広告   

【リングドリーム】可能性を広げる戦い

f:id:LITTLEWING:20170617155521j:plain

f:id:LITTLEWING:20170617155527j:plain

f:id:LITTLEWING:20170617155534j:plain

f:id:LITTLEWING:20170617155540j:plain

次の興行で、ヴァンプへの挑戦権を賭けた試合を行うこととなり

その選手を見繕う役を丸投げされた塩味。

雪女のところへ話をしに行ったということは・・・

 

f:id:LITTLEWING:20170617160000j:plain

現状のFWWWでベルトに絡める選手というと

現王者のヴァンプ、前王者の雪女以外では

勇者、円陣しかいないのが正直なところ。

それなりに頭数がいる割には

ベルトに絡むだけの格を持ち合わせた選手がほとんどいない現状に

塩味も悩まされているわけですが

そこで「可能性を広げる」というテーマで選んでみることに。

 

東女の世代闘争でもそうですが

それまで埋もれていた選手が「場」を与えられることで

一ステージ上の存在になることが。

もっといえばセヴンスターでも同じ事が。

ハミングなんかはその代表的な例といえるんじゃないでしょうか。

f:id:LITTLEWING:20170617161004j:plain

f:id:LITTLEWING:20170617161010j:plain

f:id:LITTLEWING:20170617161031j:plain

そして今回は、その可能性を

ナイトメア、レジスタンスから見出してみようということに。

そしてナイトメアでそのお眼鏡に適った選手はというと・・・

 

f:id:LITTLEWING:20170617161015j:plain

やっぱりといっては悪いですが、聖光院でしたw

しかし、突然話を振られた彼女にしてみれば

無理難題をふっかけられたようにしか思えずに全力否定。

f:id:LITTLEWING:20170617161416j:plain

ただ、この反応はある程度予想していたようで

それを塩味は「自分で自分の限界を決めている」と評していたようで。

なにも、いきなりヴァンプに勝てるとは思っていないんですよ。

一矢報いる事が出来ればいいんだと。

その一矢こそが、次に繋がる可能性なのだから。

それを聖光院に期待しているわけですが

f:id:LITTLEWING:20170617162016j:plain

f:id:LITTLEWING:20170617162047j:plain

ここまで言われたら、聖光院だって黙ってはいません。

一泡吹かせてやろうと聖光院がようやく参戦の意思を示します。

 

f:id:LITTLEWING:20170617162833j:plain

そして、レジスタンスからは当然この方。

円陣さんではないのか?と疑問に思う岸田ですが

今回はナンバー1を外して、それに準ずる選手を選んだと檸檬から説明。

その条件ならと、選ばれた理由にも納得はしたものの

f:id:LITTLEWING:20170617163117j:plain

f:id:LITTLEWING:20170617163123j:plain

岸田は先日タッグ王座を失ったばかりなので

それで今度はシングルに絡むとかさすがに躊躇している様子。

f:id:LITTLEWING:20170617163349j:plain

f:id:LITTLEWING:20170617163355j:plain

実際、岸田の言い分にもなるほどと思わせられるわけですが

それでも、ヴァンプに挑むための最低限のハードルを超えている選手は

今のレジスタンスには円陣と岸田しかいないと。

ガンダーラであれば、孫やオニキスなど

候補がいないわけではないですが

今回はできればレジスタンスから選びたいと。

それは・・・

f:id:LITTLEWING:20170617163649j:plain

その対戦相手が、かつてレジスタンスに在籍していた聖光院だから。

聖光院にとっては、ケジメとなる一戦。

岸田にとっては、今のレジスタンスを元ナンバー2に見せる一戦。

(という感じですりあわせているw)

などと言われてしまっては

さすがに受けないわけにもいかず、こちらも参戦表明。

 

ただまあ、「今のレジスタンス」を見せるといったものの

この先どうなるのかわからないのがレジスタンスの現状。

f:id:LITTLEWING:20170617164355j:plain

f:id:LITTLEWING:20170617164457j:plain

f:id:LITTLEWING:20170617164503j:plain

f:id:LITTLEWING:20170617164605j:plain

f:id:LITTLEWING:20170617164611j:plain

以前の話ぶりからして、小田藤、蓮根は抜ける可能性大として

未だ去就を決めかねているサクリファイ子。

ハッキリ抜けると宣言したピオーネ。

一番高く買ってくれる所に行くという殺人蜂。

愛着ゆえに残留するという京伏。

抜けるかどうかよりまずは目立たなきゃという王牙。

思惑はそれぞれ異なりますが、

既に分裂は避けられないところまで来ています。

 

果たして、誰が抜けて、どんな形でまとまるのか・・・。

広告を非表示にする