広告

【るろうに剣心】九頭龍閃×3=?【北海道編】

 そういえば、るろうに剣心の北海道編については

ここでは触れていませんでしたけど、

武装集団・剣客兵器を相手に

かつての十本刀である宗次郎、安慈、張、鎌足、蝙也や

新撰組永倉新八と手を組んで

今、盛り上がってきているところなのですが

4巻でいよいよ、剣心が

その「剣客兵器」の1人である凍座白也と相対することに。

 

しかし、相手は九頭龍閃をまともに喰らって

一歩も引かないどころか

むしろ押し返してくるような相手。

異常ともいえる堅さを誇る凍座に対して

剣心が取った手段は・・・

 

九頭龍閃!

九頭龍閃!!

 九頭龍閃!!!

 

安慈「九頭龍閃」

鎌足「三連発・・・」

張「二十七頭龍閃や」

 

にじゅうななずりゅうせんや・・・じゃねえよ!w

 

さすがにこれは語呂悪すぎとしか(^^;;

九頭龍閃(くずりゅうせん)とか

天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)とか

これまで飛天御剣流の技名って格好良いの多かったのに

ここにきてこの語呂の悪さよw

 

いやまあ、これは張がそう言っているだけで

実際にはそんな技名はないんでしょうけどね。

そもそも、九つの漸撃を同時に放つところから

九頭龍閃の名がついているのだから

二十七の漸撃を同時に放たないことには

二十七頭龍閃にはなりえないよねーというツッコミ。

 

 

でもまあ・・・そんなるろ剣、私は好きよ?

火炎攻撃に対して、逆刃刀を回転することで防いだ後の

「大道芸はどちらか 篤と味わえたでござるか」

という剣心の台詞に対して

「どっちも大道芸だろ!」

と読者から総ツッコミ喰らったりなんてこともありましたしねw