広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ Spica VS 暗黒果実

f:id:LITTLEWING:20190302142334p:plain

今回のスペシャルワンマッチは

暗黒果実 VS Meat Mercuryの試合で約束した

「負けた方が勝った方に次の相手を紹介する」件により

暗黒果実の次の相手として紹介されたのが中津井、中江の「Spica」。

園原から「わらしべ長者みたいだ」と言われたこの企画ですが

ざくろ、伏久はわらしべ長者のごとく更に上のランクへ行くことが出来るのか?

それとも、Spicaの方が阻止して自らの糧とするのか?

・・・果実だけに。

 

f:id:LITTLEWING:20190302154838j:plain

f:id:LITTLEWING:20190302154846j:plain

どうやら、わらしべ長者的なものは更に続くようで

この試合に勝ったら次の大会場で出番がもらえるとのこと。

Spicaから見て意味のある相手も用意されてるようですし

勝負を受けたSpica側としても十分なメリットかと。

f:id:LITTLEWING:20190302154852j:plain

f:id:LITTLEWING:20190302154857j:plain

チーム星屑としては、つい先日

こがね、夢原の「妖星」が

姫小路、榎下の「ローズ・ロゼ」に完敗したばかり。

それもあって、星屑の一員としてここで結果を出したいところ。

f:id:LITTLEWING:20190302155531j:plain

f:id:LITTLEWING:20190302155555j:plain

f:id:LITTLEWING:20190302155601j:plain

f:id:LITTLEWING:20190302155607j:plain

なお、その試合ではローズ・ロゼの強さを

まざまざと見せつけられたわけですが

試合前には、パートナーが同期の榎下だからということもあって

正直軽く見ていた中江。

しかし、結果はご存じの通り。

ついに、タッグでの榎下の実力を認めます。

f:id:LITTLEWING:20190302160051j:plain

それについては中津井も同意するんですが・・・

f:id:LITTLEWING:20190302160058j:plain

姫小路から、散々榎下の自慢話を聞かされるのだけは

どうにかならないかと珍しく弱音を。

まあ・・・よっぽどだったんでしょうなぁ(^^;;

ただ、そんな話も中江からしてみれば

f:id:LITTLEWING:20190302160416j:plain

自慢というよりはのろけ話に聞こえると。

っていうか、姫小路さん自ら

「惚気させてくださいな」って言ってましたしw

f:id:LITTLEWING:20190302160423j:plain

f:id:LITTLEWING:20190302160427j:plain

f:id:LITTLEWING:20190302160542j:plain

そこから、女性同士の恋愛についての話になるんですが

姫小路と榎下は既に手遅れだと思うんですが・・・w

あと、フラフラのメンバーには手を出さないけど

咲川は明らかにそっち方面ですしね。

f:id:LITTLEWING:20190302155555j:plain

なので、中津井の「いるわけない」発言に

思わずこう返したくなりましたw

ともあれ、今はそんな話よりも試合に集中。

これでもし負けようものなら

星屑で一番頑張っているのは

ヤンドラ杯で活躍中の風祭ってことになってしまいますしね。

 

一方、挑む立場の「暗黒果実」はというと

f:id:LITTLEWING:20190302162859j:plain

f:id:LITTLEWING:20190302162908j:plain

f:id:LITTLEWING:20190302162913j:plain

f:id:LITTLEWING:20190302162918j:plain

次の舞台に大会場が用意されたことで

自分達が周囲に認められてきたんだと喜ぶざくろ

そして、逆に不安になる伏久。

日陰者として自覚のある伏久としては、

マイナーな立ち位置だったからこそ

ネガティブな顔してても見逃されてきたし

マイナーだからこそ応援してくれる人もいたんだと分析。

それが、今の流れに乗って日陰者から日向者になってしまったら

f:id:LITTLEWING:20190302163323j:plain

f:id:LITTLEWING:20190302163328j:plain

f:id:LITTLEWING:20190302163333j:plain

見放されてしまうのではないか?と不安になったのだとか。

それはいいからこっちくんなw

f:id:LITTLEWING:20190302163427j:plain

f:id:LITTLEWING:20190302163434j:plain

伏久のネガティブさには慣れているはずのざくろですが

さすがにこのタイミングでネガられるのは勘弁と

その毒舌でシャットアウト。

 

試合前の気持ちが一致していたのはSpicaの方で

暗黒果実はむしろ正反対だったようですが

試合の方は一進一退の攻防がしばらく続きます。

その状況が崩れたのは試合時間が半分近く経とうとした頃。

Spicaがここで主導権を握り、6-1リード。

暗黒果実が優勢なのはニコのみという状態のまま試合は終盤へ。

ここで、ゲソ・ブラゲの暗黒果実勢が怒濤の追い上げを見せて

ニコに続いての2PF目を押さえます。

トータルpt勝負になりそうな展開になってきたわけですが

怒濤の追い上げを見せたのがゲソ・ブラゲだけではありませんでした。

序盤からずっと頑張っていたニコもここに来てラストスパート!

その結果・・・

f:id:LITTLEWING:20190303125314j:plain

f:id:LITTLEWING:20190307183251p:plain


3-4で暗黒果実が逆転勝利!

残り2時間ちょっとというあたりでトータルptでも逆転し、

最終的には約90万の差を付ける結果に。

伏久がネガティブになればなるほど逆に結果がついてくるこの状況。

凶獣若手No.1決定戦からヤンドラ杯にかけての伏久を彷彿とさせるわけですが

次はいよいよ大舞台!

果たして、今回はどこまで行くのでしょうか?w

 

 

以下苦言。

今回のワンマッチにて、

応援している方のタッグが強豪として登場するという不具合が発生し

一時ツイッターの公式タグが荒れる羽目に。

 

ここのところ誤字がやたらと目立つリンドリですが

シナリオの方はかなりタイトなスケジュールで行っているのが明らかなので

校正がいない以上は仕方ないのかなと。

(実際にはいるのかもしれませんが、敢えていないと言い切らせていただく)

ただ、今回の強豪については

一度でも確認していれば気づく問題ですからね。

 

ワンマッチの強豪設定とか、ほぼ毎週のように行っている作業なので

わざわざ確認しなくても大丈夫だよね?

 

なんて感じで、確認を怠ったとしか思えないくらい。

登場する強豪が違っていたとはいえ、

ptはちゃんと応援している側に加算されていたということで

そのまま試合進行となりましたが

これだけミスが続いている中でのこの間違いはさすがにどうかと思うわけで。

 

実作業担当の方には、たとえ毎週やってる作業だとしても

その一つ一つに対してチェックリストを作るくらいはして欲しいところです。