広告

【リングドリーム】強敵乱舞~極限クリティカル~その4

通常スカウトイベント「強敵乱舞」。

紹介4回目は「コスモトラベル」「多摩川女子プロレス」を。

 

コスモトラベル

f:id:LITTLEWING:20190806175818j:plain

 

f:id:LITTLEWING:20190806175824j:plain

f:id:LITTLEWING:20190806175829j:plain

f:id:LITTLEWING:20190806175836j:plain

のりを倒したことでセヴンスター初防衛を果たした円丈。

「防衛して初めて価値がある」と言われている理由は

歴代王者の防衛回数を見れば明らかかと。

 

4回防衛:紅蓮(返上)

2回防衛:むつみ(返上)、くるみ(返上)、赤井、ルシフェル

1回防衛:一箭(返上)、円丈

防衛なし:半月、さわり、ウズメ、京須、榎下
大木、石狩、赤津、キャシー、こがね
崖ノ下、中津井、ハミング、友野

 

1度でも防衛した選手が7名なのに対し

初防衛戦に失敗した選手が実に14名。

しかもその面子の中には

その世代でのトップクラスの名前がゴロゴロいますからね。

それだけに、防衛に成功した事が嬉しいわけです。

もちろん、組み合わせ的な運に恵まれたというのはあるでしょう。

ざくろや伏久が先に挑んできていたら

どうなっていたかわかりませんからね。

でも、だからこそその2人をも倒すことで

順番なんか関係なかったと言ってやりたい円丈ですが

楠原の反応からもわかるように

厳しい戦いになるのは否めないところ。

 

f:id:LITTLEWING:20190806175844j:plain

f:id:LITTLEWING:20190806175850j:plain

そして、ディスティニーのメンバーでは

円丈の次はケアがセヴンスターに挑戦することに。

2012年三期組のざくろ、伏久

四期組のメアリ、千鶴ときてからの

2013年一期組(ケア、ひまわり、校条)なので

トップバッターだとしても12月になるのではと思われますが

メアリと千鶴は既にベルトを獲った事がある選手なので

もしかしたらセヴンスターには出ないのでは?

いや、出ないで欲しい!

というケアの願望w

 

でも・・・あくまでもタッグのベルトですからねぇ。

セヴンスターはシングルでの実績になるし

やはり出てくるんじゃないですかねー

っていうか出て欲しい!

という私の願望w

  

f:id:LITTLEWING:20190806175913j:plain

紅葉との2年振りのシングル対決は白木が連勝。

相変わらず派手さには欠けるものの

堅実なレスリングを積み重ねてきた白木の成長に林も絶賛。 

 

f:id:LITTLEWING:20190806175918j:plain

そんな白木の更なる成長を望んで

今度は林とのシングルマッチを提案。

これに勝てば、実質多摩女のNo.2になるわけですが

キャリア3年目でNo.2はさすがに早すぎるのでは?と躊躇う白木。

f:id:LITTLEWING:20190806175925j:plain

f:id:LITTLEWING:20190806175930j:plain

しかし、デビューから3年でトップまで駆け上がるケースは普通にあって

むしろ、デビュー7年目でもトップには到底届かない東女が異常なんだと。

確かに、セヴンスターに出てる選手がそのままシングルベルトに挑んでも

勝てるビジョンが見えませんもんね(^^;;

 

f:id:LITTLEWING:20190806175937j:plain

そんな説得の甲斐あって?

林とのシングルの件を受け入れる白木。

多摩女にとっては、今後を占う大きな一戦が成立したわけですが

f:id:LITTLEWING:20190806175945j:plain

そんな白木を、デビュー戦で倒している己虎は

つまり未来のエースなのでは?!

なんて茶々を入れる己虎。

まあ、オリガの言うように熊井には負けたんですけども

その後、納沙布には勝っていて

勝率的には意外と安定してるんですよね。

未来のエースをヒールに期待するのはどうかとは思うけど

将来性という意味では白木に負けず劣らずの選手だと

個人的には思っています。

しかし・・・同じヒールでも紅葉とは相性良くて

己虎とは相性悪い(※実はタッグでも負けている)というのは

攻め気をいなすような相手が苦手だったりするんですかね、白木さん。

 

ともあれ、多摩女としては

正統派、ヒールどちらにも将来が楽しみな選手がいるというのは

団体の未来も明るいですよね。