広告

「聖闘士星矢EPISODE.G アサシン」14巻

聖闘士の武器の使用を禁ず。 

数ある聖闘士星矢の作品の中でも、

例外を除けば常に守られてきたこの制約。

しかし、この禁を破るためにアテナを斬首したアイオロス。

そして、すべての聖闘士に武器を持たせた事が

あちらの世界の教皇アイオロス最初の「政治」でした。

そんな相手と渡り合うためにはと、

熱田神宮の草薙那藝之太刀を手に取る星矢。

そんな彼の前に現れたのは

あくまでも己の世界の理に従うべきだと

星矢を止めようとするアイオリア

そして・・・

 

 星矢の行動を阻害することを許さないという一輝もまた

星矢の前に姿を現します。

しかし、一輝の目的は「星矢を守ること」ではなく

アテナの意に従わぬ「来訪者」を抹消すること。

どうやら、現世に還った者が正しく戻るとは限らないらしく

中には人に仇なす汚れた存在と化す者もいるのだとか。

そんな者を消すために

この世界が暗殺者(アサシン)として選択したのが一輝なのだと。 

 

とはいえ、相手は黄金聖闘士アイオリア

EPISODE.Gの時のようにフォトンバースト等は使えないようですが

ナインセンシズに目覚めかけている強者。

いかに一輝といえどもひとたまりも・・・と星矢も思ったのでしょうが

そこに姿を現したのは

真獅子座(オーセンティックレオ)の黄金聖衣を纏った一輝。

 

青銅聖闘士としての力を失うことなく

黄金聖闘士としての力も同時に得たことで

二つの力を兼ね備えた者の聖衣が進化した姿、

それこそが真聖衣(オーセンティッククロス)。

ここにきて、神衣(ゴッドクロス)とは違う

新たな聖衣が出てきましたが、現状これを持つ者は一輝のみ。

 

そんな一輝が放つ技は、鳳翼天翔の上位技と思われる

咆極煉皇(ほうごくれんおう)。

そして、幻朧魔皇拳のように精神を攻撃するだけでなく

肉体、精神共にダメージを与える

業火断罪、業火旋風。

 

こうなると、逆に一輝に分があるかと思えてきますが

ここでアイオリアはナインセンシズ覚醒からのライトニングフレイム!

ついに教皇アイオロスと同じ技を繰り出すように。

となれば、もちろんこの技も。

ラ イ ト ニ ン グ テ リ オ ス !

そんな2人の戦いを止めるため、

「新たな力」を使おうとする星矢。

しかし、それを止めたのは・・・瞬っ!?

 

というところで14巻終了。

瞬が登場するところで小さく

ザシャァッ!!」

と書いてあったのに思わずニヤリw

それはさておき、13巻では水瓶座同士の対決となり

今回は獅子座同士の対決と、なかなか熱い展開が続きますね。

作中で

同じ世界に同じ存在は共存できないとか、

どちらかが滅びることも出来なければ、

待っているのは「対消滅」だとか言ってましたが

カミュの聖衣はゴッドクロスになってるし、

一輝の聖衣はオーセンティッククロスになっているのだから

同一存在じゃない・・・という理屈は通用しないんだろうなぁ(^^;;

獅子座同士の対決は、果たしてどんな結末を迎えるのか?