広告

【リングドリーム】「えのぐ」コラボイベント2~ラスカルからの条件

f:id:LITTLEWING:20190706213838j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706213852j:plain

体験入学2日目。

今日もKATONに付き添ってもらってますが

ひなお独自の挨拶をかわすくらいにはKATONにも慣れてきたようで。

f:id:LITTLEWING:20190706213857j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706213902j:plain

でもそれはさすがに怖いww

 

f:id:LITTLEWING:20190706214243j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706214248j:plain

そして、体験入学2日目にしてもう試合とのこと。

もちろん、試合に向けての練習をしてきたわけですが

それでもさすがに早いのではないか?

KATONもそう心配するんですが

VRアイドルだから大丈夫だと。

KATONの頭の中ではVRってのが凄い事になってそうで・・・w

 

それはさておき、昨日はKATONが東女を案内したわけですが

その時の感想というのが

f:id:LITTLEWING:20190706214653j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706214657j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706214701j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706214707j:plain

事前に見せてもらった資料ではかわいい選手ばかりだったけど

きっとあれはそういう選手をピックアップしたのであって

実際はKATONのような選手ばかりなんだろう・・・

なんて思っていたんですが

現実はKATONのようなタイプは少数派で

アイドルのような人ばかりで驚いたとのこと。

 

っていうか、東女には実際にアイドル活動している選手もいますしね。

元々がイモトアヤコ系の芸能人で

TVの企画からプロレスデビューしたゴンザレス=兎山=メルヘンや

逆に、本職はプロレスの方で

アイドルとしての活動も行っている

「等身大アイドル」中江いんこ、

「気配無きアイドル」原田みちるとか・・・

あとはアイドルとはちょっと違いますけど

元々はアニメとのタイアップでついたリングネームが

いつの間にかそのアニメよりも有名になって

そのアニメが終わってもその人気はとどまることを知らず

気がつけば、プロレス以外でもTVでみかけるようになっていた

獣神サンダーライガーを彷彿とさせるソニックキャットとか。

 

でも、ひなおがもし東女での活動を続けていきたい、なんて話になったら

中江と原田には気をつけないといけないかもしれませんね。

潰しに来かねませんからw

 

f:id:LITTLEWING:20190706221243j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706221248j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706221258j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706221304j:plain

そして、やはり飯田が心配していた事態がw

飯田さん、ご愁傷様です・・・(^^;;

 

などと雑談をしている間に試合の時間に。

f:id:LITTLEWING:20190706221608j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706221614j:plain

日向奈央、プロレスデビューです!

(姫小路とか、全然大丈夫じゃない相手にしてしまった!w)

 

f:id:LITTLEWING:20190706221758j:plain

が、さすがに本職相手に勝てるはずもなく。

それでも、専業じゃないのにあれだけ動ければ上出来だと

KATONから褒められるんですが

本人は練習でやれたことの半分も出せなかったと

しきりに悔しがります。

でも、その気持ちはレスラーにとっては大事な事。

なので、その気持ちを忘れずに明日からもやっていって欲しいと

ひなおに諭します。

f:id:LITTLEWING:20190706222140j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706222145j:plain

あとの話は控え室で・・・と思ったんですが

どうやら先客がいるもよう。

しかも取り込み中のようなので、しばらくは控え室に近づかないことに。

 

その時、控え室で何が起こっていたかというと・・・

f:id:LITTLEWING:20190706222333j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706222346j:plain

そう、控え室で揉めていたのは滝沢とラスカルでした。

先日のノンタイトルマッチ。

ラスカルの場外戦への誘いにも乗らず

凶器攻撃も技で凌ぎきる職人っぷりを見せつけた滝沢。

しかし、ラスカルのラフ殺法を警戒する余り

正攻法に対しては全くの無警戒となってしまい

そこをつかれての王者まさかの敗北。

それだけに、滝沢としてはリベンジを望まないわけがありません。

今度はベルトを賭けての勝負を持ちかけるのですが

ラスカルからは色よい返事は返ってきませんでした。

 

というのも、ラスカルがソニックとの対戦を望んでいることは

東女ファンの多くが知っている事ですし

滝沢との試合前には山口からも挑戦状を叩きつけられたばかり。

順番という意味では最速でもその2人の後になるでしょう。

f:id:LITTLEWING:20190706223840j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706223846j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706223853j:plain

しかし、ラスカルの返答は予想外のもので

1年後2年後になるかもしれないとまで。

ただ、これは滝沢と戦う気がないのでは無く

滝沢から何かを引き出そうとするためのかけひき。

条件次第では滝沢との試合を真っ先に受けてもいいと言います。

その条件とは・・・

f:id:LITTLEWING:20190706224319j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706224324j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706224330j:plain

マスコミをも巻き込んで

今この場で場外乱闘をして見せろというもの。

それは、滝沢のポリシーに反すること。

それを承知の上でのこの条件。

ラスカルは、滝沢の信念を折りに来たのです。

もちろん、滝沢はこれを拒否。

ラスカルも、その返答を予想していたのか

いつでも待っていると言い残して会場を去ります。

f:id:LITTLEWING:20190706225305j:plain

f:id:LITTLEWING:20190706225310j:plain

ラスカルとの試合を切望する滝沢。

しかし、そのためにはラスカルを襲撃しなければならない。

自分の望みとポリシーとの間で板挟みとなってしまったわけですが

滝沢はどんな結論を出すのか?