広告

【リングドリーム】サンモニ、紅炎団 次の戦いへ

f:id:LITTLEWING:20170913182448j:plain

f:id:LITTLEWING:20170913182535j:plain

f:id:LITTLEWING:20170913182545j:plain

f:id:LITTLEWING:20170913182552j:plain

KOMの戦いも終わり、吉井の祝勝会ということで

「筋肉に乾杯(マッスル)」する2人。

そして、会話のその流れで筋肉が軽視される風潮について語り出す吉井。

お客がレスラーにアイドル性を求めている以上

それが間違いだとはいわない。

しかし、それだけでは駄目なんだとKATONも吉井に同意します。

 

f:id:LITTLEWING:20170913183012j:plain

技と技の勝負もあれば、力と技の激突も。

はたまた可憐さを競うことだってあるでしょう。

力と力の激突も、そんなプロレスの魅力の一つ。

派手な技はいらない。凶器や流血で彩る必要もない。

そんな試合を、2人は目指したんだと。

f:id:LITTLEWING:20170913183636j:plain

最後はノーガードでのチョップやパンチ、ラリアットの打ち合いとなり

おかげで試合後には体がガタガタになったというKATON。

もちろん吉井も、体中アザだらけ。

しかし、そんな力と力の激突が

今大会のベストバウト候補に挙げられるほど盛り上がったというのだから

観客もさぞ2人の戦いに、2人の肉体に魅せられたことでしょう。

 

そして、魅せられたのは何も観客だけではありません。

f:id:LITTLEWING:20170913184023j:plain

吉井と同じサンモニの仲間である成田が、ついにKOMに志願。

成田のパワーファイターっぷりは、

3年前のヤンドラ杯予選を見ても明らかですもんね。

f:id:LITTLEWING:20170913184030j:plain

f:id:LITTLEWING:20170913184037j:plain

f:id:LITTLEWING:20170913184048j:plain

f:id:LITTLEWING:20170913184100j:plain

とはいえ、KOMのベルトに挑むにはまだキャリアが足りないのでは?

という思いは本人も持ち合わせているようで

それがゆえに自身に試練を課すことに。

その試練が・・・「筋肉狩り」。

同世代前後の筋肉を狩る事で、実績にしようという考え。

まずは乗杉、片倉あたりを狙っているようですが

逆にいえば、そんな成田を返り討ちにして自らが殴り込みをかける・・・

なんてシナリオも考え得ることですし、

新たな世代が加わることでKOMはまた盛り上がりそう?

 

一方、負けたKATONに関わっている面子はというと

f:id:LITTLEWING:20170913205712j:plain

f:id:LITTLEWING:20170913205718j:plain

KATON自体が試合内容に満足していることもあって

紅炎団メンバーもKATONの負けを引きずってはいない様子。

f:id:LITTLEWING:20170913205931j:plain

f:id:LITTLEWING:20170913205938j:plain

f:id:LITTLEWING:20170913205947j:plain

KATONは残念ながら吉井に負けてしまいましたが

大木は見事石狩を撃破してセヴンスター王者に。

そんな大木に対して

「ベルトなんかぶん投げるつもりで」と一度は言うのですが

大木がどれだけ必死な思いをしてこのベルトを獲ったかと思うと

f:id:LITTLEWING:20170913210351j:plain

加藤らしくもなく、つい日和った言葉を・・・(^^;;

f:id:LITTLEWING:20170913210456j:plain

というのも、石狩の腕殺しに散々苦しめられたようで

最後にはまともに腕が上がらなくなっていたほど。

それでも、石狩のキックに対してまさかりチョップで応戦した大木。

その必死さを見ていただけに、加藤も思わず・・・といったところでしょうか。

そして・・・

f:id:LITTLEWING:20170913210751j:plain

f:id:LITTLEWING:20170913210757j:plain

KATONから大木とタッグを組んでくれないかと頼まれていたようで、

それを加藤は受諾。

もしも大木、KATON、2人共が勝っていたら

タッグを組もうと約束していたのですが

結果はご存じの通りKATON敗北。

もちろん、試合内容については

ベストバウト候補に挙げられるほどのものではあったのですが

それでも負けは負け。

吐いたつばは飲み込めないと、大木と組む事は断念。

とはいえ、大木には更に先の道を示してやりたい。

そんな流れでの加藤とのタッグ結成。

といっても、実は加藤・大木コンビは既に昨年1度組んだことが。

この時は、夢原・こがね組と良い勝負はしたものの敗北。

「私の道」がわからないと言っていた大木が

しばらくしてアメリカへ飛ぶことになったわけですが

前回組んだ時から1年半近く経って

加藤も大木も成長しました。

あの時とはまた違ったタッグチームを見せてくれるのではないでしょうか。

 

大木が牛ノ宮と組んだ際には「牛丼」コンビなんて騒がれたものですが

今回の「カトウのごはん」コンビ(勝手に命名)にも期待したいものですね。