広告

【リングドリーム】豪徳寺も自分探し?の旅へ

f:id:LITTLEWING:20171231134433j:plain

f:id:LITTLEWING:20171231134440j:plain

f:id:LITTLEWING:20171231134449j:plain

KOMに挑戦する資格を問うための壁として指名された豪徳寺

片倉に負けるつもりは毛頭無かった豪徳寺ですが

結果は終盤、片倉の怒濤の攻めに耐えきれずに敗北。

 

f:id:LITTLEWING:20171231134903j:plain

f:id:LITTLEWING:20171231134908j:plain

f:id:LITTLEWING:20171231134913j:plain

豪徳寺の「オレごと落ちろ」。

「地球というオフクロに試される技」とかいう表現はさておき

あれはリング内であれば1メートルちょっと、

場外へであれば2メートルちょっと、

それだけの高さを重力に委ねる、いってみればただそれだけの技。

しかし、「それだけの高さ」に耐えられないのが普通。

何せ、普通の人は床の上にでも、

腕を使わずに倒れ込むというのはなかなか出来ないのだから。

f:id:LITTLEWING:20171231140433j:plain

f:id:LITTLEWING:20171231140438j:plain

f:id:LITTLEWING:20171231140446j:plain

しかし、そんな「オレごと落ちろ」を喰らっても

片倉は顔色変えずに豪徳寺に向かってきたんだとか。

「場外に」と言ってるからこれ「覚悟版」の方ですよね?

加藤相手にも「覚悟版」を使っていましたが、

この時は豪徳寺が勝利しているだけに

「覚悟版」を使わせた上での勝利というのは本当にでかいです。

それこそ、KOMへの挑戦にどこからも不服が出なくなる程度には。

 

f:id:LITTLEWING:20171231140512j:plain

そんな片倉に触発されたのか、豪徳寺は突如旅に出ることに。

東女という大きな団体で

凶獣という大きな派閥の中で

それなりの役割を与えられたことで

自分は浮かれていたのではないだろうか?

守りに入っていたのではないだろうか?

それじゃあ駄目だ!と、出直しを図る意味での今回の決断。

 

そういえば、片倉もかつて「自分探しの旅」とかいって

周りから散々からかわれたものですが・・・

園原さん、豪徳寺さんの旅について何かコメントをw

 

f:id:LITTLEWING:20171231140519j:plain

f:id:LITTLEWING:20171231140524j:plain

そんなわけで、「不義理な事はしない」と

必ず戻ってくることを約束して東女を離れることとなった豪徳寺

 

f:id:LITTLEWING:20171231140536j:plain

f:id:LITTLEWING:20171231140542j:plain

まあ、不義理なことじゃないけど

とばっちりを受けた人はいるようですがw

 

f:id:LITTLEWING:20171231140553p:plain

そして、そんな旅先での特訓にあたるのか、

アリーヤ・ガルシアとのワンマッチという

本来ならあり得ないようなカードが実現。

しかも、「勝った方がリデザ」というご褒美付きのこの試合。

まあ・・・言うまでも無く豪徳寺がワンサイドで勝ちましたけどねw

f:id:LITTLEWING:20180111204841p:plain

これで一応、「旅の成果」という形で

姿が変わって帰ってくる流れになるんでしょうかね。

 

それにしても・・・

もしガルシアが勝ってたら一体どうなっていたのだろう(^^;;