広告

【リングドリーム】求む、(本物の)5人目の四天王

f:id:LITTLEWING:20190713170208j:plain

f:id:LITTLEWING:20190713170214j:plain

コンビニに向かう途中に偶然円陣を見かけた雪女。

しかし、その様子は普通ではなく

横からのぞき込んでも気付かないくらい。

手すりを握る手にも力が入っており

水面をじーっと見つめていたものだから

まさかの飛び込み?と雪女が誤解するのも仕方ありません。

 

ただまあ、本気で自殺するつもりなら

もっと人気のない所に行くだろうし

ここの池は胸くらいまでしか深さがないため

そもそも溺れる事が出来ません。

更に、もっと根本的な話をすれば

f:id:LITTLEWING:20190713171636j:plain

うん・・・まあ、そうね(^^;;

それはさておき、じゃあそこまで真剣な表情で

何を考え込んでいたのかといえば

f:id:LITTLEWING:20190713171936j:plain

f:id:LITTLEWING:20190713171941j:plain

一つはやはり雪女とのタイトルマッチについて。

雪女と円陣がベルトを賭けて争うのは実に3年ぶり。

円陣としては、この3年で成長したと胸を張って言えますが

それは雪女だって同じ事。

2人の差は、この3年でどれだけ縮まったのだろうか?

いや、そもそも縮まっているのだろうか?

f:id:LITTLEWING:20190713172553j:plain

そんな事を考えているウチに、いつも通り胃が・・・w

まあ、雪女の方がより成長している可能性だってありますからね。

f:id:LITTLEWING:20190713172710j:plain

f:id:LITTLEWING:20190713172716j:plain

f:id:LITTLEWING:20190713172722j:plain

・・・そちらの成長はたぶん関係ないでしょうけど(^^;;

 

そんな雪女との事ばかりではなく、あとは魔王軍についても。

f:id:LITTLEWING:20190713172851j:plain

f:id:LITTLEWING:20190713172856j:plain

今回、魔王軍からはヴァンプは出陣しないとのことで

だったらというわけではないけれど

円陣もちょうど雪女との戦いを目前に控えていたこともあり

こちらの戦いは岸田に旗頭を務めてもらう事に。

円陣が危惧するのは、

レジスタンスが自分一人に頼り切りの集団になってしまわないか?

ということ。

せっかく四天王という枠組みが確立できたのだから

それを生かしたいということで

話し合った結果、今回の役割分担と相成ったと。

f:id:LITTLEWING:20190713172903j:plain

f:id:LITTLEWING:20190713172908j:plain

とはいえ、自分は戦わずに

仲間を信じて任せるというのがこれまたプレッシャーだと言うのですが

そこには同意する雪女。

ナイトメアも、タッグはともかく

シングルでは雪女1人が担っている状態ですもんね。

この辺りは、派閥のリーダーとしての苦労ということで

相通じるものがあるのでしょう。

 

で・・・その円陣に任された側はというと

f:id:LITTLEWING:20190713174833j:plain

f:id:LITTLEWING:20190713174837j:plain

f:id:LITTLEWING:20190713174842j:plain

四天王だというのに戦線から即脱落してしまった事を悔やむ岡部。

とはいえ、かつてレジスタンスを率いていた勇子と

その当時は下っ端でしかなかった岡部との差を考えれば

先日の試合は未来へ繋がる敗戦だったと

岡部の事を褒め称える岸田。

自分と共に、皆の戦いを見守って欲しいと言います。

 

今回の戦い、岸田は旗頭に抜擢されはしましたが

あくまでもレジスタンスは防衛側。

f:id:LITTLEWING:20190713175440j:plain

f:id:LITTLEWING:20190713175445j:plain

f:id:LITTLEWING:20190713175449j:plain

なので、魔王軍の相手はまずは他のメンバーがあたることに。

ここに挙がってるメンバーだけ見ても

数的にはレジスタンスの方が3倍ですからね。

下手すれば、岸田の出番がないなんて可能性も。

しかし、それでもいいのだと。

f:id:LITTLEWING:20190713175454j:plain

f:id:LITTLEWING:20190713175459j:plain

岸田が望むことは

魔王軍との厳しい戦いの中で「化ける」選手が現れてくれること。

数的には3倍と言いましたけど、個人個人の戦力では

魔王軍の3人と五分に渡り合える選手が何人いるか?って話ですもんね。

っていうか、メカレスラーさん大丈夫なんですか?(^^;;

そんな戦いで一皮むけた選手が

5人目の四天王としてレジスタンスを支えてくれたら・・・そう思うのです。

まあ・・・5人目の四天王に関しては

過去に何度か冗談で言っていますけど

今回は結構真面目に求めている感じ?

確かに、今回挙がった8人(笠松は既に四天王なので)の内

誰かが勇子を倒した、なんてことになれば

それはレジスタンスとしてはまごうことなき英雄でしょうね。

とはいえ、英雄なんてのはそうポロポロ現れるものじゃないのも事実。

 

魔王軍としては、此度の戦い勝っても負けても

あまり変化はなさそうですが

レジスタンスとしては

場合によっては大きな変化が起こることになるの・・・かも?