広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS EMERALD 7試合目 SHIROKAGE VS TausendKanone

f:id:LITTLEWING:20190529210612j:plain

「SEVEN DAYS EMERALD」7試合目はTWPタッグ選手権試合。

2度目の防衛戦となるSHIROKAGEですが

今回の挑戦者は

ベノムナイトを倒すことでその権利を得たタウゼント・カノーネ。

これまで、タッグではライオットに負けた1敗のみのSHIROKAGE。

タウゼント・カノーネにつけいる隙は果たしてあるのか?

 

青コーナー TausendKanone

f:id:LITTLEWING:20190529211225j:plain

f:id:LITTLEWING:20190529211231j:plain

試合前にこれだけは言っておく、と

自身の相棒である千鶴について語り出すシュバルツ。

f:id:LITTLEWING:20190326211124j:plain

ベノムナイト戦でも、千鶴1人だけ見劣りする事は触れられていたので

自身のパートナーが貶められるのが気に入らないのでしょう。

キャリアこそまだ中堅レベルだけれど

霧島と組んでいたときと同じくらいの安心感があると、

いや、霧島が搦め手には弱い事を考えれば

SHIROKAGE相手の時は霧島以上の安心感があると千鶴を大絶賛。

f:id:LITTLEWING:20190529211848j:plain

f:id:LITTLEWING:20190529211853j:plainf:id:LITTLEWING:20190529211922j:plain

f:id:LITTLEWING:20190529211927j:plain

そして、シュバルツ自身も搦め手に弱い事を自覚しているため

この試合の鍵を握るのは千鶴だと断言し、

千鶴もそんなシュバルツの期待に応えようと

そして、ベノムナイトに恥じ入ることのないようにと腹をくくります。

f:id:LITTLEWING:20190529212638j:plain

f:id:LITTLEWING:20190529212642j:plain

f:id:LITTLEWING:20190529212647j:plain

そんなわけで、今回ばかりはメインはシュバルツでは無く千鶴に任せ

f:id:LITTLEWING:20190522145838j:plain

千鶴が作った隙にシュバルツが一発叩き込む作戦で。

  

赤コーナー SHIROKAGE

f:id:LITTLEWING:20190529213227j:plain

そしてこちらの第一声は、今回はまともな試合になりそうだとw

まあ・・・

前回は荒れに荒れましたからねぇ(^^;;

しかし、そんな荒れた試合でもキッチリものにするのがチャンピオン。

今回は技や駆け引きといった勝負になりそうですが

むしろそっちの方が得意なチームですからね、SHIROKAGEは。

f:id:LITTLEWING:20190529213614j:plain

f:id:LITTLEWING:20190529213620j:plain

1対1なら、シュバルツにはどちらが当たっても勝ち目がないだろうし

逆に、千鶴ならどちらでも負ける気はしない。

けれど、その2人が組んだ場合

より警戒すべきなのは千鶴なのでは?と思わされるのがタッグの面白いところ。

f:id:LITTLEWING:20190529213953j:plain

f:id:LITTLEWING:20190529213958j:plain

f:id:LITTLEWING:20190529214003j:plain

とはいえ、SHIROKAGEのチームワークは半端じゃない。

多少技に自信があるからといって

千鶴1人でどうにか出来るものじゃないと

そしてそれを証明してみせるとまで細野が言います。

f:id:LITTLEWING:20190529214741j:plain

f:id:LITTLEWING:20190529214746j:plain

ベノムナイトとはまた違った理由で千鶴をターゲットに絞ったSHIROKAGE。

前回は、それを跳ね返してタウゼント・カノーネが勝利しましたが

今回は果たして・・・?

  

解説および試合

コメンテーターは、まだタッグベルトに絡むチャンスを残している姫小路。

f:id:LITTLEWING:20190529215013j:plain

f:id:LITTLEWING:20190529215020j:plain

そんな彼女の見立てでも、タウゼント・カノーネの勝つ見込みは

よくて3割だろうと。

以前、シュバルツが霧島と組んでいた「KASUMI」は

攻撃力や突破力だけでみれば

世界でも1,2を争うチームだったけれど

その分隙が多いという欠点も持ち合わせたチームでした。

それだけに、もし今回シュバルツのパートナーが霧島だったら

その隙をつかれまくって勝負にはならなかっただろうと。

それが、パートナーが千鶴に変わったことで

攻撃力は確かに落ちました。

が、そんな攻撃力を犠牲にすることで

これまでにない安定感を得たのです。

それでも、勝負にならないレベルから3割程度に上がっただけなんですが。

 

しかし、その3割が見事にはまったのか序盤はタウゼント・カノーネが先行。

とはいえ、当然そのまま王者がリードを許すはずもなく

一時は1000万近く差を付けていたトータルptも

徐々にその差を縮めていき、気がつけばSHIROKAGEが優勢に。

ちなみに今回、PFごとでの優劣がかなりハッキリしていて

SHIROKAGE:ニコ、ゲソ・ブラゲ

タウゼント・カノーネ:ヤバゲ、mixi、ハンゲ

という状態がほとんど変わること無く

トータルpt差だけが刻々と変化する展開が続きます。

 

そして、SHIROKAGE優勢のまま試合の3/4が経過。

ここでタウゼント・カノーネが大きく動きます。

この時点で250万ほどあった差を

1時間の間で逆に100万差をつけての逆転。

そして、ここから更に差を広げていき

最終的にその差は・・・2500万差に!

というわけで

f:id:LITTLEWING:20190530213420j:plain
5-2でタウゼント・カノーネが新王者に!

最後は人数差にモノを言わせた感じですが

18時頃までは本当にどちらが勝つかわかりませんでしたからね。

ともあれこれで、ぽひ、メアリに続いて

千鶴もタッグベルトを獲得。

2012年四期組全員がタッグ王者経験者ということになりました。

こうなるとこの世代も

そろそろシングルを視野に入れていい頃なのかもしれませんね。

っていうか

メアリは一度そういう話がありましたもんね。

(その後、防衛失敗したから無しなのかもしれませんが)