広告

【リングドリーム】DANDELION.2【ストーリーズ】

リングドリーム ストーリーズ」2つめの物語、

メアリ・ノートンの過去が語られる

ダンデライオン」第2話です。

前回のおはなしでは

メアリが自身の所属先として

サンデーモーニングを希望したところまで語られたわけですが・・・。

 

ソニックとの面談

まずはその旨を、寮長に相談することにしたメアリ。

その結果、ソニックに話を通してもらえることになりました。

というのも、サンモニのリーダーを務めているあかりは

f:id:LITTLEWING:20200611204339j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

そもそも最初はソニックファミリーに入る予定だったのだとか。

 確かに、ソニックもそっち方面の話題にはずいぶんと精通している方なので

あかりともさぞ話が合ったのでしょう。

 

しかし、趣味は合ってもプロレス観は合わなかったようで

f:id:LITTLEWING:20200611204727j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

「明るく楽しい趣味全開のプロレス」を目指すあかりとしては

「武闘派」に分類されるソニックファミリーには馴染めないだろうからと

その趣旨にあった派閥を自ら作ることとなったのだとか。

その際、ソニックに後見人になってもらったこともあり

サンモニに対してはある程度の影響力があるということですね。

 

そんなわけで、ソニックとの面談に至ったわけですが

サンモニへの所属を希望する以上

「特撮好き」というのがどれだけのものなのか

確かめないわけにはいきません。

そこで、ソニックがメアリに確認したのは以下3問。

・「黄色」の好物といえば?

・80年代、遠くの星から来た男の職業といえば?

・新1号の色が銀なら、旧1号は? 

f:id:LITTLEWING:20200611205823j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

サンモニメンバーでも答えられない子の方が多いというこの問題を

メアリは見事全問正解。

その結果、ソニックからの推薦を受けて

メアリはサンデーモーニングに所属することに。

 

サンデーモーニングの面々

f:id:LITTLEWING:20200611210935j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

翌日、早速顔合わせすることとなったわけですが

ジャスティスXと風魔あやめは試合中とのことで

今いるメンバーだけでお互いに自己紹介することに。

以下、各自自己紹介を抜粋。

 

メアリ・
ノートン

かっこいいヒーローが活躍する系の特撮が好きで、昔の作品の方が詳しい。

マジョラム
吉井

アニメが好きで、観た作品を誰かと語り合うのも好きということで、コメント付き動画をネットで見ることが多い。

ハミング
野草

日曜朝の番組なら子供の頃から欠かさず見てきた。

キャシー・
ホワイト

日曜朝の番組はここ10年は完全に網羅。深夜アニメもそこそこ詳しく、ゲーム原作のアニメならだいたい見てる。

スクール
飛咲

好きなのは特撮全般だけど、平成作品が主。

こうして見ると、確かにメアリに出題された

「昔の特撮」問題に答えられる人は少なそう。

同じそっち方面とはいってもそれぞれ得意とするジャンルが違いますからね。

 

そして、メアリの世話役は吉井と

メアリの希望からジャスティスXが務めることとなり

サンデーモーニングの一員としてのレスラー生活が始まったのでした。

 

男らしさと女らしさ

サンデーモーニングの面々とは趣味が合うこともあって

すぐに打ち解けることが出来たメアリ。

しかし、そんなメアリにも理解に苦しむ相手が。

f:id:LITTLEWING:20200613141101j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

それが、サンモニNo.2であったマジョラム吉井。

 

メアリにとっては

筋肉とは「男らしさ」の象徴だったため

そんな筋肉を持ち合わせた吉井が

「いい女になる事が目標」

と公言しているのがどうしても理解出来なかったのです。

もしかしたら、そんな発言も「ネタ」だったのでは?

と思ってしまっていたくらい。

 

しかし、吉井は

「いい女を目指すから筋肉を鍛えている」

と言います。

吉井にとっての「いい女」とは

強さと美しさと優しさを兼ね備えた存在なのだと。

昔の特撮を数多く見てきたメアリにとっては

「いい女」=「妖艶な美女」というイメージだったため

「人それぞれで捉え方が変わる」

という吉井の言葉に考えさせられます。

 

ここで大事なのは、現時点では

メアリが間違っているわけでも

吉井が間違っているわけでもないこと。

そして、それを誰かに押しつけた時点で

その「らしさ」は間違いへと変化するということ。

f:id:LITTLEWING:20200613143103j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

それにしても、自分の生き方をギャグとまで言われたのに

優しく諭すところなんかは、マジでいい女よね。 

 

ヒーローを目指していたにもかかわらず

いくら鍛えても筋肉がつかないどころか

徐々に身体が丸みを帯びていくようになり

理想の肉体からは遠ざかっていくメアリにとって

この時の吉井の言葉は忘れられないものとなるのでした。

そして・・・

f:id:LITTLEWING:20200613144341j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

メアリはヒーローに憧れ続けたまま

髪を伸ばし始めることになります。

 

といった感じのメアリ編第2話。

メアリがサンモニ所属だから当然なのだけれど

これまであまり明記されていなかったサンモニの情報が結構出てきましたね。

各メンバーがそれぞれ、どのジャンルが好きなのかとか

ここまで詳細に語られたのは初めてな気も?

 

あと、あかりとソニックの絡みに関しても

ソニックファミリーとサンデーモーニング

組んだ時が初めてかと思ってましたけど

それ以前どころか、最初っから関わってたんですね(^^;;

よもや、あかりのソニックファミリー入りなんて話まであったとは・・・。

 

そして、今や東女の名タッグの1つに数えられるライオット。

そのメアリとソニック

最初にこんなやりとりをしていたというのも興味深いところです。

ちなみにその時に出題された問題ですが 

 

・「黄色」の好物といえば?

カレーライス(ゴレンジャー)

・80年代、遠くの星から来た男の職業といえば?

熱血教師 (ウルトラマン80

・新1号の色が銀なら、旧1号は?

暗めの深緑(仮面ライダー

 

正解と元ネタはこんな感じに。

愛と勇気を教えてくれるんですね。