広告

【リングドリーム】小天狗舞々 試練の三番勝負 三番目 VS 赤鬼ふたば

f:id:LITTLEWING:20180927214220j:plain

「LOCK-UP OVERFLOW 3rd ROUND」イベントが始まりました。

今回は、女神杯準々決勝4試合を含めた8連戦。

そのスタートは、「小天狗舞々 試練の三番勝負」最終戦から。

最後の試練の相手は・・・赤鬼ふたば。

小天狗の試練勝ち越しなるか?

 

青コーナー 小天狗舞

f:id:LITTLEWING:20180927215542j:plain

f:id:LITTLEWING:20180927215603j:plain

ヤンドラ杯準優勝のご褒美として始まった、試練の三番勝負。

先輩達と戦うことで得る経験、それこそがご褒美ともいえますが

結果を出せねばご褒美としての意味が無いと小天狗は言います。

経験だけじゃなく、結果が欲しいのだと。

 

そして、ここまでの戦績は1勝1敗。

この試合に勝ち越しがかかっているわけです。

それを成せば立場ができ、立場が出来れば色々と動けると

「この先」について語り出します。

f:id:LITTLEWING:20180927220510j:plain

f:id:LITTLEWING:20180927220516j:plain

そして、内々では既に話は決まっていましたが

茉理、ヘカトンとの新ユニット結成をついに公の場で発表。

f:id:LITTLEWING:20180927220811j:plain

f:id:LITTLEWING:20180927220816j:plain

f:id:LITTLEWING:20180927220820j:plain

その新ユニットに勢いを付けるためにも

此度は人間ではなく、天狗によって鬼退治が成されることを宣言。

 

赤コーナー 赤鬼ふたば

f:id:LITTLEWING:20180927221003j:plain

f:id:LITTLEWING:20180927221009j:plain

FWWWという団体としても、ナイトメアという派閥としても

後輩が戦力として数えられるようになるというのは喜ばしい事。

ですが、その後輩に追い越されるかどうかとなれば話は別。

赤鬼も、そう簡単に追い抜かれるつもりはありません。

f:id:LITTLEWING:20180927221532j:plain

f:id:LITTLEWING:20180927221536j:plain

f:id:LITTLEWING:20180927221541j:plain

他勢力にケンカを売ることについても時期尚早といい

もうしばらくは、自分らの後ろについてこいと諫めます。

f:id:LITTLEWING:20180927221818j:plain

f:id:LITTLEWING:20180927221822j:plain

f:id:LITTLEWING:20180927221826j:plain

その上で、青鬼と共に久しぶりに暴れることを宣言する赤鬼。

ターゲットはやはりFWWWタッグのベルトか?

 

解説および試合

コメンテーターは、前回小天狗に敗れた山崎。

もちろん、山崎も手を抜いたつもりはないし

その前の試合の青鬼も、勝ったとはいえ結構ギリギリでした。

f:id:LITTLEWING:20180927222134j:plain

f:id:LITTLEWING:20180927222139j:plain

f:id:LITTLEWING:20180927222142j:plain

そんな結果を踏まえると、もう小天狗は山崎達と近い実力はあるだろうと。

本来、この手の「試練」は格上相手とやるものですけど

もう五分のシングル戦なんじゃないかとまで山崎は言います。

が、それでもこの試合に関しては赤鬼が有利だろうと。

試練側の3人の中で最も安定感があるというのがその理由ですが

イメージ的には7:3で赤鬼だろう、

というのが山崎の予想。

 

そんな予想がピタリと当たったのか、

試合は最初から赤鬼がペースを握ります。

そのまま最後まで力の差を見せつけるのか・・・と思いきや

終盤、小天狗も意地を見せてヤバゲ、ニコを取り返し

ワンサイドは逃れた形で5-2決着。

赤鬼の勝利となりました。

結局、赤鬼、青鬼がキャリアの差を見せつけ

山崎一生の不覚というオチで。

ただまあ、小天狗の新ユニットの件は

この試合負けても話自体は実行に移す・・・ってことでいいんですよね?

あくまでもはずみをつけられるかどうかの差で。