広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS EMERALD 6試合目 佐和むつみ VS 楠原ななか

f:id:LITTLEWING:20190528213129j:plain

「SEVEN DAYS EMERALD」6試合目はセヴンスター選手権試合。

今回防衛すれば、満期返上となる佐和むつみに対し

それを阻止せんと楠原ななかが挑みます。

 

青コーナー 楠原ななか
赤コーナー 佐和むつみ

f:id:LITTLEWING:20190528213425j:plain

f:id:LITTLEWING:20190528213434j:plain

f:id:LITTLEWING:20190528213441j:plain

f:id:LITTLEWING:20190528213451j:plain

f:id:LITTLEWING:20190528213507j:plain

これはむつみが全面的に正しいww

7年目の選手でこのコメントはさすがにひどいとしか(^^;;

あまりにもひどかったので、むつみのツッコミまでで

ひとまとめにさせていただきましたw

これまでのひどいコメントっていうと

やはり、ぽひと榎下を思い浮かべますが

彼女達でも最近は結構まともにコメントするようになりましたからね。

 

とはいえ、そんな緊張している中でも

ディスティニー対決を実現させたい

というまっすぐな気持ちは伝わったと前向きに評価するむつみ。

f:id:LITTLEWING:20190528214043j:plain

まったくだよw

そんな、楠原の事が心配ではありますが

むつみは今回、満期返上がかかった最後のセヴンスター。

その試合を盛り上げるためには

むつみ一人の頑張りだけではどうにもなりません。

f:id:LITTLEWING:20190528214110j:plain

f:id:LITTLEWING:20190528214117j:plain

f:id:LITTLEWING:20190528214121j:plain

それだけに、2人で頑張るぞと

あえて楠原寄りのコメントで締めるむつみ。

むつみさんはとても空気の読める子。

  

解説および試合

コメンテーターは、次の挑戦者である円丈。

彼女としては、当然楠原に勝ってもらって

ディスティニー対決をしたいところですが

f:id:LITTLEWING:20190528214636j:plain

f:id:LITTLEWING:20190528214643j:plain

f:id:LITTLEWING:20190528214650j:plain

f:id:LITTLEWING:20190528214815j:plain

f:id:LITTLEWING:20190528214820j:plain

むつみがそんな簡単に勝たせてくれるとは当然思っておらず

単純な身体能力なら楠原の方が上だろうけど

巧さでむつみの方が上なのではと。

そんなむつみに勝つためには

かけひきが意味をなくすくらいの圧倒的スピードや

パワーで粉砕するのが一番なのだけれども

それを楠原に求めるのは難しい話なので

読み合いでむつみを上回るか根性で勝つしかないと

最後には根性論を持ち出す始末。

っていうか、試合巧者なら

f:id:LITTLEWING:20181202131857j:plain

くるみだって今ではそう評価される実力者なんだから

むつみ対策の特訓シーンとかあってもよかったのにねぇ・・・。

 

それはさておき試合ですが

大方の予想通り、むつみが優勢な展開に。

中盤にはそれこそ7-0とワンサイドを思わせるところまで行きますが

ここからが楠原の頑張りどころ。

徐々に取り返していって

7-0が6-1に、6-1が5-2に、

そして終盤には4-3に、トータルptも100万にまで迫りますが・・・

f:id:LITTLEWING:20190531080335j:plain

あと一歩及ばず、4-3でむつみがセヴンスターを満期返上することとなりました。

 

まあ、結果だけ聞けば「でしょうね」と思う方が過半数だと思いますが

その内容はといえば、楠原がかなり頑張りました。

試合前にこれといったエピソードもなかったというのに。

残念ながら、ディスティニー対決は実現出来ませんでしたが

今回の悔しさを今後に是非生かして欲しいですね。

とりあえずは、二代目なめこを引き受けるところから(もう許してやってw