ、「握手」を「バトル」と読ませるとは思いませんでしたが(^^;;

 

参考までに、両チームの戦績を・・・

トナーズ 1-0
○ サンタ・ロゼ VS トナーズ 後日談  

といっても、トナーズは今回が2試合目なので

参考にもならないわけですが(^^;;

朧双花 1-2
× シュバルツ、霧島組 VS 咲川、さわり組(TWPタッグ) 後日談  
○ 姫小路・榎下組VS咲川・さわり組    
× ナイアガラロック VS 朧双花 後日談  

しかし、朧双花、トナーズとも

姫小路、榎下組に勝利しているのはいい判断材料に・・・

なると思うじゃん?

しかし、どっちも接戦の末の勝利ということで

数値上では実力も近い者同士という風に見えます。

朧双花は滝沢のもう一つのタッグチーム

「ナイアガラロック」にも負けてはいるんですが

この時もまた接戦でしたしね。

これは好勝負が期待できるのでは?

・・・と思っていたのですが、試合は予想を上回るトナーズペース。

変動があったのはヤバゲとmixiくらいで

他3PFに関してはずっとトナーズのターン。

下手すると7-0ワンサイドの可能性もあったくらいですが

それは何とかヤバゲ勢が最後に踏ん張って6-1に。

 

とはいえ・・・よもやここまで差が付こうとは思いませんでした。

ある意味、赤城の宣言通り?になってしまったのが怖いですね(^^;;

このままの勢いで、ライオットすら喰ってしまうのか?